MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

著作権問題とシステム化の弊害【麻雀】

少し後ろめたい気持ちでやってた女流ペタペタ問題に自分なりに答えを出した。

「記事に関連させてるならOK」

例えば、今度みずぐちむと同卓しますよ~!
で、みずぐちむの画像を貼るのはアリ。

記事と全く関係なく貼るのはアウト。
アニメはOK。

場代チャラパイセンのブログを見にいってそう思ったw

同じグレーゾーンでもこれなら少しは筋が通ってるかな…と。


もしこれでもアウトだったら、教えてくださいまし。
今度プロ達と話す機会があったら聞こうとも思ってます。



それでは麻雀。

昨夜の配信で取り上げた事なんだけど、

二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国七萬:麻雀王国一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国四筒:麻雀王国四筒:麻雀王国六筒:麻雀王国四索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国  ドラ四筒:麻雀王国

ここから何を切るか。
ドラ3でとにかくアガリたい。









これコメント欄で質問があった牌姿なんだけど、とくにろくに検証もせずに孤立牌を切っとけ!で打七萬:麻雀王国と答えてしまった。

ヘッドレスだと、なんとなしに四索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国の部分がエラく感じるし、孤立牌を切っておいて間違いは少ない。

ただ、後から考えたら打四索:麻雀王国だ。

七萬:麻雀王国後のツモ五索:麻雀王国はたしかに強い形になる。
しかし打四索:麻雀王国としててもツモ五索:麻雀王国は、四連形には少し劣るけど、十分にキャッチできる。

その一方で、打七萬:麻雀王国とした後の、ツモ五萬:麻雀王国九萬:麻雀王国は純粋にロスになってしまう。

四索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国と持ってるメリットはツモ七索:麻雀王国でカンチャンができる…くらいのもので、四索:麻雀王国が下に伸びても、二度受けができたり…と七萬:麻雀王国のくっつきより劣るのは明白だ。



ふーむ。
自分はなにやらこういう孤立牌を残した方がいい「例外」の時に惰性で孤立牌を切ってしまう弱さがあるな。

ゆうせ~さんの放送の時にも、とにかくアガりたい安村…じゃなくて局面で

六筒:麻雀王国八筒:麻雀王国三萬:麻雀王国五萬赤:麻雀王国八萬:麻雀王国九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国 ポン中:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国











ここから反射的に打六索:麻雀王国と答えてしまった。

これ八萬:麻雀王国を残して七萬:麻雀王国を持ってきても、どれくらい前進するか怪しい。

その後にいづれかのカンチャン切るか、九萬:麻雀王国切ってヘッドレスに受けるか悩ましいところだ。

首尾よく七萬:麻雀王国持ってきても悩む…という事は、持ってる価値はほとんどない。

その一方で、六索:麻雀王国にはツモ五索:麻雀王国七索:麻雀王国と明確に嬉しいツモがあり、ツモ六索:麻雀王国九索:麻雀王国でも少し前進する。

七萬:麻雀王国を持ってきてしまってもリャンカンができる。


これも明確に打八萬:麻雀王国だった。
みんな打八萬:麻雀王国と言ってるのに、俺と酔っぱらってるASAPIN氏だけが打六索:麻雀王国と答えて、ざわ…となってしまったw


それでも、システムを持つ事は重要だと思ってる。

あーこれは「no.1 孤立牌を切れ!」じゃなくて「no.8 ワンヘッドはヘッド固定が吉!」の方だったか―くらいに思ってるしw


人間のリソースは限られてる。
ある程度システム化する事によって、他家の動向や点棒状況に気を配れる。
自分の手でいっぱいいっぱいになってるうちは、そうはいかないだろう。

また、基準があるからこそ、個別の局面に対しても調整が効くと思っている。


ただ、システムに溺れると、こういう例外の局面でミスを犯してしまう。

基準を持ちつつも、例外の局面で間違えないようにしたいものだ。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*CommentList

しゃるうぃ反省会②【麻雀】

さて1節が開幕したしゃるうぃ~てんほう!ですが…

161015_E69DBEE5B68BE6A183.jpg

zeRoも8/8に解説する事が決まりました。

お相手のMCは、まだ未定ではありますが、関西の麻生ゆり女流プロになりそう。
zeRoが指名したんですよね。

麻生さんは、麻雀はもちろん、解説の仕事に熱心で勉強家らしく
麻雀配信マニアの知人が
「西のコバミサ、西の麻生と言ってもいいくらいわかりやすい」
と言ってた。

たしかにASAPIN氏とよく解説・実況をやってて、聞いててストレスないイメージだ。

一方で自分の解説はゴミ。
その知人からも
「早口」
「もっとよなちゃんに絡まなきゃ。バランス悪いし、よなちゃんかわいそう!」
と、ダメ出しの嵐。

というわけで、解説のコツを学ぶべく、麻生さんを指名したのだ。


      ↑注・ここまでタテマエ



      ↓ここから本音






一言で言うと「しゅき…」って感じ。

軽い気持ちで
「特に希望はありませんが、みずぐちむか麻生さんで」
と笑い取りにいったら、通ってしまった。。

しゃるうぃはお前のキャバクラじゃないんだよ!と怒られてしまいそうだが、これくらいの役得はあってしかるべき(キリ)

その代わりと言っちゃーなんだけど、麻生プロにはねちっこく絡みにいくし、
実際に解説・実況のコツを学んで、万人が絶賛する渋川プロの近づくために何かを持ち帰りたいと思います。

こうご期待!

ちなみに、一切面識ありませぬw


それではしゃるうぃ~のつづき。
*CommentList

しゃるうぃ反省会①盤面コントロール【麻雀】

昨夜のしゃるうぃ~てんほう!を振り返ってみよう。

161015_E69DBEE5B68BE6A183.jpg

女流をキャッチ画像に使うの雰囲気よくなるし、効果高そうだけど、勝手に使っていいのだろうか。
ネットに落ちてる画像だからって気楽に使ってるけど、著作権に抵触するような。

Twitterのアニメのアイコンとかも、厳密に言うとダメなんだよね?

怒られるとしたら、本人からかな。
それとも所属団体か?
オスカーか?w


押し引きはおいといて、反省会↓

*CommentList

VS ホンイツ考 【麻雀】

しゃるうぃ~てんほう!
第一節を終えました!

o075007501430235283498.jpg

(3・3・2・1)+3pt
と好スタート。

とはいえ、
「要所でめくり合いに勝った」
というだけのラッキーな内容。

天鳳慣れしてる岡本プロ
發王・松本プロ
ヴェストワン連覇・田内プロ

当たり前の話ですが3人とも強かった…。

(天鳳慣れしてないと特に)前に出がちだから、やはり我慢気味が正解なのかなー。

それにしても松本プロのツモれなさにうけるw
対局終了後、弁明したくて電話かけてくるのも面白いww

結構テンポよく進んで2時間とかからなかったので、よかったらタイムシフトをどうぞ↓
自分も今から復習する予定です。




それでは麻雀のお勉強。

*CommentList

ノールックスルーとしゃれこもう【麻雀】


ふと最高位戦のAリーグをみたら




おお、醍醐さんが上位に!

ここんとこ、最強位の近藤千雄プロ、日本オープンの渋川プロといい、天鳳を打ち込んだプロの方の活躍が目覚ましい。

勝手な想像だけど、天鳳って他の麻雀じゃ経験できない「引き出し」を得られると思うんよね。

それは鳴きだったり、相手からどうみえてどう動くか…など、多岐に渡るけど、天鳳は牌譜みかえせるし、経験の濃度が高いと思う。
同じフィールドで同じ事をやっていても、他の人と差をつけるのは難しく、他のフィールドで得た経験を自分のフィールドで活かす事ができればそれは武器になるような。


それは天鳳と逆でも同じ事が言える。


例えば天鳳名人戦における、木原さんの

2017y07m09d_170350590.jpg

7mスルー!からの

2017y07m09d_170403682.jpg

開幕ダッシュリーチ!
なんかは、天鳳ばっかりやってると驚愕しかねない選択だと思う。

毎回そこそこ良い勝負をして12回に1度優勝できるプレイヤーよりも
9回いいとこなく惨敗だったとしても、残りの3回は優勝できるプレイヤーでありたい。


(木原ブロマガより)

こういう戦略は、雀王決定戦などで何度も悔しい経験をしたからこそ浮かんでくるんだと思う。
見事雀王になった時に何度もやった見逃しを彷彿とさせる。

あの人、リーチ後のカン7pもスルーしてたからねw

こういう戦略って「自分の麻雀を精一杯…」みたいな事を言う人(自分を含め)にとっては抵抗あるし、見てても衝撃よね。

「与えられた勝利条件に向けて、いかに最善を尽くすか」
つくづく木原浩一という男は、競技麻雀のプロなんだなと思い知らされた。


…かといって、明後日開幕する第4期しゃるうぃ~てんほう!の最適戦略が浮かばないなw

素点関係ないし、バットを大振りしてラスった時の衝撃は、優勝から遠のく観点からみると、数字以上のダメージ。

じゃあ普段より控えめが最適戦略なのか?
そう思えば、我慢の麻雀、我らがみずぐちむ(水口美香プロ)がしゃるうぃで好成績を収めているのにも合点がいく。

でもあんま差が付くイメージがないなぁ…戦略としてはなんか地味やしw



さて、そんな事はおいといてもう一度木原プロの画像。

2017y07m09d_170350590.jpg

これ、ペン7mだと思うから「どネック」に感じてしまうけど、ドラのタテを考えると、いくつかある高打点のルートとしては、そこまでネックじゃないんだよね。
面前でテンパったのはたまたまそのいくつかあるルートのうちの1つであって、例えばポンポンしていってチャンタつけてのタンキでマンガン…というルートも想定してた筈。


こうやって、一見ネックのようにみえるけど、スルーした方がいい例はある。

代表的なのはこんなの。


2017070916gm-00a9-0000-02011f1dtw=0ts=2.jpg

そうヘッドレス。

「ヘッドレスにネックなし」

強いて言うなら「ヘッドレスのネックはヘッド」なんだけどw
そういう意味では6p8pも有効牌のうちの1つ。
この7pはそこまでネックじゃないんだよね。


こういうのもそうね。

2017y07m09d_174332010.jpg

「ターツオーバー」

カン3mとカン5sでリャンメン相当と考えれば、たとえそこが上家から打たれても、打点上昇率的に序盤ならワンスルーくらいはしたい。

どっちかをタテ引いたら、そこでもう一方を払い、5ブロックに構え十分形のシャンテンを目指すのが手筋。
(例→ツモ4s4m


これなんかはもう

2017y07m09d_174037935.jpg

「ヘッドレス&ターツオーバー」

平場・序盤なら「鳴いたらアカン」レベル。

ヘッドレスのネックはヘッドなので、ターツができる牌は前進すれどもアガリには半歩しか進んでないイメージ。
鳴くとますます重なりにくくなるしね。
(これはピンズが複合系だから確実に早くはなってるけど)

ヘッドレス・ターツオーバーにネック無し。

カンチャンを打たれたら反射的にチーボタンに手が伸びてしまう私のような人は、この言葉を思い出そう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
20位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向