MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

味方は活かしてライバルにはかぶせる【麻雀】

先日の生放送より。

ラス前。
まずは手牌の前に点差を確認してほしい。

2016010401gm-00a9-0000-a36f3380tw=0ts=8.jpg

上下に別れた展開になっており、自分は三着目。

下家がラス争いのライバルといったところ。

じゃあ対面は?
親の連荘はライバルの逆転機会を多くしてしまうので、できればおとなしくしていてほしい。

じゃあ上家は?
ここがアガると局消化となる。
自分がアガるのが理想だけど、アガれないとしたらできればここにアガって欲しい。

ある意味味方と考える事ができる。

ただしそれはこの局に限った事で、親が流れてオーラスになると対面が味方になり、上家の連荘は不安要素となる。
また、ラス目に転落してしまったら、上家の連荘はプラスになり、対面は敵となる。

このように、着順や状況によって、敵や味方がめまぐるしく変わる。
そんな中で
「自分がアガりたい!」
ってだけでなく、自分がアガれない時も、できるだけ都合のいい決着が着くように場をコントロールする事。
これは、完全順位戦で生き残っていくには、かなり重要な項目じゃないだろうか。

例えば最序盤のオタ風。
まずは真っ先にライバルの風を切る。
次いでアガって都合の悪い人の風。

画像をみるとその通りという順に切ってる。
そして味方の風。
これは後回しでいい。
できれば重ねて鳴いてほしいからだ。
14の1があったりしたらそちらを先に処理するのも手だろう。

さて長くなったのでもう一度画像を貼ってみよう。

2016010401gm-00a9-0000-a36f3380tw=0ts=8.jpg

味方である上家がをポンしている。
これは「アガリに向かってますよ」ってアピールととる事ができる。

なにせ役が確定して、一面子完成。
まずは一歩リードといったところ。

ドラを切ってるので安手かもしれない。

さて、そうした状況で自分は何を考えるのか。

まず、中途半端な手で上家の邪魔をするのはよくない。
この意識が重要。

例えば上の手で2pを持ってきてテンパイしたとしよう。
6m9sのシャボ。悪くない。
しかもツモったら三暗刻だ。

しかしここでリーチを打つと上家の足が止まる。
安手ならなおさらだろう。

ここは自分のアガリ確率は下がるけれども、味方をこのまま活かして、2人で局消化を目指すプランの方がよいのではないだろうか。

リーチして上家が掴んでオリ、対面か下家に追っかけられる…
そんな未来は好ましくない。

自分が好形だったり高い手だったらリーチも一策だと思う。
しかしこれは出アガリリーのみの愚形だ。
上家のアガリ確率を下げる行為に見合うかと言うと微妙なところだろう。

自分ひょっこり三暗刻ツモと上家の仕掛け。
この二つの手牌でライバルや敵と立ち向かう。
おそらくこれが「局消化率」が一番高いのではないだろうか。


「上家がアガリに向かってる中での愚形リーチは微妙」
この意識が最初からあれば、この手も見方が変わってくる。

2016010401gm-00a9-0000-a36f3380tw=0ts=81.jpg


ツモ3m

リーチを打たないプランなら、3pの受けを捨て

2016010401gm-00a9-0000-a36f3380tw=0ts=82.jpg

1pとして

2016010401gm-00a9-0000-a36f3380tw=0ts=83.jpg

タンヤオを視野にいれるのは自然な選択だろう。

ここまではよかったんだけど、この局は激しく後悔する放銃をした。

2016010401gm-00a9-0000-a36f3380tw=0ts=84.jpg

ライバルのリーチを受けて、安牌ゼロのテンパイからワンチャンスの3mで一発放銃。

こう書くと仕方ないように聞こえるかもしれない。

ライバルの攻めには応戦しろ!
とはいうものの、今回は11700点離れたラス前である。
マンツモされても三着でオーラスを迎える事ができる。

これが5000点くらいの差だったら
ライバルの攻めには応戦しろ!
の精神で3mくらいは切ってもいいのかもしれない。
(それにしても巡目と「味方」がいる事を考えると少し微妙ではある)

順位が一番大切なラス前なら、放銃確率の一番低い牌を血眼になって探すべきだった。

上家のリーチをよく見たら8p7pと、ターツ落としをしている。
好形の可能性は高い。

そう考えると筋になってる6s7sあたりで凌ぐのが上策だったのではないか。

タンヤオで捌きにいくのはいいけど、ライバルの動向をしっかりと見て対応するべきだった。


この局はこれが敗着となりラスを引いた。


はい、もう一局いこうか。

南二局。
また上下に別れてる展開。

こういう展開は味方ライバルといった概念が発生しやすい。

2016010920gm-00a9-0000-8fc5ccdetw=2ts=9.jpg

普通に考えたらテンパイをとる。
赤にくっつけたいのは山々だけど、2000⇒3900の得点上昇のために、はたしてテンパイが平均何巡遅れてしまうのだろう。

今回、また親がファン牌をポンしている。
親の連荘は…自分がラス目だから都合悪くない。

自分の上がる確率を下がるけども、
上がるなら3900で着順上昇を見込み、親にアガられてもまぁ悪くない…
そう考えると

2016010920gm-00a9-0000-8fc5ccdetw=2ts=91.jpg

セオリーに逆らってみるのも悪くないように思えない?

仕掛けてるのが対面のライバルだったらテンパイにとってただろう。

2016010920gm-00a9-0000-8fc5ccdetw=2ts=92.jpg

7pチーせず。
2000点はいらない。



ミュー先生「というか下家も仕掛けて赤5mが切りづらくなってますね」

2016010920gm-00a9-0000-8fc5ccdetw=2ts=93.jpg

だから2000点はいらんっつーの!

2016010920gm-00a9-0000-8fc5ccdetw=2ts=94.jpg

ふう。危ない。



まとめ。

南場になって縦長の展開になると、ライバル味方といった存在が出てくる。
味方は活かし、ライバルを叩く意識を身に付け、よりよいポジションで戦っていけるようにしましょう!





十段坂1048戦

tenhou_prof_20160110.png

メンタル強化月間がうまくいってるのかもしれない。
遥か彼方だった原点が、再び見えてきた。

地獄の底から何度でも蘇ってやるぜ!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

NoTitle 

 マンツモ圏外はオリってきくと、オカルトシステムを思い出しますわ。ゲンバリ良形からワンチャンスすら止めて降りて筋を打つってのも、意外とアリなのかなって驚きながら読みました。

 でも、7pスルーのとこは赤5mが鳴かれることを考慮してもなお、赤にくっつける→あがるの2段階よりあっさり3pであがる1段階の方が良いと思うので鳴くかなって思いました。バランス悪いのか? 下家がライバルだったらダメそうぐらいです。
  • posted by 家庭的の人 
  • URL 
  • 2016.01/10 15:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>家庭さん

>ワンチャンスすら止めて

なんったってラス前の終盤ですからね!


>7pスルー

たしかに3pで3900ですね
ここまで引っ張った赤で放銃したら酷いな…という思いが先行してしまいました
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.01/10 19:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ふたつ目の敵味方対応はスゴい参考になりました
おかげさまで特上ですけど、脳汁プシャーなラス回避が出来たので今晩は良い夢見れそうです

また勉強させてもらいます
  • posted by 親の現張りックス 
  • URL 
  • 2016.01/13 22:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>親の現張りックスさん

あのハズシが正解どうかはわかりませんが、敵味方の考え方は重要だと思ってます!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.01/14 11:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

これすごい勉強になります。天鳳でもフリーでも重要ですよね。これから、意識していきたいと思います。

前のコメでもう書いたかもしれないのですが、リンクさせて貰いました。(まずかったら仰ってください。)

相互リンクしていただけたら幸いです♪
  • posted by のびた 
  • URL 
  • 2016.01/16 18:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>のびたさん

フリーも、完全順位戦なら敵味方考える事は重要になってきそうですね!
リンクの件了解しました!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.01/16 18:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
35位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向