MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

諦めの境地 【麻雀】

天鳳は再び滑落モード。
サウスコルの地から2000ptほど下落。(1145/4000pt)

息を吐くようにトップを獲っていかないと維持できない十段配分において、常にラス争い。

非常に辛いけど、同時に大事な事も学んだ。

プロスペクト理論の時も言ったけど、やはり「ラス争い」の時ほど感情は強く動いてしまう。
その「どうしてもラスりたくない」という恐怖や不安の思いが、判断を鈍らせてしまうのだ。

また成績がよくないと、ちょっとした(自分にとって)不幸な現象で、
俺はこの世で一番ツイてないんじゃないかという思いにかられてイライラしてしまう。

そんな思いになってしまうくらいなら、はじめから卓につくべきではない。

もとより不条理が当たり前のゲーム。


逆に言えば、劣勢時こそ他の人と差を付けるポイント…ともとれる。

ラス争いこそチャンス…と思えるようになったら、一皮むけるのだろうか。
いや、エウレカはむけてますけどね。


というわけで本日は劣勢時を中心にここんとこの戦いを振り返っていこう。


ラス前の親。
点棒状況をみていただきたい。

2015122109gm-00a9-0000-efd75017tw=2ts=8.jpg

いつもの如く、ラス争い真っ只中。

対面がドラポンして2フーロ。
ライバルの上家も仕掛けてターツ落とし。



ミュー先生「自分もイーシャンテンですが苦しいですね」

そう。
しかし、対面に任せても対面がツモってしまうと満貫以上の親かぶりとなり、ラスに転落してしまう。

かといって上家がアガってもまくられてしまう。


ラス前の至上命題は、
「少しでも有利な順位でオーラスを迎える事」

ならば苦しいとはいえイーシャンテン、ここは目をつぶって前に出るべきかー

2015122109gm-00a9-0000-efd75017tw=2ts=81.jpg

とはならない。

ここはをアンコ落とししての爆守備。


たしかにここで場を預けたら、着順下降する可能性は高いだろう。
しかし、前に出れば、その可能性はもっと高くなると思う。

あきらかに他家との進行をみると、自分の手牌は分が悪い。


都合のいい横移動のパターンだってある。

自分が降りて、そのパターンに期待した方がマシ。

対面の河は濃い。
放銃したら致命傷だ。
そのパターンだけは避けねばならない。


一見当たり前の判断かもしれないけど、ラス争いの時に冷静でいる事は難しい。

劣勢時、どの道をいっても良くない事が起こる可能性が高い。
そんな時にも、冷静に場をみつめ、よりマシな道を選ぶ事が重要になってくる。

「諦めの境地」



結局都合のいい横移動でこの局は消化する事ができた。

そしてオーラス。

2015122109gm-00a9-0000-efd75017tw=2ts=9.jpg

この強引なポンから、中張牌をかき集め…

2015122109gm-00a9-0000-efd75017tw=2ts=91.jpg

紙一重の差で、あがり切る事ができた。


ラス前の「よりマシなマイナスの期待値」を選び、地中に潜る選択。
オーラスのあとがないので強引にもガンガン前に出る選択。

同じ人間がこれをこなさないといけない。
天鳳の難しさはここに集約されてる…と感じている。


この時はうまく打てたけど、不調が続くと、悪い判断も出てくる。



再び順位が大事なラス前。

2015122210gm-00a9-0000-1daa25a7tw=1ts=9.jpg

親リーチを受けて、ドラ3の手牌。

こういう時
「恐怖を感じてる自分」

「アガりたい自分」
の2人が心を支配する。

どちらが大事かおわかりだろうか?








どちらも必要ない。


アガリたい欲望も、
放銃の恐怖も、
冷静な判断をする上では邪魔にしかならない。


この時のZEROの心は、アガりたい欲望が支配してたようだ。

安牌が一枚もない。
自分はドラ3。

一見冷静な判断をしてるようだけど、自分では気付いてない。

上家の2sをチーして4sで致命的な放銃をしてしまった。

いくらドラ3でも鳴いてイーシャンテン。
そして4sは、最も危険なライン。

ミュー先生「5sの裏筋というやつですね」

ここはドラ3の手牌を目の前にしながら、「諦めの境地」に入るべきだった。



まずツモで安全牌を持ってくる抽選を受けつつ、持ってこなかったらワンチャンスの2pあたりで数巡凌ぐのが
「どちらもマイナスの期待値だと理解した上での、よりマシな選択」
といえるのではないだろうか。


そして最後。

今度もオーラスラス争い。

2015122402gm-00a9-0000-4f7d7eb8tw=2ts=13.jpg

ラス目の親からリーチ。
持ってきたのは6p

放銃は致命的だから、ここは冷静に…と、1pを切る。

それ本当か?

現状3着とはいえ、リーチを受けた時点でもうその立場は危うい。
先ほどと違い、良さそうなテンパイなのだから、ここがラス回避の勝負どころと、目をつぶって6pを切るべきじゃないのか?

ミュー先生「1pは一枚しかないとはいえ、他家が掴んだら切ってくれそうではありますね」

この時は「ラスに対する恐怖」が心を支配していたのだろう。

2015122402gm-00a9-0000-4f7d7eb8tw=2ts=131.jpg

ぐぬぬ。
片無筋となった打6p

8mとの比較だけど、
「同じ片無筋なら内側の牌の方が圧倒的に通りやすい」
これは以前から提唱してる事。

ミュー先生「圧倒的に、は言い過ぎですね」

…。
じゃあ気持ち通りやすい。



2015122402gm-00a9-0000-4f7d7eb8tw=2ts=132.jpg

ぐぬぬぬ…。

ラインカウントしたら残り10/18本とデッドライン。
こちら単騎待ちと厳しい。

ピンズ一面子落とせるし。

オリか…。




アホか!

この局面でラインカウントとかあんま関係ねーよ!

やるかやられるかの勝負所だろうが!

ミュー先生「4p出てますね」

「劣勢な中から、よりマシな選択をする」
この時で言えば、良形でテンパってたんだから、目をつぶってゼンツすべきだったんじゃなかろうか。

「一面子落とせる」とか、「ラインカウント」なんてのは、平場で重要な判断要素。
すでにそのバランスは崩壊してるんだから、「やらなやられる」、その中で「テンパイしている」というもっと重要な判断要素を重視しないといけなかった。



結局。。

2015122402gm-00a9-0000-4f7d7eb8tw=2ts=133.jpg

うまい事テンパり返すも、4000オールを引かれる。



劣勢な時には
「アガリたい欲望」

「ラスに対する恐怖」
がひょっこり顔を出す。

今後は劣勢時をチャンスと捉え、意識的にこの心を排除して、時に引き、時に押し、冷静に判断していきたい。

同じ落ちるにしても、こんな落ち方は願い下げである!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

きっと何かに繋がっている。。。 

ブロマガ杯優勝おめでとうございます!
録画したのですが、打牌の速さとレベルの高さで、通常再生では脳みそが追い付かず、一時停止や巻き戻しをしながら観ました(笑)
あれだけ豪華なメンツを同時に集めることが出来る木原さんも凄いですし、その中で優勝したzeRoさんもやっぱ凄いです。

『諦めの境地』というタイトルは決してネガティブな意味ではなく、諦観と言いますか、
『身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ』のような気持ちを込めたものだと感じました。

十段坂本当に厳しいですね。。。
故スティーブ・ジョブズさんの、スタンフォード大学での卒業生に贈った伝説のスピーチをご存知ですか?
有名なやつなのでご存知かも知れませんが、自分の引き出しからは今のzeRoさんにかける言葉は見つからなかったので、ジョブズさんの言葉を引っ張ってきました。
約15分間のスピーチ、全編通してユーモラスかつ示唆に富んだ内容なのですが、ほんの一部分だけ抜粋します。

「ABOUT CONNECTING THE DOTS ――― 点と点を繋げること」
  点と点の繋がりは予測できません。
  あとで振り返って点の繋がりに気付くのです。
  今やっていることがどこかに繋がると信じてください。
  何かを信じて下さい。あなたの根性、運命、業、何でもかまいません。
  その点がどこかに繋がると信じていれば、他の人と違う道を歩いていても
  自信をもって歩き通せるからです。
  それが人生に違いをもたらします。

今の試練もきっと、zeRoさんの将来の何か(天鳳位なのか他の何かなのかはわかりません)に繋がっていると思います。

長文かつ偉そうですみません。ファイトです!
  • posted by シータ 
  • URL 
  • 2015.12/27 14:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>シータさん

打牌は速かったですねー。
解説泣かせというか、四人の手牌を同時に追うのは大変だったと思います。

「諦めの境地」
は、決してその半荘を諦めろというわけではなく、その局面においては「諦める事が最善」という事です。


あとで振り返ってあそこがターニングポイントだった…

先日、山本昌もテレビで似たような事言ってました!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2015.12/27 17:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
19位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向