MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

リーチと仕掛けのリスクの違い【麻雀】


ちょっと見にくいかもしれませんが、とある放送でのひとコマ。

2015y09m28d_231144630.jpg

下家の切ったを鳴くかどうか。



ミュー先生「南二局の西家、38100点ですか」

「なにぃ!心斎橋で殺人事件だってー!?」
みたいな解説セリフありがとうございます。

ミュー先生「…」


で、打ち手であるlg21さんも視聴者のほとんどの方もスルーするって言ってる中、
ZEROだけ鳴く…ってなったんですよね。

スルーする理由としては、1に守備力、そしてヘッドレスになる事ですかね。

そもそもlg21さんは直前に6sを切っており、を鳴かない手組をとってるんですね。

ミュー先生「を鳴くつもりなら1s切った方が広いですからね」


でもこれは鳴いた方が良さそうに感じます。

ミュー先生「他人ディスですか」

いやいや、ちゃんとlg21さんには許可とってあるよ。


たしかに南二局のトップ目。
一番シビアに打つ局面ではあります。

でもポイントはその「点差」。

下は団子状態でそれぞれ16000点以上離れてます。


天鳳本のタケオしゃんの何か条ってとこに
「余剰点棒は必要経費」
みたいな事が書いてありました。

ここは取りあえず役をつけておいて広く構え、
親の動向だけは注意し、最悪子にマンガン打ったとしても
「きょ、局消化は自分にとってプラスなんだからっ」
って強がる作戦がいいと思います。

自由度の高いファン牌と違い、123と234の三色は必要な牌が限定されるので、アガリ率に大きな差があるのは明白。
結果的にポイント期待値にも差が出てくるんじゃないかなーと思います。


これが

23000←自家
22000
31000
19000


くらいの二着目だと、放銃によるポイントロスがかなり大きいので、最大限にシビアに打つべきだけど
本譜の点棒状況なら、積極的に前に出るのが「リードを活かした」選択のように思います。

ちょっとラフな解説かもしれませんが。

そんなこんなを踏まえて、南場のリーチ判断



今度は自分の放送で解説した手牌。

テンパイ。
なんとなーく良さそうな7m

2015092704gm-00a9-0000-cecbfc1ctw=3ts=5.jpg

でもやっぱり「最大限シビアに打つべき点棒状況」。

先ほどと何が違うかと言うと
三着目と10000点、ラス目と14000点しか離れてないという事。

やはりラス目と16000点以上離れてるかどうか…が1つの目安になる。
ましてや「3着⇒ラス」は仕方ないとして(オリてても捲られる可能性が十分にある)「2着⇒ラス」はなるべく避けたい(現状有利なポジションなので意識1つでリスクを最小限にはできる)ところ。

平場でもリーチを打つには少しためらうくらいの深い巡目。
愚形安手リーチは「先手」である事が必須条件みたいところがあるからね。


という判断の元…

2015092704gm-00a9-0000-cecbfc1ctw=3ts=51.jpg

ダマを選択。
こうやってみると当たり前の判断だろうけど、なかなか面前でテンパらない麻雀というクソゲームw
数少ないチャンスに、グッと我慢するのは結構つらいよ。

天鳳はとにかくリーチしたくなるからねw


もしその衝動に負けていたら…

2015092704gm-00a9-0000-cecbfc1ctw=3ts=52.jpg

この親のリーチに一発で放銃してた。

結果論とは言え、簡単に予測できる結果の1つではあるよね。


ミュー先生「ん…シビアに打ちましょうって、次の局はなんですかこれ!」

あ…!


2015092704gm-00a9-0000-cecbfc1ctw=3ts=6.jpg




……

よくね?w


ドラ3保有からのテンパイなら、大けがする可能性も低いでしょう。

2015092704gm-00a9-0000-cecbfc1ctw=3ts=61.jpg

ラス目のカン&リーチに泣きながら端牌強打していったけどw

ミュー先生「これも予測できる結果の1つなんじゃないですか?」

やー
やっぱ切る牌選べないリーチとは少しニュアンスが違うと思うけどなー。

リー棒出さなくていいのも大きい。

メリハリがついてると言ってほしいものですな。


ミュー先生「ものはいいようですね」



実際、さらに次の局。

2015092704gm-00a9-0000-cecbfc1ctw=3ts=7.jpg

これは5m

ミュー先生「6mが三枚切れてますね」

ピンズかソウズの多面待ちになりそう。

2015092704gm-00a9-0000-cecbfc1ctw=3ts=71.jpg

ここでもやや危険度の高い2sを切るもののダマ。

「アガリたいけど、リー棒は出したくない」って気持ちが汲み取れる。
ドラ持ってきて放銃とか目も当てられないからね。

2015092704gm-00a9-0000-cecbfc1ctw=3ts=72.jpg

うまい事手変わりしてアガリ。



やっぱ仕掛けと違って、リー棒直撃と、切る牌を選べないって制約が大きいと思うなー。


南場は

リーチは慎重に
仕掛けはやや慎重に

という感じのZEROさんでした。


十段坂 1235/4000pt

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

NoTitle 

はじめまして。
私は鳴かない方が良いと思います。
この状況で一番上がりたい(親に上がられたくない)のは北家でしょうから(自分だけ親なし、親に上がられるとラス率が飛躍的に高まる)
自分は手作りしながら、いざとなったら北家のアシストをした方が良い気がします、三色手が入れば自ら勝負して、
無理そうなら鳴かせにいく、北家は若干変則的な捨牌(ホンイツや下の三色の可能性あり、三色ならアシストし放題)
自らの進退が定まる頃には、ある程度見えてきそうです。
(北家が国士や対子手の場合は若干裏目)
親のドラ、南切りはタンヤオ系の整った手格好の恐れもあり、守備力を下げずに北家に上がらせる、若しくは決定打(面前三色手、マンズの一色系)を放つのがベストではないかと思います。
南家と北家の点数が逆の場合は、ポンもベストの一つだと思います。
  • posted by 白ドン 
  • URL 
  • 2015.09/29 02:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

>白ドンさん

ご意見ありがとうございます。
自分の手の安全は確保しておいて、北家へのアシストを視野に入れる…という発想ですね。

うーん。
一番上がりたいのは北家、と仰いますが南家も同じくらい、いや現状ラス目の事を踏まえるともっと上がりたいと思いますよ。(微差の争いに親の有無は負荷にすらなるから影響はそこまで大きくないかと)

ですので、北家と南家の点数が逆だったら判断が変わる…というのは少しおかしいんじゃないかなーと感じました。

逆に影響が大きいと思ったのは親がファン牌の切り出しからドラを切り飛ばしてるところの指摘です。
鋭い指摘だと思います。

おそらくこの打ち手の方もそれを見て守備的な構えにしたのでしょうね。

いくら点棒に余裕があるとはいえ、親に放銃するのは負荷が高いので、守備的にいくという判断の方が優れてるのかもしれません。

自分がどこまで親流しに参加するか…
北家が1つでも仕掛けてくれればやりやすいけど、この時点ではなかなか難しい選択ですね。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2015.09/29 04:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

返信ありがとうございます。
両脇が上がりたい場合は、守備的なほうが良いでしょうね。(守備というよりも、率&打点)
安そうなら上がってよし、放銃ってよしでベストな状況。リーチ等なら、降りれますからね。
北家の点数はアシストする場合、かなり重要だと考えます。
本図の北家はノミ手であっても明確なメリットがある。
1・順位が入れ替わる。2・三つ巴かつ有利な状況でラス前へ。
三色等の2シャンテン以上であっても、素直にアシストを受けてくれる可能性が高い。
逆に北家の点数が南家のものだと、5000点以上に明確なメリットがあるので、中盤だと無視される恐れがある。
アシストのつもりが、結果的に自分の手を崩しただけという寒い状況になってしまうわけです。
自分の手がバラバラなら点数はあまり関係ありませんが(切って、鳴くかは相手次第)、崩しや中抜き(今回だと2や3)する場合は重要だと思います。
因みに、三色を多用していますが、その可能性が高いと思っているわけではありません。アシスト可能なのは下の三色やタンヤオということですね。(ファン牌なら楽)
北家は(上がりたいのに)7や8を切っていますから、面前系の整った手や手役があるかもしれません。(無論、バラバラの可能性もあります)
今回の状況(点数、發鳴かなくても何とかなりそう、親と北家の捨牌があやしい、アシストできるかも、ドラが9p)を考えると鳴かないほうが良さそう(最悪バックでもよし)と考えるわけです。
点数が逆だと、アシストを考慮した13枚持ちの優位性が薄れるので、微妙になってくると思うのです。

(追記)
アシストを重視しているのはマンズの一通(ホンイツ)があるからです。九萬あたりが入れば、4・2ソウ落としで打診して、反応があればピンズ落としで無理なくアシスト&ホンイツに切り換え可能なのが大きいのです。
  • posted by 白ドン 
  • URL 
  • 2015.09/29 17:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

>白ドンさん

返信遅れました、スイマセン!

なるほど、点差が狭いから
安手でも上がりたい⇒アシストしやすい
という話ですね。

「あがりたい度」ではそりゃ現状ラス目の南家の方が高いと思って前回の返信となりました。

かなり深い考察だと思います。
たしかに1000点なら最後まで面倒見ることもいとわないですもんね。


実戦では、「親の捨て牌がヤバめ、北家は1000点でも欲しい状況で下が切れてない、なら安全を確保しつつマンズのイッツーも保険に入れ、その際には124sで打診しよう。」

…なんて高度な作戦は思いつくわけがありませんw

下家が1つ動いてからはじめてアシストを考慮にいれるのが現実的であり(白ドンさんのおっしゃるとおり面前手もしくはバラバラだったらアシストを考慮にいれた選択が全てロスになってしまう危険がある)まずはやはり自分の手を中心に考えるのがベターかな…と思います。

ともあれ、このような深い考察を後から行う事は
同じような局面になった時に、思考のショートカットができたり、引き出しが増えて有益ですね。

これからも鋭いツッコミをどんどんお願いします。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2015.09/30 14:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

冗長な文を読んでくださってありがとうございます。

実は、実戦で似たような局面があって、上のような考えで鳴かなかったんですよね。無論、理路整然と考えたと言うよりは、

ドラ!(反応)→自分が北家だったら親流したいよなー(想像)→行ってくんねぇかなー(願望)みたいなテキトーなやつです。

それに加えて、この手は九萬引きの味が良いので(一通、チャンタ三色、ホンイツ)、引いたら四ソウ切り、1p引きなら六萬、4pなら2ソウ切りでと面前に強い変化が多い(かつ硬い)ので様子を見たくなるんですよね。
その過程で鳴かれたら、アシストを意識する(自分の手は強いけど遅いので流してくれるならよし)という感覚です。

發を鳴くと相対的にはかなり早くなるけど、絶対的にはそれほど早いわけではないのも不満なんですよね(3ソウやマンズチーは早い順目は期待薄)ドラが9pではなくマンズ(特に14)だったら将来性を買ってポンするんですけどね。

ただ、意外だったのが「南家が北家以上に上がりたい」という部分でした。自分は南家の立場だとバランス重視(むしろやや打点重視)で親の連荘は悪くないと感じるので(両脇が抜ければ、対面と直対かつ自分は親番あり、オーラスの点差によっては差込も期待できる)現状がそこそこ離されたラスだから、それで十分かなと。

zeRoさんの感覚が鳳凰感覚だとすると、スピード志向2名+早そうな親に囲まれて速度負けする可能性大なのでポンの価値は上がりますね。
ただ、この手で速度勝負に勝てる気がしないので、私は結局ポンしなさそうです。

最後まで長文で失礼しました。とても勉強になりました。
  • posted by 白ドン 
  • URL 
  • 2015.10/02 01:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

>白ドンさん

味がいいって、将棋指しの匂いがプンプンします!w

發をスルーした時の二次有効牌まで気が回るとは、まさに二手三手先を読む将棋の感覚を思わせます。

たしかに鳴いても頭がないのが大きく、安定感に欠けるんですよね。

なんとなく發スルー寄りに考えがなってきましたけど、そこまで考えた、その前の6s切りはなかなか構想に思い浮かびません。
単純に受け入れ枚数が減ったり、スピードを殺したりする事に抵抗があるんでしょうね。

自己分析をするいい機会になりました。
ありがとうございます。


たしかに自分が南家だったら、自分が1000点あがるよりは、親があがって局が伸びた方がいい、と考えます。

ただ、これくらいの三者狭い点差だと、2000点でも上がる価値はかなりあるし、スピードを殺して北家に上がられたらきついので、結局「上がりたい率」に関してはそこまで差はないように思いますね。

ラス目は失うモノはない精神で向かってくるし、微差でも三着目は慎重に打つ…という心理を先に思い描いてしまいますね。

結局はそれぞれの手牌ありき、なので何とも言えませんが…
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2015.10/02 10:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

返信ありがとうございます。

無理に手作りする状況でもないので、1ソウ切り發ポンは全然アリだと思いますし、自分も1ソウ切ることは多そうです。

結局は攻めやポン後の凌ぎに自信があるzeRoさんとリスク回避や構想に自信がある私というだけかもしれませんね。

あと、猫は突然ファビョるんでマジで気をつけた方がいいですよ。ただ、そういうリスクある場面は結構楽しそうなのが悩みどころだったり。でも落ちたら、後悔が半端ないですからね。
  • posted by 白ドン 
  • URL 
  • 2015.10/02 13:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>白ドンさん

ファビョるw
一度やったらおしまいなので気を付けます!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2015.10/02 18:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
30位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向