MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

諦めの境地【麻雀】

木原プロの表現を借りると
「定期メンテナンス」
だろうか。

ほんっとーに何もできない半荘は、ある。

この半荘がそうだった。

07/02 | 牌譜 | 鳳南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2015070201gm-00a9-0000-b2a45c28&tw=1


常にベタオリの展開。
最後の親も全く手が入らず、後がなくなってきた南三局の事。




2015070201gm-00a9-0000-b2a45c28tw=1ts=6.jpg

中盤に入って仕掛けが二軒入り、
自分は危険なドラとが浮いている。

はぁ…まだ定期メンテナンスかぁ。
っにしても、メンテナンス代180ptって高くない?w

どことも10000点以上離れてるラス前。
行っても地獄。
オリても地獄。

どうせダメなら、1%のアガリにかけてまっすぐ行くべきか?


いや、こういう時はスッパリ諦める。
「諦めるのが最善」…という時もあるのだ。

みてればマンガン横移動とかで、誰かが近づいてくる可能性もある。
1%のアガリに賭けるより、そちらのがいくらか現実的だ。

というわけで
ここから、メンツを中抜いたりしてベタオリ。

2015070201gm-00a9-0000-b2a45c28tw=1ts=61.jpg

2人テンパイで終局。

これでみんな30000点以下。
オーラス、自分があがれば西入だ。

ここまで我慢してきたんだ。

鬼配牌とまでは言わない。
せめてこいよっ!
人並みの運…!
ごくありふれた現象!



ミュー先生「カイジですか」

それ先生の為に買ったんじゃないんだけど…


祈るように配牌を見る。

2015070201gm-00a9-0000-b2a45c28tw=1ts=7.jpg

さすがに諦めたw
誰もが急いでくるであろうこの一局、この配牌で勝つ事なんて1%あるのだろうか?


その刹那っ!

ミュー先生「刹那言いたいだけですね」

2015070201gm-00a9-0000-b2a45c28tw=1ts=71.jpg

奇跡の九種!
これはキタ!

配牌取り直しの一番。

2015070201gm-00a9-0000-b2a45c28tw=1ts=8.jpg

感じるぜ!
溢れんばかりのエナジーを!

2015070201gm-00a9-0000-b2a45c28tw=1ts=81.jpg

ジュンチャンを見切った4巡目。
あくまでも三色を残すか、受け入れを重視するか…

1m入っても1s切りとするので、この1sはそこまで価値がないのかもしれない。

でもやっぱ危険牌先処理と、打点MAXをみて打4sとしました。

ミュー先生「昭和ですね」

47s先引いての2600リーチに、この4sを抱える魅力がないんだよなぁ。


2015070201gm-00a9-0000-b2a45c28tw=1ts=82.jpg

さて上家から2sが出た。
チーして2000点を取りにいくか。




いくわけがない。

麻雀というゲーム、毎回手が入るものではない。
特にこの半荘でその事は身に染みてるw

ここで2000点アガって西入としても、状況はあんまり変わってない。
むしろあの素晴らしい配牌をリセットするような行為に近い。

麻雀、アガれる確率は常に1/4以下。
数少ないチャンスは、最大限に打点を高めようではないか!


2015070201gm-00a9-0000-b2a45c28tw=1ts=83.jpg

どっせい!

ミュー先生「安目ですね」

バカ言いなさい。

この時の対面の手を括目して見てごらん。

2015070201gm-00a9-0000-b2a45c28tw=1ts=85.jpg

カン4s

先切ってなきゃ…
チーテンとってたら…
高目が入ってたら…w

九種から、これだけの奇跡が続けば



2015070201gm-00a9-0000-b2a45c28tw=1ts=84.jpg

この一発ツモは必然だったのかもしれない。

こうやって牌譜をみる度に自信がなくなっていく。
麻雀って、本当に紙一重の攻防だという事が、イヤでも見えてくる。

七段と十段なんて微差。
その微差が大きいのかもしれないけど、本当にその差はあなたが思ってるより本当に小さいぞ。

頑張れゼロチルドレン!


ミュー先生「微差が大きいって日本語d…」

_, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´) ニャー

西入後ももつれた西三局。

2015070201gm-00a9-0000-b2a45c28tw=1ts=11.jpg

これは喰い伸ばして、待ちを広げるべきか?
(789チー⇒打1m258m待ち)

なんでも一発で決めるべき…と鼻息を荒くしてたけど、それも状況次第。
最善の選択は、流動的に変わっていく。

ただでさえ3着目だ。
3900をアガって29300点で西4局を迎えた方が安定するっぽい。

ZEROはあんまり食い伸ばしをしない。
ツモ番キャンセルするのと、わざわざ新たに無筋を打牌する…という二重のロスを感じる。

ただ…

2015070201gm-00a9-0000-b2a45c28tw=1ts=112.jpg

持ってきたらさすがに話は別。
ここでは明確に打1mとすべきだった。

ミュー先生「食い伸ばしが正解だと思いますよ」


この後の展開は牌譜でどうぞ↓

07/02 | 牌譜 | 鳳南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2015070201gm-00a9-0000-b2a45c28&tw=1
B:zeRo C:中の上 D:もやしもん A:椋大樹


もう一局いくべ。

2015070306gm-00a9-0000-d9091f8etw=1ts=7.jpg

オーラス。
ラスを競ってる下家が、たった今ドラポンしたところ。

一巡進んでこう。

2015070306gm-00a9-0000-d9091f8etw=1ts=71.jpg

焦るが落ち着こう。

ドラを切った親はさすがにテンパってそうだ。

それに対して下家のドラポンはどうだろう。
さすがにテンパってないだろう。

最悪、テンパイノーテンで変わってしまうけど、下家に牌を絞りつつ、親のアガリを祈るのが「最善」じゃないだろうか?

ここでファン牌すら切らずに、自風の西を切りだしていく。

これまた
「自分の手を諦めるのが最善」
の場面。

親に2900以下を打っても3着で終われるけど、その保障はない。
まだ親と下家の手の進行状況的に、静観してるのがベターっぽい。


2015070306gm-00a9-0000-d9091f8etw=1ts=72.jpg

さて、時は流れてなかなか親が上がってくれない。
下家もテンパイにはみえないけど、わからない。

その刹那…いや、そんな時に親からが出る。

ポンか?
いや、浮いてる6m5p4sも全部危険牌だ。

うまい事親に打てたらいいけど、下家の手を進めてしまう(もしくは放銃する)のは良くない。
もう少し、諦めよう。

2015070306gm-00a9-0000-d9091f8etw=1ts=73.jpg

これは鳴こう。
浮いてる三種がどうにもならないけど、を打って前に出る。
うまい事一枚勝負くらいでケイテンがとれれば御の字だ。

2015070306gm-00a9-0000-d9091f8etw=1ts=74.jpg

これもかなり奇跡的だ。

4s周りで面子ができ
直前に6m5pが通った。

テンパイをとる事ができた。


ただ、後から冷静に考えてみると、
親と下家がテンパってると仮定して、

上家がテンパイ⇒1人ノーテンでももう一局(座順で親はトップになれない)
上家がノーテン⇒2人ノーテンでZEROが三着(座順でZEROが三着)

となるので、そこまで無理して前に出る必要はなかったのかもしれない。



この一局は、四者四様あって、全部書いてたらとてもスペースの都合で書ききれないくらいアツい一局だった。
よかったら牌譜をご覧あれ↓

07/03 | 牌譜 | 鳳南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2015070306gm-00a9-0000-d9091f8e&tw=1
3位 B:zeRo(-20.0) C:どーも僕です(-33.0) D:ふかみ(+11.0) A:なんでもナーミン(+42.0)


麻雀だから、どうにもならない時もある。
どの選択をしても不利を強いられる事もある。

だからといって焦らずに、最善を探す事。
そして「諦める」事が、時としては最善となる事を、胸に刻んでいきましょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
23位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向