MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

父の事③

三月も終わり。

稼働も保有株も途中までは調子よかったのに、沖ドキ!のクソ負け(今日も天井><タコが!)とグランディーズの下落のおかげでw
ともに月トータルショボ勝ち。
貧乏抜け出したと思ったのに、また貧乏イーシャンテンくらいきてしまった。

月並みな言葉だけど、4月こそ、月末に充実した月だったと言えるように頑張っていきたい。


それでは終わりそうで終わらなかった父シリーズの最終章です。

母シリーズ・父シリーズ
あとマラソンシリーズも黙示録のおまけとして、放り込んでおこうかな。


前記事↓

父の事

父の事②


遺影の父は、今にも話しかけてきそうなほど、優しく微笑んでいた。

手を合わせ、目を閉じる。

(俺は好き放題生きさせてもらってるよ、安心して)

棺の中で眠る父に向かって、自分の近況報告。


(オヤジはどうだい?)

もちろん返事は返ってこない。

だが、その棺を前にして、その答えの大部分は見えた気がした。

遺影のそばに、2人の子供と並んで写ってる写真があったのだ。



----父は再婚していた。


その写真を見れば一目瞭然、とても幸せそうな顔をしていた。

まぁそういう写真を選ぶんだろうけど、
少なくともZEROが6年前にみた、
「小さくて元気のない印象」
は勘違いだった。

その時は自分が話すばっかりで、父の事は一切聞かなかったもんな。
そういえば、お婆ちゃんも言ってくれなかった。

多分、母に気を遣ったんだろう。


棺に花を入れ、子供が折ったであろう鶴を入れ、大好きなタバコを入れ、
これまた大好きなコーヒーを飲ませ…

最後の別れの時、残された奥さんと子供さんが遺体にすがるように泣き崩れた。

多くの人に愛されとったね。


そんな風景を一歩下がったところからみて

(元気そうやん。安心した。俺も頑張るわ。)

と、心の中で話しかけ、ZEROの葬儀は終わった。


その後の長いお経なんかの儀式は、こういっちゃ失礼だが疲れるだけやった。

俺が父だったら申し訳なく思うくらい長いわ。


大事なのは、残された人が故人の死をどう受け止めて、生きるか。

これに尽きると思う。


そういや父はアウトドア好きで、季節がかわるたんびにいろんなトコに連れてくれたっけ。

その血が最近になって騒ぎだしたけど、これから山で鳥のさえずりをきく度に、アンタが俺に何か言ってると思う事にするよ。


命をくれてありがとう。






その後、四十九日の案内が来たので、これも参列した。

なんつか
「魂がフラフラして、四十九日で無事天国へー」
みたいな霊的な話には一切合切興味ないし、例の無駄に長いお経や説法もぶっちゃけいらんと思う。

でもそれは「亡くなった人」の為でなく、
「残された人」が集まり、
手を合わせ、
目を閉じる事により、
それぞれがどう受け止め、
どう生きるか…

と、気持ちの整理をつける為の儀式なんやろな。

とも思えるようになった。


向こうの家族にとっては、もしかしたら迷惑なのかもしれないけど(葬儀の時は一切話してない)、
ZEROは行きたかった。

紆余曲折あれど、自分にとって唯一の父である事は揺るがしようがないからね。


それに、どうしても再婚相手の方に聞きたい事と、伝えたい事があった。


かくして四十九日は、父とその家族が暮らしていた団地で行われた。


ZEROを可愛がってくれる、父の妹夫婦と一緒に、その団地にお邪魔した。

父がどのように過ごしていたか、いやがうえにも気になる。

「狭くてすいません」

未亡人となった再婚相手の方に通された部屋に入った瞬間、ドクンと胸を打つのがわかった。


並べられた学習机。
そこらじゅうに貼ってある家族写真。

「〇〇ちゃん、何歳おめでとう!」
と、賑やかなイラストとともに描かれた大きな紙も貼ってある。


下火である印刷業をやめ、慣れない運送業に悪戦苦闘し、決して裕福ではなかったろう。

しかしそんな事は関係ない。
その部屋からは、狭いながらも幸せのオーラが溢れていた。

入った瞬間にそれがわかり、ZEROの胸を打ったのだ。


それは離婚して狭いながらも幸せに満ち溢れていた、母と男3人のあの住宅に通じるものがあった。


亡き父の気迫みたいなものすら感じられた。


離婚したのがZEROの小学校4年頃。

一度目の失敗を糧に、次は絶対家族を守る、幸せにする、と誓ったんだろう。


ふふ…
何事も失敗しないと覚えないあたりはZEROと一緒だな。
アウトドア好きとそこは父譲りだったか。

ただ、それだけに、今回も我が子の成長を見届ける事ができず、道半ばでこの世を去る事になったのは、
言葉にできないくらい悔しいだろう。

親子だけにその想いは、痛いほどに伝わってくる。
この部屋から伝わってくる。


--奇しくも、今の子供さんも、小学校四年生…

口にはしなかったハズだけど
(またここまでか…)
と思ったに違いない。



んで、その四年生の長女が、超天真爛漫。
いきなり「いとうあさこ」のポーズをしたり、誰にも絡む感じでかわいいの。

今まで妹がいなかったから(腹違いとはいえ)嬉しいし、今後どう成長するのか気になる…
(けどそれ以来会ってない)

再婚相手の方も、気さくに話してくれたけど、実際どう思ってるのかわからないよね。

「死ぬまで何も知らされてなかったけど、父が幸せそうで何よりです。
ありがとうございました。」


取りあえず伝えたかったこの言葉は伝えました。



後…自分の母。
母にも伝えたけど、再婚してたとは知らなかった様子。

「代表でいってくれてありがとう」

そっけない態度で見せてるけど、動揺してたかもしれない。

言わない方が良かったかもな。

母は1人になった後も、何度か他の男性に言い寄られてたものの、ずっと1人を貫き通した。

子供を思っての事なのか。
それとも、父を待ってたのかもしれない…

それから3年後、追うようにして母も。。

今は2人とも仲良くやってるかな。



こんな経緯を経て、
・アンチ貧乏
・アンチタバコ

というZEROのアイデンティティが確立されたのであったw


長々と昔語りにおつきあいくださり、ありがとうございました!


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/1/7)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
34位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向