MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

メンタルの次に必要なモノは?【麻雀】

先日、何より大切なのはメンタルだと説いた。

参考記事⇒ あなたが1つ上の段にいくために【麻雀】

次に大切なのはやはり「牌理」だろう。


それもインプットだけでなく、ある程度のスピードを持ってアウトプットできるようにならないといけない。

インプットするために必要なのは、本でもサイトでも何でもいい。
今の時代は本当に便利。

自分らの時代は(昔話はっじまっるよー!)
打ちながら
14と持ってたらいらねーじゃん?これスゲー発見じゃね?)
(これ切ったら何受けで〇枚 こっち切ったら受け入れは〇枚減るけど、良型が確定するのか)
…と、自分で身に付けていったもの。

本で覚えるよりも、そっちのが理解度が高いし、納得できると思う。
一回自分で覚えてから、本を見て修正していくのがベストかもしれない。


次にアウトプット。

これこそ、実戦でしか身に付かないと思う。

例えば13と持っててをツモってきてを切る。

これも立派な牌理。

普通の手であれば、この選択にいちいち思考を割いたりしないだろう。


しかし超絶初心者だった頃は、考えてたハズなのだ。

実戦を重ね、考えずにを切る事ができるようになる。

この時はじめて、この牌理が身についたと言える。

こうやって1つずつ考えながら、牌理は身に付けていくものだ。


身に付けば、選択するにあたって牌理に掛ける時間は少なくなり、その分他の事を考えられるので有利になる。




インプットは本でも学べるが、アウトプットは実戦でしか身に付ける事ができない。
また、メンタルコントロールも同じく実戦で身に付けるのみだ。


つまり、雀力を向上させるために必要なのは実戦実戦また実戦…と言える。

時に牌譜を振り返って調整したり、新しいものを吸収したりする事も重要だけど、
それはあくまでも
「進むべき方向を決めるコンパス」
であり、
「足固めをする靴」
なのである。

目指す頂に辿り着くためには、足を動かす事、イコール実戦しかない…。


以前も張りだしたけど

2015y02m27d_020457512.jpg
(4人打ち平均成績)

高段ほど、対戦数が比例して増えてるのは偶然じゃない。
(もちろんたくさん打たないと上にはいけないのでこうなるのは必然なのだが…)


最後に本日の対局から一局だけ。


親番二巡目でさっくりテンパった。

どうする?
あなたのフォームは決まってますか?


2015022622gm-00a9-0000-9c31f298tw=1ts=1.jpg

・二巡目
・親
・平たい


ということもあり、牽制効果は抜群。

それでもZEROはこの手で即リーはいかない。
これはフォームというか、九段配分的にこうする。

本手のはいった散家から押し返されるのが怖いのだ。

手変わりがこんなに多くなけりゃ、迷わずリーチするんだけどなー。


と、思いながら打2p

3p引いたらフリテンリーチ。
47p9p1s3s5sあたりも渋々リーチだな…なんて思ってたら、想定してなかったツモがきて悩んだ。


2015022622gm-00a9-0000-9c31f298tw=1ts=11.jpg

これ…どうするよ?

…かなぁ…?

ええ!

テンパってた手をリャンシャンテンに戻すの?w

仕掛けもきくし…いいか。

んでも、これで仕掛けるくらいだったらはじめからリーチして圧を掛けるべきだったなぁ。


2015022622gm-00a9-0000-9c31f298tw=1ts=13.jpg

で、この3pをチー。

・フリテンの心配を解消
・三色に仕上がればマンガン


と、いう理由で悪くないと思ったんだけど、こんなん仕掛けるくらいだったらやっぱりリーチのがマシやわw


麻雀に一貫性はいらないけど、フラフラしすぎな一局。
結局後手引いてあがり損ねた。



もう一度振り返ってみて反省してみよう。


2015022622gm-00a9-0000-9c31f298tw=1ts=1.jpg

最初のテンパイは6・4でリーチ有利か?
2~4巡目あたりまでは牽制効果抜群なのでリスク取ってもリーチがよかったように思う。
テンパイ壊して高くなるわけでもないしね。

5巡目以降は本手に押し返されるケースが増えるので、打2pの優位が増してくる。




ミュー先生「なんでも重厚にいけばリスクが低くなるわけじゃないですからね。」


次はリーチするよ。


2015022622gm-00a9-0000-9c31f298tw=1ts=11.jpg

これはグヌヌ…

ミュー先生「リターンと柔軟性が高いのででいいと思いますよ」

赤じゃなかったらツモ切りなんかな。


2015022622gm-00a9-0000-9c31f298tw=1ts=13.jpg

ぐぬぬぬ…w

これはさすがにスルーか。
スピード麻雀に慣れると、これスルーするのすらためらってしまう。

これだけ受け入れ広いんだし、序盤だし、打点が著しく落ちちゃうしね。


普段はバック食い伸ばしでポンチーするけど、こういう本手をしっかりスルーする事ができたら強くなれそう。

木原さんに見られたら笑われてしまいそう。



よーし、反省は終わりだぜ!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

 

だれの牌譜ですか?
五萬ツモが予想外なのですか?むしろ絶好のツモと思ったです。
配牌で最高形のたんぴんさんしょくしか見えないですよね。
悪くても47ピンののべたんのテンパイに仕上がるかなって感じですけどね。
それじゃ遅いんですか??
自分も2ピン、南と落とすんですが思考がまるで違ったです。なんなら望み通りに進んでるすらあるです。
あんまうまくないんですけど、これが多数派の意見じゃないかなーと思ったんですが、おかしいでしょうか?
よろしくお願いします。
  • posted by 通りすがしかお 
  • URL 
  • 2015.02/27 19:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>すがしがおさん

あー。
わかる。

昔の自分をみているようだ…。

えっと、しがおさんはきっと天鳳で打った事ないでしょう?
天鳳のルールはフリー雀荘や他のネット麻雀と比べても特殊で、ラスにあまりにも過酷なペナルティが課せられる、マゾゲーなんですよ。

ですのでスピードも極端に早いし、親リーがあまりにも偉く、みんなオリてくれます。
順位戦なので遅くて高い手にあんまり価値はありません。

役満テンパイを崩す…なんて事はしょっちゅうですw


例えば上の手で言いますと、ツモッた牌が5pでなく8pなら、明確にリーチ有利で、南を落としてく選択は限りなく少数派…となります。

私も天鳳をやる前に、他の人の天鳳のブログを読んで、あまりの感覚の違いに驚かされました。


ルールが違うので最適解が違うのでそこに合わせていく、という事です。

どのルールが優れてる…というワケではないのですが、天鳳のルールは必ず引き出しは増えますので、よかったらやってみて下さい。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2015.02/27 19:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

なるほど。ルールのちがいによるもの。
じゃあ南頭固定、六萬アンコ固定のソウピンが多面待ちになってリーチ位がちょうどいいのかな。妥協で南とシャボになっても即リーで。
それとカン3ピン即リーを天秤に掛けた感じなんですね。
ありがとうございました。
  • posted by 通りすがしかお 
  • URL 
  • 2015.02/28 14:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>すがしかおさん

そうですねー。
まさにそんな感覚です。

ここ一年、天鳳ばっかり打ってたので、普通の感覚を忘れてしまいました。。。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2015.02/28 22:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
10位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向