MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

小売業の優位性【投資】

今月も定期購読をしているZAIが届きました。

ダイヤモンドZAI(ザイ) 2015年 04 月号 (金持ち老後VS貧乏老後! 1億円で安心老後。世代&年収別の年金額。退職金ワザ。儲け時の10万円&高配当株。桐谷のNISAで優待株。毎月分配型の本当の利回り激辛ランキング。NISAは投信で勝つ。相続増税&贈与減税への税金ゼロの対処法。マンガ! 株の正しい買い方&売り方)ダイヤモンドZAI(ザイ) 2015年 04 月号 (金持ち老後VS貧乏老後! 1億円で安心老後。世代&年収別の年金額。退職金ワザ。儲け時の10万円&高配当株。桐谷のNISAで優待株。毎月分配型の本当の利回り激辛ランキング。NISAは投信で勝つ。相続増税&贈与減税への税金ゼロの対処法。マンガ! 株の正しい買い方&売り方)
(2015/02/21)
不明

商品詳細を見る



実は、先週あたりに
「定期購読を継続しますか?」
という通知がきてました。

たしか2年分まとめて払ったから、投資をはじめて2周年なのかぁ…
と少し感慨深いのと、
あんまり成長してないなぁってのとw

「継続するなら何もしなくてOK(キャピピン♪)」

と、書いてあったので、購読打ち切りの返事を出しました。

少し興味のあるページはあるものの、大半が投資信託やシストレの宣伝ですからね。

「コバシステム」の為に「近代麻雀」は定期購読しないのと一緒。


多分これが最後の一冊になるのかな?

最後に少し共感できる事が書いてあったので紹介します。



それは「小売業の優位性」についてなんですが



このマンガに書いてありました。
あんま絵は楽しくなさげなんですが、マンガだと読みやすいですよね。


さて、「小売業」とは
「生産者から商品を仕入れ⇒最終消費者に売る」
業種です。

自分の保有株で言うと

アークランド・ペッパーフード

などの、外食チェーン。

ハナテン

も、車を仕入れて売るので小売業ですね。


また物質として存在しなくても、非物質的生産物(サービス)を売る業種を「サービス業」と言います。

これはあらゆる形態があるのですが、自分の持ってた中では…

ティア・こころネット

などの冠婚葬祭業。

コシダカホールディングス・ウチヤマホールディングス

などのカラオケや介護、フィットネスなんかが「サービス業」です。
(他にも広告業・宿泊施設・修理&メンテナンス・興行・教育…など、「サービス業」は多岐にわたります)


ご覧のように、ZEROは9割方この「小売業」か「サービス業」に投資をしています。



投資の世界では、この2つって地味な内需銘柄というか、堅いけどあんまり儲からない…というイメージがあるんですよね。

もちろんそれは誤りで、上の銘柄で言うと、トレファク・アークランドあたりはZEROの短い投資歴、2年のなかでも3倍~4倍になってますし、ユニクロは10倍、セブンイレブンに至っては50倍になってます。

ゲームやバイオなどの業績の上下動が激しい株に比べたらそりゃおとなしい方かもしれませんが、決して堅くもなけりゃ横ばいという事もないんです。


ちなみにこのマンガで知ったのですが、東証一部に上場してる小売り業170社の時価総額を全て足しても、トヨタ1社の時価総額と同程度だそうですw

でも大きけりゃ有利という訳でもなく、むしろのびしろがあるのはどっちかって話ですよ。
じゅんいちダビッドソンも言ってますよ。


他にも数々のメリットがあります。

・わかりやすい

大きい会社はコンテンツも多く、素人には何をやってるか全く把握できません。
三井物産なんて、たしか部門が100以上あって、多分社長も把握してないんじゃないかとw

その点、例えばペッパーフードなら、肉を仕入れて売る…
と極めてシンプル。

お金の動きもわかりやすいです。

生活していて触れる機会も多く、まさに一般投資家、初心者投資家には持ってこいの業種だと言えます。


・慌てなくていい

日経が300円を超えるような盛り上がってる日…
大抵ZEROの保有株はチャラ付近ですw

景気がよくなりそう!
ってなった時に、最初に上がるのが

「景気敏感株」と呼ばれる、素材や設備投資関連といった業種の株です。

②それからその素材でできる自動車や精密機械などの株が上がり…

③最終的にみんなの給料が上がった時に、ようやくお金を使う流れになり、「小売業」や「サービス業」が上がる…


という順番です。

①とか②の株って、メディアで取り上げられる頃にはもう売り時ですw
それくらい情報が早く、そういった意味でもZEROみたいな素人投資家にはむいてません。

「小売業」や「サービス業」はあまり景気に左右される事なく、だからこそ「地味」と思われがちなのかもしれません。


業種や業績が把握しやすく
外国人投資家・ファンドからもすぐには目をつけられない


「小売業」と「サービス業」に絞って投資するの事は
株に時間はあんまり割けない多くの一般投資家が儲けるための唯一無二の方法…
のように感じてきませんか?


ペッパーの時に紹介した紅の鹿さんも、保有株のほとんどが小売・サービスですね。

これからも勉強していこうと思ってます。
(リンク先に追加しました)


それでは!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
25位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向