MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

賭博黙示録ZERO パチンコ編④

あらすじ

パチンコ編①
パチンコ編②
パチンコ編③

現在もあの河原で走ってます。

ライバルは昨日の自分。
目標は一番早い自分。

スポーツなのに、誰とも競わなくていいのがいいところですね。
「もう誰も押さなくていいっ!!さっきの橋とは圧倒的に違う!!」
みたいな感じす。

時折、マラソン大会にも出ています。
(体調が悪くなければ、今日が大会の日でした)

今まで好き勝手生きといて、最後に人のお世話になるような事は避けたいですよね。
足腰さえ丈夫だったらなんとかなります。

ZEROは、お金の事も、健康の事も、こうやってギリギリにならないと気付かないんですね。

でも遅くとも気付けて良かった。
人生後半、まだまだ楽しみが一杯だ。

風俗嬢に説教するオッサンみたいな話が増えてきたけどw気にしないでおこう。

それでは第四章のはじまりです。
さぁお前ら、あの信号まで競争だ!



目は、一か月もしたらかなり慣れてきた。
術後検診も良好で、夜間の光がやけに眩しく見える「ハロ・グレア現象」は気になるが、我慢の範囲内だ。

あれ以来、毎朝走るようになったし、新しいホール探しも積極的に行った。
服や靴を買ったり、髪を染めたりもした。

視界が明るくなっただけでなく、何事も前向きに明るく捉えるようになっていった。

もう女の子と目が合っただけで、俺に惚れてるな、と思う程だった(危)

もちろん冗談だが、それくらい見る世界が変わったのだ。


パチンコも、低換金ながら貯玉が使え、イベント台はしっかり開ける優良店をみつけ、ネグラにしてた。
専業・軍団まみれだったが、何とか自分のパイまで残ってる状況だった。

さて、収支も上々、順風満帆な毎日だが、六月という事もあり、雨がよく降る。
こんな日でも走れればいいのにな…と、思い、スポーツジムへ行ってみることに。
もうフットワークが軽い。

スポーツ通を気取り、上下ジャージに何故かタオルを片手に持って、受付まで行った。
健康的なお姉さんが、会員カード用の写真を撮ってくれたり、手続きをしてくれた。

「最初のこのマシンの説明も、お姉さんがやってくれるの?」
「いえ、これは違うインストラクターが担当します。」

ZEROのノリノリは誰にも止められない。

ちなみに最初の三日くらい、ムキムキのお兄さんが、優しく手取り足取りいろいろ教えてくれたw


トレーニングルームは広いし、終わったら風呂やサウナがあるし、なかなか快適そうだ。

そうしてジムに通うようになってから1か月した頃だろうか。
マシンの使い方も一通り覚え、雰囲気にもだいぶ慣れてきた。

ふと、どこかで見た顔をみつけた。
向こうも気付いたようだ。

「お~キミか」

低換金店の専業の1人だった。
仮にタコさんとしよう。(ZEROより年上で面倒見がいい・酒好き)

その後もジムやホールで会う度に少しながら状況などを話すようになった。
自然と常連の仲間入りみたいな感じになってた。






えーと、ここで現代のパチンコシーンを語る上で欠かせないキーワード「打ち子軍団」についてどうしても取り上げざるを得ない。

御存じとは思うが解説しよう。

今はようやく店側も対応するようになってその数は少なくなってきたが、2009年、大海SPをメインとして、大量のイナゴとも呼ばれる打ち子集団が現れた。

打ち子はクチコミやインターネットで募集されている。
求人誌を使ってるグループもある。
「パチンコのデータ管理をお願いします。」
なんて書かれてたら、99%打ち子軍団だ。

打ち子は日当7K~10Kで雇われ、指定の台に座って一日打つ。
基本は低換金の優良店でフルに共有して、利益を上げる。
買っても負けてももちろん会社持ちだが、こまめに回転率を計算して報告しないといけなかったり、なかなか制約が多い。
もちろん最低限の止め打ちは仕込まれる。

当時は悪くても20Kの期待値は楽にあったはずだ。

1人で40Kの台を打つよりも、10人に20Kの台を打たせて10K払った方が、儲かるし、安定する。

これを組織ぐるみで全国展開してくのだ。
情報社会が生んだ悪魔と言えよう。
トップはどれだけ儲けたか計り知れない。

というのも、店の対応があまりに遅すぎる。

全ての店で、数年間はのさばらせたままだった。

ホールの店員はもちろん、経営者ですらなんで儲かってるのか、仕組みがわかってない人が多い。
堂々と駐車場で金を配ってる軍団だっていた。
抜かれるだけ抜かれた後に、ようやく共有禁止やら止め打ち禁止になったりする。

最終的には、普通に話しながら楽しくパチンコしていた二人が店から注意される、というギスギスした空間になってしまった。

自分ら専業も、同じく止め打ち禁止のデメリットを食うのでいい迷惑だ。


5年前と比べて、回らない、勝てない…と感じてる一般客の方がいたら、それは間違いなく打ち子と無能なホールのせいだ。

当時のZEROは、打ち子軍団に対して…よりも、ホールの知識のなさ故、店を守れない事に煮え切らない思いだった。




話を戻そう。
タコさんを中心とするそのグループも最先端をいってた。

lineの普及していないその時代に、その前身とも言えるメーリングリストを駆使して情報を交換していた。

とても新鮮だった。
例えば、とあるイベントのシマで打って、21回ったとする。
しかしこれが個人だと他との対比がわからないが、周りが軒並み19とかだったら残った方が良さそうだし、逆に23~4回ってるというなら移動した方がいいかもしれない。

パチにたいして初心者同然だったZEROは、他の百戦錬磨のプロの見立てや話を聞くだけでも、価値はあった。

特に最初の2.3年はお荷物だったかもしれない。
多くの店を紹介してもらったし、技術も学んだ。
とても感謝してる。

ここんとこは、教えてもらった店は回るようになったし、少しは役に立つ事もある。

ただ間違えてほしくないのは、彼らは打ち子集団と違う、という事。
それぞれが独立採算制の専業であり、ただ情報を交換してるだけ。

基本的にバラバラに行動してるし、もちろんノルマだったり、報告の義務もない。
ZEROはあんまりお世話になりすぎないように、なるべくかぶらないように自分で店を探すようにしてる。

それでは交換してる意味がないので、あぶれたらお世話になる事もあるが、この絶妙な距離感が気を使わなくて心地いい。


特にジムもホールも、一人で立ちまわってたZEROにとって、久しぶりの賑やかな会話は、とても楽しくもあった。



続き⇒ パチンコ編⑤
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
20位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向