MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

捻り打ちの注意点【パチ】


ミュー先生「再び天が荒れておる…」

というわけで台風真っ只中の日本列島。

先ほど、スマホが鳴って、画面に避難勧告か注意か出てたと思うんですけど、OKボタンを押したら消えてしまって、探してもどこにもみつからないという…。

まぁ避難勧告が出てたとしても、こんな荒れ狂ってる中で外に出るのは余計に危険ですよね。



そうそう。
スマホと言えば、先ほどみかけたDoCoMoのCMにうっかり感動してしまった。

父と娘がキャッチボールするだけのやつ。
あ、あったあった。
これ。



号泣。

ほんとDoCoMoのCMは金掛けてないのにセンスを感じるよなー。


一方、我がsoftbankは酷いったらありゃしない。

犬が喋るってだけの寒いネタでどこまで引っ張るんだろうか。

半沢直樹で人気が出たら堺雅人。
W杯で注目が集まったら香川真司。

というように安直な発想の起用が透けて見える。


…と、CMに関してはそう思うのですが、みなさんはどうでしょうか?



それでは本題↓


さて、先日
「安易に質問する前に自分で考えよう」
という趣旨の記事を書いたところ、質問を立て続けて頂きましたw

おまえらww

もちろん弱小ブログとしては嬉しい事この上ないので、答えていきます。


Q.捻り打ちの〇回目の解放に合わせてワンツー~みたいなのって捻りと捻りの間(ツーとワンの間)って止めるんですかね?



捻り打ちに関しての質問ですね。

質問に答える前に、捻り打ちのポイントを。

まず、捻り打ち(ワンツー打法)は、今や一撃で出禁になる可能性があるのでおススメできません。
それを踏まえて解説していきます。


捻り方は大雑把に二種類あります。

maxresdefault.jpg
(画像は拾ってきた)

まずはこうやってグワシっと普通に握って、そのまま右に捻る基本形。
美空ひばり水戸黄門ぐらいの初期の頃は、みんなこんな感じでした。

一年くらいはホールから何も言われない状態が続いたのですが(ホールの無知、対応の遅さを物語る)さすがにガチャガチャやってると注意されるようになってきました。

そこで一部の猛者がやりだしたのが発展形。

yjimage.jpg

また拾ってきた画像なので分かりにくいかもしれませんが、薬指でハンドルの「右耳」と呼ばれてる部分を右に倒す方法。
重要なのは、ちょうど天井に玉がひっかかるポイントで、人差し指でハンドルの「左耳」をロックする事。

手の大きさやハンドルの形状によって小指がベストだったりしますが、これなら手を捻らずに指の部分だけ動くのでなかなか目立ちません。

今でも捻ってる人は目立たない事に神経を使ってるので、この方法でやってる人も半分くらい。


大事なのは、捻り効果に必要な距離って実際は5mm~10mmくらいって事。
一番右まで捻る必要は全然ありません。

玉が天井に引っかかるポイントからほんの少し右に移動できれば仕事は完了なのです。


それでは改めて質問の止めるか否か…ですが。。
機種の開放パターン次第としか言いようがありませんが、銭形を例にします。

銭形のショート開放は四回。



黒線がハネが開放してる瞬間だと思ってください。(図A)

捻り打ちを行えば、玉をくっつけて飛ばす事ができます。
赤い点が二個セットで並んでるのが玉のイメージです。

図Bを見て下さい。
ストップボタンを押さずにコネコネしてると、どうしても途中で「羽根の解放タイミングと玉の発射タイミング」がズレてしまい、最後の方では羽根が閉まってる時にワンツーをしてしまう…という、何をやってるかわからない状態になってしまいますw

理想は図Cです。
毎回羽根に合わせて玉の発射をコントロールする方法ですね。

ただこれは毎度コンマ何秒だけ止める…という、正確さと果てしない労力を必要としました。
自分も挑戦しましたけど、なかなかうまくいきませんでした。

そこでZEROがやってたのは図Dです。

まず一回目の開放はギリギリ遅く拾わせる。
すると二回目の開放もギリギリ拾ってくれる。

ここで一回だけストップボタンを押してタイミングを調整。(青の星印部分)

三回目、四回目…と、同じ事を繰り返してゴールです。

これが一番楽で、しっくりきましたね。
楽とは言っても毎回捻る事はシンドくて、腱鞘炎みたいになりましたけどねw

コツは
「拾った拾わなかった」
などと玉の動きは気にせずに、ただ愚直なまでに一定のタイミングで止め打ち&捻りを遂行する事です。


…と、まぁ機種次第、としかいいようがないのですが、こうやって工夫して拾わせてくしかないですね。
今やランプ別に開放パターンが違って難儀しますが、逆に攻略できれば自分だけが増やせる機種…になりうります。



ただ、個人的にはもう捻る事はなさそうです。

できる地域、できるホールで、やる気のある人だけ、出禁になるリスクがある事を忘れずに、自己責任で頑張って下さいまし。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
35位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向