MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

賭博黙示録ZERO 槍ヶ岳登山編②

前回記事

槍ヶ岳登山編①


焼きそばにコメント持ってかれて、無反応の槍ヶ岳編の第二部です!


さて、槍ヶ岳と富士山、何が違うと言うと、やはりその行程の長さが一番に挙げられる。

富士山は最短の富士宮ルートを選択すれば、標準タイムは登り6時間下り4時間である。
頑張れば日帰りで登れる。

一方槍ヶ岳は、その中腹の槍沢ロッジというところに辿り着くまでに5時間かかる。
そこで一泊し、次の日に山頂にアタック。
無事登頂できたらまた槍沢に戻ってきて一泊。
さらに次の日に帰る…




エベレスト登頂の三浦さんみたいな健脚の人は日帰りでやってしまうのだろうが、一般的にはこのような3日の日程になる。

3日となると、一気に登山のレベルは上がる。


特にロッジ泊でなくテント泊を選択すると、荷物の量が一気に増える。
(ロッジ泊は雑魚寝にも関わらずいいお金をとられる)

テント、マット、寝袋、ペグ…

食料や衣服や下着も三日分持っていかねばならない。

総重量は富士山の時の倍以上となり、同じ距離でもシンドさは違う。


おいそれとピクニック気分では入りこめない領域と言えるのだ。

その領域にピクニック気分で乗り込んだ4人。


特に他の3人の倹約っぷりは凄い。
(黄門で儲かってるくせに!)

今回の焦点は、いかに安く登山グッズを買い揃えるか…を競ってた部分があった。
ヤフオクなどを駆使して、2500円の寝袋、テントは1800円で購入。

タコさんのカッパは、ワークマンで買った業務用の作業着だw(2000円)

肝心のザックも怪しいシロモノで、こんな装備でどこまでやれるかわかったもんじゃない。
今思うと怖いもの知らず…としか言いようがない。

他の人が持ってない、安くて便利なモノを持ってるとヒーローになれる。
今回の登山はそんな答え合わせ的なノリがあった。

ZEROだけは、これからもハマる予感はあったので、登山専門店のオヤジに言われるがまま、高い寝袋(43000円)やテント(46000円)を買い揃えていた。


そんなクレイジーな一行は、上高地に到着。
ここからは専用のタクシーで登山口までいかないといけない。


雨の中、荷物をまとめ、いよいよ命を賭けた答え合わせがはじまった。


9時過ぎ、タクシーで登山口である「かっぱ橋」に到着。
ここは観光地としても有名で、週末は人でごった返している。

あの自殺サイトの人も最後にここに足を運んでいたのが感慨深い。
山を見て何を感じたのだろう。。

多少雨が降ってるものの、山と木の緑と、済んだ川による景色はまさに絶景で、テンションが上がる。
富士登山の興奮冷めやらないZERO。

はやる気持ちを抑え、入山届を提出し、元気よく出発する。


登山口…
とは言ってもしばらくは平坦な道が続く。

まだここらへんは、我々みたいに重苦しい荷物を背負ってる人は一部で、基本はのんびりとハイキングやキャンプに来てる人が多い。

2014y08m14d_173105734.jpg
(当時のガラケーで撮った実際の写真)

このような林の中をひたすら歩く。

常に川が横にあり、そのせせらぎが聞こえる。
緑が多く、景色に変化があって、歩いていても楽しい。

雨も小雨で、林の中では心地いいくらいで、ほとんど気にならなかった。

めっちゃキレイで楽しいし、イケそうじゃん。

富士山は緑が全くなく、常に岩肌をみながらの苦しい登山だったので、余計にそう思えたのかもしれない。



こうして1時間ほど談笑しながら歩き、「明神池」に到着。
ここの景色が素晴らしかった。

2014y08m14d_173823667.jpg

ガラケーの画像じゃ伝わらない上、言葉でもうまく説明できないけどwとにかく「幻想的」だった。

2014y08m14d_173826808.jpg

ここまでは本当に平坦だし、景色を楽しみながらの1時間で到着する。

登山はちょっと…
という方にも、ハイキング感覚で上高地の素晴らしさを実感できるので超おススメ。

とくに機械に囲まれてる毎日を過ごしてるアナタは、心身ともにリフレッシュできると思う。

上高地⇔かっぱ橋⇔明神池

家族でも、デートコースでもどうぞ!


さて一行は「明神池」を出発し、次の「徳沢」を目指す。


こうやって1時間ごとに、駅のようにキャンプ場があり、水も補給できたり、売店もあるのでありがたい。

とは言え、降りしきる雨。
荷物や衣類、靴などに水分が貯まっていき、知らず知らずのうちに体力は奪われていく…

「徳沢」に到着する頃にはいい感じに疲れていたので、ご飯となった。

ここぞとばかりに「サトウのごはん」を取り出すも…

鍋に入らない!(>_<)


重くてかさばる上、3つも持ってきたのでショックは計り知れなかったw

仕方なくラーメンを作り、チョコで糖分を補給し、出発した。


次なる目標地点は「横尾」

少しアップダウンするようになってきたけど、川の横を行くのは同じで、時に滝や池があったり、橋を渡ったり、変化の富んだ、本当に素晴らしい景色の連続だった。



雨脚が強くなってきた事には誰も気づかないフリをしていた。。。


続き⇒槍ヶ岳登山編③

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

 

焼きそば先生の人気に嫉妬ですねw
登山のテントは一人一つ持ってくものなんですか?
  • posted by ミスター山形 
  • URL 
  • 2014.08/14 19:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>山形さん

基本的には1人1つですね。

大きいテント1つを手分けして持っていくスタイルもあるみたいですが、男4人が1つのテントの中で寝る…というのはイヤです(>_<)
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2014.08/15 02:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
23位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向