MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

押忍!番長3【魂の一機種】


何やら大きな台風がきてるみたいですね。
沖縄では「警報」より上のランクの「特別警報」が発令されました。

多分「警報」ごときじゃみんな警戒してくれなくなったから、よりグレードの高い警報を作ったんでしょうな。
これがショボかったら、また警戒してくれなくなるので、「アンリミテッド特別警報」みたいに、さらに上のグレードを作らなくてはいけません。

そうなるとまたややこしくなるので、今回のは本当に凄いんでしょう。
伊勢湾台風並みとか。

ってか、何十年に一度の災害が、変わりばんこで毎年襲い掛かってきてるような気がするのですが…w

ま、ショボいに越したことはありませんが、地震と違ってタイミングがわかるだけありがたい。
風速70m超えるとかなんとか言ってます。

備えあれば憂いなし。

備えてなければ家なりホールなりに閉じこもって危機回避できるといいですね。



それでは本題。↓


魂の一機種!

とはいえ、実はそこまで魂が込もってるわけではありません。


初回が「new島唄」だったんですが、それを超える機種を考えた時に…
思いつかなかったんですよね。

初回で絶頂を迎えるとか、そーろーかよ!って話。
MAXBETの風俗編を読めよって話。参考記事→賭博黙示録ZERO~風俗編①

それで企画倒れになってはアレなので、なんかないかな…とは考えていたのですが…


そう!

新しい番長が発表されました!

その名も

「押忍!サラリーマン番長」

c092504c.png

金太郎的な人とのコラボかと思ったけど、違ってよかった。

PVのあるページ↓

【新台】パチスロ「押忍!サラリーマン番長」の新PVが公開!BB3種類、AT3種類搭載!頂RUSH、絶頂RUSH、超番長BBなどが前作より継承されている模様!演出は2Dと3Dの混合か!?

PVをそのまま張りつけてもよかったんだけど、著作権がどうたら書いてあるから怖いや。


これによると、轟高校を卒業した轟金剛が、父が社長の轟商事を舞台に暴れまわる…という内容みたいですね。
新しいキャラもたくさんいる様子。


ごめん…!
PVだけみても、全くどんなゲーム性か想像つかないし、ぽんちゃんみたいに妄想力ないし、そもそもあんまり新台に興味がない勢力なので…(蒼天もまだ打ってないくらい)

未来はおいといて、回れ右、過去を振り返ろうと…
そんなエントリーです。





2005年に登場した、初代番長
これは完成度が本当に高かった。

シェイクの亜種…みたいな感じで、軽いノリで作った吉宗が空前のヒット。
そこで大都技研の人達は思った筈だ…

(こいつら…適当にシャッター開け閉めしとけば、喜ぶんでね?)


し…失礼な!

その通りであるw


吉宗は、液晶の表面を、本物のシャッターが動くという斬新な演出(役物が乱舞する今となっては地味だが)と、丸っこくてかわいいキャラクター、その可愛さの裏に秘めた一撃性能が受け、大ヒットしたのである。

特に頭の悪そうなキャバ嬢が、読みの悪いサンドに金突っ込んでた記憶がある。

個人的にはパチスロ台が歌うってのが初体験だったので、衝撃的だった。
有名な姫BIGの「そこにあるかも知れない…」が人気を博し、同曲を含んだ「ヨシムネサウンドトラック」は異例の30万枚を売り上げるほどの大ヒットとなった。

コンビニでも良く流れてたね。
社会現象…というか、当時のバブルを象徴するかのような一台だったように思う。


そこで続編の番長である。

先ほど書いたが、吉宗は軽いノリというか、粗削りな部分があった。
演出も多いわけではないし、天井は1920で天国のゾーンが192。
今となっては長すぎて反吐が出るでしょう?w

(ただし音は素晴らしかった。爺BIGのキーン!はもちろんの事、剣豪とジュバジュバ斬り合う音、ザザザッと忍者が走り抜ける音…そこらへんは他の機種と一線を画してた)

その気持ちいいサウンドをそのままに遊びやすくしたのが番長だった。

天井も1280とマイルド(当時としてはねw)になり、天国も128Gまで。
その代償としてBIGは400枚と減少した。

演出は練り込まれ、なんと販売台数は吉宗を超え、4号機最後の名機の名を欲しいままにした。


ただ、いろんな都合でZEROはあまり打つ機会がなかった。

まず、その機械割の低さ。
諸説いろいろあるが、110%は間違いなく切るという話だった。

さらに設定判別が難しい。
たしか天国移行率に差があるとかだったけど、はっきりいって一日単位では何もわからない…みたいな感じだったと記憶してる。

波は荒いけど6は108%前後…
そして設定はわかりにくい。

さすがにこれでは手が出ない。


それでも楽しそうなので、一応天井狙いなんぞをしていたが、ゲーム数解除は天国移行率が低く設定されており、天井恩恵もないため、800とかでもそこまで美味しくなかった。

当時はギリギリ残っていた初代北斗を打ったり、初代主役は銭形キンパル、それこそnew島唄なんかのハイエナをしていた。

そしてそれらの4号機が一斉に撤去されたのが2007年の事。。


それから4年の月日を経て登場したのが押忍!番長2
今でも現役機種のホールもあるよね。

ん…?
むしろ置いてないホールのが珍しいか?

そう考えるとあれか…
北斗~世紀末との争いに3年の月日をかけて勝った…とも言えるか。
(たしか北斗のが後だったよね)

初代番長吉宗に勝ち、二代目はホールの帝王、北斗にも勝った…
って思うと感慨深いものがある。

たしかに、それくらい二代目の完成度は高い。
バリンだのジャキンだの、気持ちのいい「音」はそのままに、モード管理による疑似ボーナスと、ATの素晴らしき融合。

AT入った時のワクワク感は、他の機種の追随を許さない。

ボーナスを引けば爆裂トリガーの絶頂ラッシュに期待が持てる。
レア役をひけばコンスタントに乗せる。
まだまだぁ!や引き戻しもある。

終わる気しねぇ!
すぐ終わるのにwこう思わせるのは凄い。

そしてプレミア役の超番長ボーナス。
リールが逆回転しだしたのってこれが最初じゃない?w


そうか、あの興奮からもう3年か…
3年になるって事は、もうすぐ検定切れである事を意味し、今残ってる二代目は三代目に変わってしまうんだね。


見切り発車だったけど、この機会に番長に関する記事を書いて良かったかもしれない。

打ってく間にやたら200・400台での煽りが多い事に気付き、ゾーン狙えるんじゃね?
と思って検索したら、すでに大量実戦で動いてる人がいた。。
それがまちゃさんだった。

その後は200後半にうまみがない事がわかったり、前兆演出(フェイク含む)の精査、そして操ビッグのグローブでヤメ時を短縮できたりして、エナの精度が上がっていった。

長いだけあって、5号機の中で一番打ち込んだ機種かもしれない。
知れば知るほど勝ちにつながっていく感覚も久しぶりだったし、何よりそんなスロットが楽しかった。

自然と三代目にも期待が高まってしまう。
新台に興味がない勢としても、チラチラ見てしまう日がきそうである。


面白そうだったら…

大都技研の株、買占めじゃぁああああ!


え?上場してない?
はい、さーせん。


ちゃんちゃん。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
25位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向