MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

様々な投資②【投資】

ZEROがパチンコ打ってて、唯一声が出る時…


それは…
保留3止めしてた筈なのに、3つくらいオーバー入賞した時w

あるよねー

「うおおおっ!」

って言ってまう。

それでは今夜もお勉強。

お勉強の前に最近の投資事情。

まずはドル/円

2014y06m09d_234420855.jpg

相変わらずの動かなすぎ。
焦れまくりw

しかし直近は僕らの200日線にサポートされ、下値を切り上げて上昇トレンドに入りそうな気配に見えなくもない。
ファンダメンタル的にも、目先なんの不安もなく、むしろ好材料ばかりで、ダウ絶好調、日本株そこそこ好調となれば一旦は105円を抜けてもおかしくないと思うのだが…買持ち続行。

こう長い時間同じレンジにいると、上にも下にもストップロスが(時間の経過と共に)溜まっていくので、抜ける時の勢いは強いと思う。


ついで日本株。
平和ティアを削り、身が軽くなったところで、本日ウチヤマホールディングスを買い増し。

新しい銘柄を探そうとも思ったけど、保有してる中でも業績が順調に伸びていて、割安で放置されてる当社に集中投資。
今期もカラオケ10店舗・介護施設5店舗の新設が予定されており、九州にてドミナント戦略で足固め→全国展開…とビジョンも明確なので楽しみ。
メインである介護業界は今後需要も伸びるしね。

こう…スマホにおける、思考を必要としないゲームが増えてる現状をみると、今までよりさらに要介護者が増えるような気がする。

ZEROの認知症防止策としては、MAXBETかな。
パチンコ打ちながらもブログの構想を常に考えてるから、頭使ってると思うんだけどなぁ。

たまには本物の牌を触って指先を動かさないといけないかな。

よーし柴田に繰り出してパイを触ってくるか!
(柴田=愛知の歓楽街)

しばらくはウチヤマ中心の投資生活になりそう。
といっても、たまにHPをチェックするだけで基本放置なのだけどw



それでは長くなりました。
本日のお勉強は

投資信託(ファンド)

・投資信託って何?

投資信託とは、まず、投資家から資金を集めます。
そしてファンドマネージャーとよばれる運用の専門家が株式や、昨日解説した債券などに分散して投資します。
そしてそして、その運用による利益が投資家の投資額に応じて分配されるシステムが、投資信託なのです。

・メリット

メリットとして、まずその安さがあげられます。
ほとんどの商品が1万円単位で購入できます。
1万円で複数の株式・債券に分散投資できるわけですから、これは個人の投資ではできないメリットと言えます。

そしてその運用がプロによる運用なので、忙しい人や、自分の判断に自信のない人には合ってるかもしれません。

また、現在は月に一回分配金がもらえる投資信託が人気です。


まとめると
「投資は難しそうだけど、お金は余ってるので誰かうまい事アレしてほしい…」
なんて老人には、月に一回の分配金を楽しみに投資信託を買い付ける…というのはありかもしれませんね。


・デメリット

…きたぜ、反撃のターンが。。
というのもZEROは投資信託には反対なのです。

先ほどのメリットから潰していきましょうか…クックックッ…

まず安さですが、最近の株式は随分と安くなりました。
例えば去年の今頃はパズドラのガンホーが、いろんな意味で注目を集めてました。
しかし買うには最低100万円必要であり、敷居が高かった覚えがあります。

それが、なるべく買い易いように…という緩い規制が入り、多くの株式が分割をしました。
結果、ほとんどの株が5万~20万くらいで買えるようになったのです。

ガンホーも今は7万円から買えますね。

つまり安さ…というメリットはほとんどありません。
そりゃ1万円しかない…と言われたら、投資信託しかないかもしれませんが、そういう人は株式の勉強をしながらも、もう少し資金を貯めた方が良いでしょう。
最低でも50万円、できれば100万円くらいから始める事をおススメします。

100万円あれば、投資信託でなくても、ある程度の分散はできます。

何に投資すればいいか悩むかと思いますが、投資信託は4000以上の商品から選択しないといけない事を考えると、優良株を選ぶ事に注力した方がマシ…とも考えられます。

そして運用のプロ…と申しましたが、以前にも話した通り、運用にはいろいろ制約があり、市場より大きく勝てる見込みは小さいです。
ZEROのおススメの小型割安成長株なんて出来高の都合で買う事ができません。
市場が暴落したら、元本割れの危険も十分にあります。

そして何より手数料が高いです。
販売手数料やら信託報酬やら払わされ、運よく利益が出ても半分くらい持ってかれる事はザラです。

これは最近のネット証券の株式手数料が安くなってるので、ますます差を感じる事でしょう。

総括すると、「ミドルリスクローリターン」といったところでしょうか。


そしてZEROが一番声を大にして言いたいデメリットは…

何一つ、自分の経験にならない事ですね。
自分で考えて売買した経験は、例え失敗しても、そこから何か得るものがあります。

投資信託で失敗したら、人のせいにして終わりです。
一歩も成長する事ができません。


正直なんでこんなに投資信託が流行ってるのか、理解できません。

分配金といっても、元本から払われてるだけであって、本当に信用のおける投資信託なら、そのまま運用して複利効果を活かしてほしい…とも考えられます。

(これは企業における配当金…にも同じことが言えます。配当とはいえ、税金もかかるし、どうせなら設備投資など業績が上がる事に使って株価を上げてほしい…と個人的には思います)


本にはたくさんの投資信託の宣伝で溢れてます。
(特に直近でよい成績を収めてる商品が並びます)
定年退職すれば銀行が投資信託を勧めてきます。

いかにも確実に儲かるような雰囲気を出して、デメリットに関しては一切説明がありません。

資産運用…という人生における大事なモノを、他人に丸投げしていいのか、という問題なのです。


MAXBETでは、小額でも自分で投資する事をお勧めします。
「成長」という何よりの付加価値を得られますからね。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
25位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向