MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

ローリスク・ハイリターンな株なんてあるの?【投資】

素っ裸でキーボードを叩いております!

聞いてない?


しってる


後ろにおる毛皮に包まれた生物がしんどそうw



では本題↓



昨夜はリスクに関するお話でしたが、自分でコントロールするリスクの他にも、株式銘柄によってもリスク、リターンは存在すると思ってます。
あくまでも自分が感じる分類ですが、ここで紹介します。


① ローリスク・ローリターン

高配当で、あまり株価の変動しない株がこれにあたります。
銀行株なんかがそうですかね。

中でもPERが低く、地味でも成長してるところを選べば、(長い目で)大きな下落の可能性も最小限に抑えられるかも。
(銀行株はもともとPERが低め、そして自己資本比率が少ないので注意)

銀行にお金を預けるくらいなら、銀行の株を買え、とはよく言ったものです。


② ハイリスク・ハイリターン

バイオ・IT企業・ゲーム会社…なんかがこれにあたります。
動きがとても激しく、一日の中でストップ高からストップ安まで動く事も。

ただ、これはZEROがバイオも企業もゲームの事も知らないから、ハイリスクなだけで、その業界に詳しく、一般の投資家に知れ渡る前に仕入れれる情報網をお持ちの方ならチャンスとも言えるわけです。

わからない業種…というだけで、ハイリスクになるんですね。


③ ハイリスク・ローリターン

既に成熟している大型企業で、上値が望めなく、景気に左右されやすい株を指します。
暴落のリスクだけ背負わされて、あんまりいい事ありません。
景気の振り子を読める人だけ購入をおススメします。


④ ローリスク・ハイリターン

そんな都合のいい株があるのか…と思いますが、やはり割安・成長株がこれにあたるかと思います。
この一年でたくさんの株をみたり、保有したりしてきましたが、割安株をみてみると、やっぱり下落は限定的で、良いニュースがあると爆発力があるように感じます。
そしてその中でも成長株を選べば、自然と良いニュースの割合が増えるのでウハウハ…という事になるのです。


とはいえ、成長を見守るにはたくさんの時間を必要とするケースも多いし、市場全体が暴落してたら、どんな株も下がるので完全なるローリスクではありませんが…。

それでも株式市場でリスクをできるだけ小さくし、大きく勝つ方法の一つである事は間違いありません。


ここで私の失敗トレードを紹介します。

以前、消費税増税に伴って、サンドを替えないといけない読みからダイコク電機を保有してたことがありました。
PERも割安でしたしね。

1900くらいで買ったものの、上下する度に不安に襲われてました。

結局2200くらいで手放してしまい、その後2500を超えましたが、今チャートをみてみると

2014y06m02d_230229883.jpg

1500まで下落。

ずっと持ってたかと思うとゾッとします。

私がしなければいけなかった事は、IR担当に電話で質問する事でした。
IRとは、投資家に向けた企業情報の事であり、会社には必ずIR担当がいて、質問を受け付けてるのです。
(もちろん公平性の観点から、答えられる情報は限られてる)

どれくらいのホールが消費税に対応してきそうなのか、そしてサンドを替えるのならダイコク電機が対応するのか。
また、ホールに直接聞くのもアリでしたね。

明確な回答は得られなくても、イケそうなのか、雰囲気は掴めそうです。


結局蓋を開けてみれば、ほとんどのホールがそのまま。
もしくは換金率を下げる事で対応してきました。

一部のホールは1000円で買える玉やメダルを削ったそうですが、それにダイコク電機が絡んでるかもわかりません。


大事な虎の子のお金を預ける以上、最低限それくらいの勝算を見積もるべきでした。
パチンコ業界そのものが斜陽産業ですしね。


もう一つの失敗トレード。

自分の通っていたマンガ喫茶が潰れ、代わりに入ったのが自転車屋のあさひでした。
調べてみると、業績はよく、各種指標も優秀。
その時350店舗だったんですが、500店舗を目指すとハッキリ書いてありました。
さらに中国にも進出してます。

ただしPER16%…とそれなりだったんですよね。

しかし待てよ、自転車大国の中国で成功したら…ゴクリ…



しかも証券コードが3333と縁起が良かったのでw株価1662で買い、すぐに1800近くまでいきました。
しかし…その後は買値を下回り、ほとんど動きません。

怖くなってきて、直接あさひの店舗に行ったら、土曜の夕方だというのにお客さんはZEROでしたw
結局1500くらいで損切りしたのかな。

今見てみると…

2014y06m02d_230322425.jpg


1400…伸び悩んでますね。
今、ダブルボトムをつけて抜け出すか…ってとこです。

やはり私がすべきだったのは、中国進出がうまくいってるのか…を知る事。
実際何年も前に店舗は出してるのに、後が続いてません。

これも電話するなりして調べるべきでした。

会社予想より下回るものの、ジリジリと確実に成長はしてます。
そして株価が下落した為、PERも14倍程度までは下がってきてます。

もう少し割安になり、さらに出店余地、中国進出、などを調べた後に、勝算があるなら買う価値はありそうですね。


やはり、割安だけ、成長だけ、〇〇で業績あがるかも…だけ、では、うまくいく事は少ないです。

と、いうより、買った後に上がっても下がっても不安になるんですよね。

以前も言いましたが、買う前に下がった時の自分の心の動きをイメージしてみて、強い気持ちで保有できる銘柄でないと買うべきでないんだな…と勉強になりました。



成功した人の話よりも、失敗した人の話のが学ぶ事多いってどっかに書いてありましたよ!
よかったねみんな!



にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
20位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向