MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

スロッターのための株式講座~チャート編⑥

ちょっと前に。。

0.jpg

「だてめがねくん。
スロプロは
スロットのプロである前に
体調管理のプロでないといけないっ」


みたいな講釈を垂れたばっかりな気がするんですが…


風邪をツモリました!

はぅ。。

前兆は人それぞれだと思うけど、ZEROは口内炎ができたり、持病の耳が痛くなったりするんよね。

そのCZ中
毛布を掛けずに寝る。
夜更かしをする。
空調で体が冷える。


などの特定小役を引くと、ツモっちゃうよねー。
もう十連勤とかやめよ…


それでは、↓に畳んで、チャート編のまとめを。


①で強いローソク足の形を。
②でそのローソク足の組み合わせを。
③でトレンドの定義や働きを。
④と⑤で、移動平均線でそのトレンドやトレンドの変換、強さを見極めたり、サポートやレジスタンスになる…

と、解説しました。

ただ、これら一つ一つじゃあまりに無力なんです。
ZEROの好きな毛抜き底が出た!→買い!では、満足いく結果を得る事ができないでしょう。

昨日、ファンダメンタルの中長期投資でも、業績が良い→買い! 割安→買い!では、二次元投資であり、勝つ事は難しい。
なんて偉い人が言ってた、と書きました。

それと同じで、テクニカルの短期・スイングでも、複数の条件が重なった時だけを狙って売買した方が、より勝率も高まり、利益に結びつくのです。

複数の指標を使い、売買する事を「コンビネーションセットアップ」と言います。

ZEROが一番最初に勉強し、取り組んだのがこれでした。
当時のノートを見てみると、何をやってる会社かも知らずに買ってますねw



稼働中に、とにかくチャートをたくさんみて、条件に合う銘柄を探しました。

帰って、上みたくノートにまとめ、エントリーポイントやロスカットポイントを決めて、わくわくしながら注文を出したものです。
(ちなみに最初は指値・逆指値の意味も理解できておらず、誤発注まみれの酷いものでしたよwでもこうやって覚えていくもんだとも思います)


今はやってませんが、多くの指標や言葉を知ったおかげで、投資家やアナリストが言ってる事がスッと理解できるようになりましたし、実際安定して勝てました
(練習の為、最低単元購入だったので、利益はしれてます)

ただ、半月でやめちゃったんですよね。
手応えはあったのですが、サンプルとしては足りないので信憑性はまだ怪しいかも。
32のトレードで、勝率は62%、損失より利益の方を多くしてこれですから優秀だと思います。

経験を重ねる事により、精度ももっとあがっていくと思います。

何故やめたかというと、黙示録に書いた通り、魔のシストレに流れちゃったんですよね。

いくら安定して勝てると言っても、一日に100以上のチャートを見ては探し、帰ってからさらに吟味してエントリー…というのは、なかなか骨が折れます。
稼働も休みがちになりました。

そういう経緯もあって楽な方に流れていったんだと思います。


以降、シストレで痛い目に合い、「コンビネーションセットアップ」によるスイングトレードは、パチ・スロが食えなくなった時の選択肢の一つとして残しておこう…みたいな位置づけになり、現在に至ります。

おそらく、探せば希望のチャートの形をした銘柄を抽出してくれるサイトがあるかもしれないし、メカに強い人なら自分でそういうシステムを作ってしまえるかもしれませんね。(メカってw)


最後に、その「コンビネーションセットアップ」の実例を紹介して終わりにしたいと思います。



一年前の日足を出せるサイトがなかったので、また華麗な絵を書いてしまった…
これはちょうど一年前のアクリーティブという銘柄の日足チャートです。

途中までのローソク足は脳内で保管しといて下さい。。

① 上から短期・中期・長期と移動平均線がキレイに並んでおり、そして右肩上がり(=理想的な上昇トレンド)
② 直近の高値より、三日以上経っており(二日以下だとNG)
③ この上昇トレンド中、一度も割れてない20日移動平均線(青)の上で「毛抜き底」(かわいい)を形成!
④ ストキャスティック・MACD・RSIなどの各種指標も買いサインで後押し!(興味あれば調べて下さい!)


押し目買い一つするにも、これくらい揃って、はじめて買う事を決めてました。

本日の終値はEとLの間ですね。
本日の高値であるEのラインをエントリーポイントとして設定し、逆指値注文を入れる(そこまであがらなければ買わない)
約定(やくじょう=注文が通り、買えた事)したら、「毛抜き底」の気持ち下に(Lのライン)ロスカットポイントとして設定し、逆指値注文を入れとく。
ターゲットポイントとして、直近の高値あたりに設定し(Tのライン)指値注文を入れておく。

こんな感じです。
EとL間よりEとT間を長く設定する事により、勝率50%以上を目指せばプラスになる…という仕組みでした。

こうやって、短期売買みたいに即座に判断を迫られる事なく熟慮でき、それでいてコンスタントな結果を残せるのがスイングトレードのよいところです。

あくまでも、いくつもある投資法のうちの一つとして、参考にしていただけたら幸いです。


にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

 

更新お疲れ様ですm(_ _)m

先日、楽天銀行開設に伴いZEROさんが以前紹介していた楽天証券の口座開設したんでモチベーション上がってる中でのこの記事なんで参考にさせてもらいますー^ - ^
  • posted by オースチン 
  • URL 
  • 2014.05/23 00:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>オースチンさん

激励の言葉、ありがとうございます。
私もオースチンさんの動画をみて学んでおります。

同じ価値観を持つ仲間が近くにいて、一緒に投資してらっしゃるので羨ましく見ております。

楽天証券はスマホのマーケットスピードと、スクリーニングが便利ですね。
また、私はまだそこまで余裕がありませんが、海外株式も充実してるそうです。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2014.05/23 00:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
23位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向