MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

賭博黙示録ZERO スロット編①

思い出補正。

あの時代は良かったーって良く聞くよね。
実際その時代を過ごしていた時って、最高の時代だなーなんて感じてない。

勝ってる人はこんな時代でもしっかり勝ってるし、負けてる人はそんな時代でも負けてる。
終わった時代を望んでも仕方ない。
今をしっかり生きよう。
取り敢えず明日しっかり起きようw

それにしても
『コナミワイワイワールド』
昔はもっとワクワクしてやってたんだけどなぁ。
これも思い出補正だったんだなーと実感。

それではスロット編の開幕でーす!



雀荘A店で、福利厚生はないものの社員として責任ある立場として麻雀と過ごしていた日々。
心を殺してプロになるまで強くなった引き換えに、徐々に麻雀熱が冷めていくのを感じた。

卓についても
あの客とあの客は仲が悪いからなるべく一緒にならないよう卓組みしないといけないな、
とか
新しく入ったあのバイト、はやくあのお客さんの空のグラス下げろよー
とか
卓内よりも卓外の事が気になるようになっていった。

麻雀に仕事を感じだしたら、冷めるのは早かった。

また、交代制で回ってくる(深夜から朝方まで働く)夜番が、どうも体調を狂わせた。
人間の体ってしっかり太陽と共に連動しており、朝家に帰ってカーテンを閉めて寝ようとしても、なかなか寝付けない。

結局寝不足のまま夜番を迎えるという悪循環だった。

そんな仕事明けの朝方、ボーっとしてるZEROに見兼ねたのか、バイトのSが言った。
「今日熱いイベントあるから、一緒にスロット打ちにいかない?」

----これがきっかけだった。


何やら毎週金曜日は各機種に数台「爆裂予想台」なる札台があり、それに座れば設定6だよー、との事だった。
今となっては信じられない話だが、本当に6だった。

熱いイベントの意味も設定6の意味も何もかもわからなかったが、どうせ寝れないし…と気晴らしに付いていった。

自分は競争率が低く確実にゲットできるピンクパンサー(山佐)を勧められるがままに座った。

今調べてみたら設定6のペイアウトは106.6%。
小役狙い(当時はスロマガ派はKKK打法、ガイド派はDDT打法と呼んでいた)すると、小役低確率状態で当たり(減算値によって高⇔低を行き来する)ビッグでリセットされる…を繰り返すので、割を少し押し上げる事ができた。

それプラスリプレイ外しをしても110%前後といったところか。
七枚交換という事を考えると、9000回して日当3万中盤くらい。
さすが思い出補正、たしかに言う程ウハウハではないな。
もちろん今あったら喜んで座るけど!

当時は規制で県内は7枚交換で統一されてたので、ちょい打ちの一般客は勝ちようがなかった。
店もお客さんにどうしても勝ってほしくて具現化したのがこの札台だったのかな、と思う。



話を戻して、初のパチスロに触れるZERO。
隣と共用のサンドからコインを借り、見よう見真似で打ってみる。
F1のテーマ曲「TRUTH」をバックに、店長のマイクパフォーマンスがこだまする。


当時のパチスロはもちろん液晶やバックライト演出なんてなく、全てがリーチ目でボーナス成立を察知するAタイプだった。
チェリー付き対角ボーナス絵柄とか出てたのだろう、近くでクランキーコンドル(ユニバ)の札台を打ちながら気にかけてくれたSが
「それ、入ってるよ」
って教えてくれた。

軽く仕組みは聞いてたので、狙えば揃う状態なんだな、と理解した。

もちろんビッグかバケかの告知すらない。
一周のタイミングを体を前後に揺らしながら取り、5プレイくらいロスした後、赤色で見易かった7を揃えた。

自力で揃えたった!
という最初の達成感は、どのスロッターも覚えてるだろう。

1000円キックだった。
適当な消化でジャラジャラとコインを吐き出し続ける。

これがいくらになるかわからないが、350枚のコインをゲットした。

それからは新しいおもちゃを与えられた子供のように、一日ピンクパンサーに没頭していった。
一周のタイミングを覚え、チェリーを毎回狙う。
同じとこを狙えば、リーチ目のパターンも限られる。

チェリー付のリーチ目が出る前にフラグを察知し、迅速に7かバーを揃える。
上達が実感できて、言いようのない充実感があった。

そしてリーチ目が出る瞬間の、刹那の快感に魅了された。

出勤時刻が近づいた21時頃、ZEROの頭上には3000枚ほどのコインがあった。

約4万円のプラス。
Sに礼を言い、興奮したままA店に向かった。

それからというものの、毎週金曜日になる度にその店にいき、そのまま仕事の時間まで札台を打った。
そのうち週に一回では好奇心は満たされず、他の日も打ったり、雑誌を買ったりしてスロットの世界にハマっていった。

2000年問題で世界が揺れる、1997年の事だった。


続き⇒ スロット編②
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
23位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向