MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

スロッターのための株式講座~チャート編③

こんばんは。

テレビつければでてくる鈴木奈々ですが

(またバカキャラ?めっちゃかわいいわけでもないし、流行んないよ…)

という印象で、あんまり好きではありませんでした。
が、これだけ毎回テレビで観ていると…こうなんか愛着が湧いてくるというか、かわいくみえてきますね。。

これは「行動経済学」上で言う、接触効果だったかな。


例えばZEROと劇団ひとりを、超狭くて、真っ暗な空間に閉じ込めたとします。

互いの息がかかるくらいの密接具合…

イヤな例えですな…

はじめはオエーという感じなんですが、2日…3日…と経ってくると、愛着が湧いてきて、そのうち体を求め合うようになるそうです。

吐きそうになってきた。
なんだこのオープニング…w

気を取り直して本編です。






さて、本日も早速初心者へ向けて「チャート基本的な見方」を解説していきたいと思います。

ジグザグと、不規則にローソク足が動いてるように見えるチャート。

2014y05m15d_223806645.jpg

ですが、パターンとしては三つしかありません。

「上昇トレンド」、「下降トレンド」、そして「横ばい」です。

よく聞く「トレンド」という言葉が出てきましたね。

トレンドとはそのままの意味で、流行りを指します。
買いが強いのか売りが強いのか、売買するにあたってまず上か下の方向を決める一番重要な部分です。

先ほどのチャートを三つのパターンに分類してみました。

2014y05m15d_224445065.jpg

ちょっと線が薄いのですが…;
最初横ばいで、上昇トレンド、そして下降トレンド、そして横ばい…となってるのがわかると思います。

とはいえ、例え上昇トレンドを発見しても、買った途端に反転する可能性もあるわけで、それなら関係ないじゃないか!
と感じるかと思います。

しかしこれも可能性の問題で、どちらが強いかを知り、そちらについていく事が大事です。
相場は、自分のチカラでは動かせません。
短期・中期売買においては、多くの投資家についていき、おこぼれを頂戴する…くらいの気持ちが大事です。

またトレンドをみつける事によって、自然と売買戦略も決まってくるので、やはりチャートをみたら、まずトレンドを考える…というくらい大事です。

それではトレンドの定義から説明します。

「上昇トレンドとは、高値と安値の切り上がり」
「下降トレンドとは、高値と安値の切り下がり」

です。



左半分。
ジグザグの安値と高値が切り上がってるのがわかると思います。
これが上昇トレンドです。

安値と安値、高値と高値を赤い線で結びました。
右肩上がりのトレンドになってますね。

その赤い線に降りてきたところ…
ですね。
ここで買いを入れるのが、いわゆる「上昇トレンド中の押し目買い」というやつです。

ここで買う人は損切ラインを赤線の少し下、そして利益確定ラインを前回の高値ラインである②に設定する事が多いです。
これは上昇トレンドがいつ終わるかわからなく、前回の高値で跳ね返されるケースもあるからです。

逆に、その高値を抜けた、で買い、その下を損切ライン、そしてを利益確定ラインとする投資家もいます。
の距離の目安はの距離と同じくらいに設定します。

こうしてみると、本当に薄利というか、ほんの少しの利ザヤを積み重ねてるな…という印象だと思います。

実際やってみるとわかるんですが、からまでで利益を設定すると、なかなかこんな思い描いたように行く事が少なく、をそのまま抜けたり、で跳ね返されたり、まで到達しなかったりするんです。

短期トレードで成功してる人は、このように損切ラインも利益確定ラインも短くとってる人が多いです。
まさに手数を増やして、薄利を積み重ねる…という感じですな。

話が逸れました。
トレンドでしたね。

こうしてで高値が抜けなくて一旦上昇トレンドは終了。
上昇トレンドラインを完全にブレイクして、下降トレンドになりました。

これがおおまかな流れです。


ええと、何度かこうやって線を引きましたが、線の引き方なんて投資家それぞれで、適当だったりします。
でも、その適当に引いた線が機能するから面白いのです。

例えば、またまたドヤ顔のウザ語りが始まりますがwこれは平和の日足チャートです。

2014y05m15d_233113168.jpg

25日の時点(縦線)で
「これ以上さがるイメージはない」
なんて偉そうに話してましたが、なんの事はなく、横線のラインで何度か跳ね返してるのです。

もちろん横線はZEROが適当に引いたものです。

おそらく他の投資家も意識してたラインだったんだと思います。
結果的にそこが底であり(シャレに非ず)、ジリジリ上がっていきました。

ちなみにこういう意識されてるラインを抜けたら、ドーンと落ちる事が多いです。
(買い増しする構えでした)

あと、今のドル円もそうですね。

2014y05m15d_233932819.jpg

完全に底があるかのように機能してます。
売り手のZEROとしては、ここを抜けるのが楽しみですw
(あーでも日経が暴落するから微妙かも)

数学の図形の問題も、補助線一本で簡単に解けたりします。
最初はそれを探す時と同じ感覚で、適当に何本も引く事が肝心です。

売買戦略の糸口がみつかるかもしれませんよ。


それでは今夜はこれくらいで終わります。

次回はトレンドや売買ポイントを探すにあたって一番シンプルであり、重要な、あの指標に関して解説したいと思います。
やっぱりシンプルが一番ですよね!

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
32位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向