MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

賭博黙示録ZERO 富士登山編③

あらすじ

登山編①
登山編②


山に限らず、観光地や名所に行くと、ほとんどの人がスマホ掲げて写真撮ってますよね。

ZEROはほとんど撮りません。
(今作の画像も全て拾ってきた画像です)

なぜかというと、それは心のネガに焼き付けてるからさ…。

痺れた?
ほんとはただのめんどくさがりぴょーん。


…ともあれ、こうやって記録したり日記として残してあるのも素敵だと思いませんか?
細かい時間や描写もしっかり残ってます。


そんなわけで、続きを楽しみましょう。
はじまりはじまり~



ZEROが見たものは…


先に見える、小屋のほのかな光でした。

(とりあえずあそこまで頑張って、ゆっくり休もう)

ちょっとずつの前進を繰り返し、文字通り命からがら9合目の小屋に飛び込む。

これが2時02分。


すぐ自販機で400円の缶コーヒーを買う。

最初はこの標高と物価が比例する特異な文化に戸惑ったが、運搬的な意味でも値段が高くなるのは当然だわな。

そして何より、それだけの価値がある。


その点許せないのは、愛知のパチ屋と映画館だなw

そんな事を考えつつも、周りがカレーやラーメンを超美味しそうに食べてるのが気になる。

本当は頂上で食べるのを楽しみにしていたけど、もう我慢の限界がきた。

「カレーうどん下さい」

1000円のカレーうどんをすする。
(くぅ~たまらん!あったまるわぁ)
五臓六腑にしみわたるとはまさにこの事。

ええい、ついでに1700円まで跳ね上がった金剛棒も買ったれぃ!



カイジが、地下労働施設でペリカを散財した気持ちが今ならよくわかる。




ん…でも、気力が湧いてきた!

外に出て、最後の防寒具である、上下セパレートのカッパを着込む。

冬用のジャケットとかを持ってきたかったんだけど、どうしても嵩張ってザックに入らなかったのだ。
ゆえに、カッパを防寒具と兼ねる作戦。


お!暖かい!
金剛棒もあるし、これならいけるわ!

作戦はうまくいった。


最後の力を振り絞り、9合目を出発しようとしたその時、


「ZERO」

ノッポだった。
明るい小屋の前でない限り、真っ暗で誰かもわからない中での、奇跡的な再会。

心細かっただけに嬉しかった。



Mちゃん夫婦がリタイヤした事。

もう一組のカップルも、装備をケチった彼氏が寒さと足の痛さに耐えきれずに引き返した事。

そしてなんとタコさんが高山病にかかり寝込んでる事。

経験者のボンまでもがストップしてる事。


これらを聞いた。

「俺と君以外全滅か。パチンカスに厳しいなー」

と、気楽に話すも笑えない。
明日は我が身。
自分だってボロボロだ。

気を引き締め、ここからはノッポと頂上を目指す事に。

30分以上小屋で暖まったし、気力は充実。

同じように小刻みなペースで、止まったり座ったりしながら進む。


酸素缶。
こんなんはじめは気休めかと思った。

これが効く効く。
血液に乗って全身に酸素が行き渡ってるのが実感できるのだ。


ま、3歩歩いたらすぐ息が上がるんだけどねw



…そしていよいよ小屋が見えてきたー!
9合目の次という事は…?


「9合5尺」


…これは詐欺だろー!w

いや、登山者のヘッドライトが延々とまだ上に続いてたから、頂上じゃないって事は薄々わかっていたけどサ。。

元祖7合とここは、心が折られまっせ。


それでも後ちょっとという事には変わりないので、歩き出す。

ここから登山道が急激に狭くなり、渋滞が続く。

「んだよーもう!」

と言いながらも、ノッポに心身ともにボロボロになってる事を悟られずに、自然に休めるので嬉しかったw
こんなとこでなに見栄張ってるんだよって感じよね。

これがホント程よいペースで、「後600メートル」という看板を見てからは、一度も座らずに歩き切り、鳥居をくぐり、念願の登頂達成!

4時00分。

すぐに座り込み、感慨に耽ってると
「ZERO、あっちいこう」

(くそ、コイツ余裕ありやがるな…)
と思いつつも

「お…おう!」
正直一歩も歩きたくなかったw


神社でお守りを買ったり、噴火口を見に行ったり、景色をデジカメで撮りまくったり、元気なノッポ

俺はもういいやって感じだった。
噴火口は迫力あったけど。

024.jpg

なんか空気が薄すぎて、何もしてないのに苦しい感じ。
あんなとこ生物がいっちゃあかんぞw


本来なら「お鉢めぐり」っていって、噴火口をぐるっと回るのが通例らしい。

img_fujinomiya_map_s.jpg

高山病の予兆である、頭痛やめまいもきてたし、ギリギリだったのかもしれない。



しかしながら、頂上にはたくさんの人がいて、インスタントラーメンを作っていたり、一服してたり(嫌煙家としては許せないけどw)寝てたり、感慨に耽ってたり、みんなそれぞれ思い思いに日本の頂を堪能していた。


俺とノッポは、ご来光がよく見える位置に移動し、念願の天体ショーを待つ。


4時45分…


海が、


雲が、


赤く染まっていく…




この時が一番きれいだった。


否応なしに期待が高まる。

C9D9BBCEBBB3A4B4CDE8B8F7-a7e3c.jpg


地平線からではなく、雲の中から出てきたので、それほどでもなかったけど、やっぱり壮大で綺麗だった。

風も少なく、ラッキーだったのかもしれない。



ふいに
「バンザーイ!」

どこからか声があがる。
つられて何回か合唱になる。

感動を共有した一体感やろな。



一段落つき、下山にとりかかる。

来た道を帰るだけなんだけど、これが意外にしんどかった。


日が昇ってからは、直射日光で急に暑くなる。

そして同じく降りる人達が多いので、砂埃が舞いたつ。
登山中は下山者が極端に少ないので(深夜だからね)そんな事はなかった。

砂が、目や口に入る。

そして体重の衝撃で関節にくる。
登りと違う筋肉を使うのか、なんか異様にしんどかったわ。
10回以上転んだし。


誰もが思ってるはずだ。。


滑り台設置してくれ、と!


最後にまとめとして後一回続くね。


続き⇒ 富士登山編④
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
34位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向