FC2ブログ

MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

逆再生【麻雀】



この読み、理解できていない人も多いので解説していく。

いわゆる「鳴き読み」というやつだけど、「鳴き読み」というと、ごく一部の上級者や天才的な人がやるテクニック…というイメージが強い。
でも実際はそんなことはない。
「鳴き読み」に必須な「逆再生」は、誰にでもできる。

上の牌図を使って解説していこう。

四萬:麻雀王国四筒:麻雀王国六筒:麻雀王国九萬:麻雀王国西:麻雀王国九筒:麻雀王国
一筒:麻雀王国

裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国 ポン北:麻雀王国北:麻雀王国北横:麻雀王国 ポン七萬:麻雀王国七萬:麻雀王国七萬横:麻雀王国 ポン一索:麻雀王国一索横:麻雀王国一索:麻雀王国

この仕掛け。

一索:麻雀王国ポン→打九萬:麻雀王国

七萬:麻雀王国ポン→打九筒:麻雀王国

北:麻雀王国ポン→打一筒:麻雀王国


まずこういう仕掛けに対し、漠然と「何待ちか?」なんてことをZEROから考えるのは現実的ではない。
実戦中に全てのケースを網羅するのは無理があるからだ。

だから、こう考える。

「もし◯が当たるなら?」

打っている際に最も必要としているのは、ツモってきた(もしくは持っている)この牌が通るかどうかだ。

画像を見ると、自分の手牌に不要な白:麻雀王国が通るかどうかが気になる。

そこで「もし白:麻雀王国が当たるなら?」と逆再生して考えるのだ。
多くの鳴き読みが戦術本やブログで紹介されるようになったが、「切りたい牌を仮定して逆再生する」という根幹は同じである。

では、一番ありそうな二筒:麻雀王国白:麻雀王国のシャンポン待ちと仮定して逆再生してみよう。

二筒:麻雀王国二筒:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国

ここに、ポンした2種類の牌を足す。

二筒:麻雀王国二筒:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国七萬:麻雀王国七萬:麻雀王国

ポンして出てきた一筒:麻雀王国九筒:麻雀王国を足す。

一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国二筒:麻雀王国九筒:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国七萬:麻雀王国七萬:麻雀王国

さらにその前に切った西:麻雀王国を足す。

一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国二筒:麻雀王国九筒:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国七萬:麻雀王国七萬:麻雀王国西:麻雀王国 

ポイントは、ポンは連続であり途中で一切手出しを挟んでいないことだ。

だから、この手牌から西:麻雀王国を切ったことが確定する。
すると、おかしいことに気付く。

一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国二筒:麻雀王国九筒:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国七萬:麻雀王国七萬:麻雀王国西:麻雀王国 ポン一索:麻雀王国一索横:麻雀王国一索:麻雀王国

果たしてここから安全牌の西:麻雀王国を切って一筒:麻雀王国九筒:麻雀王国を残すだろうか?

七萬:麻雀王国より優秀なトイツを求めて残した、とも考えられなくもないが、基本は一筒:麻雀王国九筒:麻雀王国を切るだろう。

二筒:麻雀王国を何に変えて逆再生してみても、打西:麻雀王国がおかしく、これをもってシャンポン待ちはなさそう、と言える。

ではタンキ待ちはどうだろう?
同じように逆再生してみよう。

もし、白:麻雀王国がタンキ待ちで当たるなら?


(逆再生)

白:麻雀王国九索:麻雀王国九索:麻雀王国九索:麻雀王国一筒:麻雀王国九筒:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国七萬:麻雀王国七萬:麻雀王国西:麻雀王国 ポン一索:麻雀王国一索横:麻雀王国一索:麻雀王国

ここから2枚切れの打西:麻雀王国
むむっこれはありそう。

この時は白:麻雀王国が切りたかったので白:麻雀王国しか検証していない。

ではドラ表示牌の四索:麻雀王国が切りたいと仮定して、リャンメンやカンチャンに当たるかを逆再生してみる。


(逆再生)

一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国二筒:麻雀王国九筒:麻雀王国五索赤:麻雀王国六索:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国七萬:麻雀王国七萬:麻雀王国西:麻雀王国 ポン一索:麻雀王国一索横:麻雀王国一索:麻雀王国

一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国二筒:麻雀王国九筒:麻雀王国三索:麻雀王国五索赤:麻雀王国北:麻雀王国北:麻雀王国七萬:麻雀王国七萬:麻雀王国西:麻雀王国 ポン一索:麻雀王国一索横:麻雀王国一索:麻雀王国

ここから打西:麻雀王国

リャンメンはなさそう。上の画像のように五索:麻雀王国が赤なら特になさそうだ。

カンチャンはトイトイ変化狙ってあるかなってくらい。これも五索:麻雀王国が赤ならなさそう。


まとめるとこの仕掛けは

・シャボ待ちはない
・リャンメンもほとんどない
・カンチャンはたまにある

・タンキは結構ある(その場合は一筒:麻雀王国よりいい待ち)
・ノーテンもある(重要)


となる。
実戦でこれらを全部網羅するのは現実的ではない。
特に時間制限のある天鳳においては…だ。

だが切りたい牌だけを逆再生して検証するだけなら、天鳳でも十分間に合う。

何度も言うが、これは特殊技術でもなんでもない。
誰でもできる作業だし、強い人達はみんなやっている。

こういうのって、今の自分みたいにどっぷり麻雀に浸かっていないと、なかなかそこまで考えられないのよね。
打つ頻度が低いと、自分の手牌だけで精一杯になりがち。

また、相手が仕掛ける度に常に注意を払っていないと、気付くことすらできない。

逆にずっと見続けていると、四筒横:麻雀王国三筒:麻雀王国五筒:麻雀王国チー打二筒:麻雀王国五筒:麻雀王国は通りますよっていう有名なやつなんかは、もう瞬時に認識できるようになる。
ある程度パターン化できるやつも存在するわけで、そういうのは考えることなく頭に入ってくるわけだ。

その分、他の可能性を模索する余裕が生まれる。




とはいえ、鳴き読みで得られる成績上昇なんて、ほんと微々たるものだ。

なぜなら、そもそも鳴き読みができる機会が少ない。

こんなふうに連続で仕掛けたり、情報として違和感がある仕掛けって少ない。
手出し1つでノイズが大きくなってしまう。

おぼろげに安そうだなーってことがわかっても待ちが限定できることは少ない。
基本的に情報レンジは広いのだ。

また切りたい牌が鳴き読みによって通すことができるってことも少ない。
そして残念なことに例外だってある。上の例の場合、いくらシャボは否定できてもタンキには刺さるわけだ。

また相手のレベルが低かったり、たまたま惰性で打っていたら適当に西:麻雀王国を切ってしまいましたってこともあり、シャボに刺さることだってあるだろう。

仮に読みで通したことができても、必ずアガリ繋がるわけでもない。


そう考えると、労力の割にリターンがあまりにも小さい。
中級者以下の方は、他に学ぶことがもっといっぱいある。

でも、自分はその一歩を詰めたい。
読みを使って、その一牌を通すことで活路が開ける局面があることもまた事実なのだ。

毎日考えながら打っていることにより、逆再生能力も早くなってきた感触はある。

だから、これからも自分は河を血まなこになって見続ける。
しかるべき局面で、そのたった一牌を通すために。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

 

いつまでたってもコツが掴めません… ZEROさん
お薦めの書籍はありますか?
  • posted by ナナツボシ 
  • URL 
  • 2020.01/21 00:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>ナナツボシさん


書籍だと平澤さんの「デジタルに読む麻雀」が読みに特化しているので、それを読んでひたすら相手の鳴き出しをみることですね
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2020.01/21 01:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問
「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

麻雀家庭教師始めました
https://www.takumiru.com/

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
52位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

右サイドメニュー

保有銘柄動向

カウンタ

Twitter

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Amazon 商品検索