FC2ブログ

MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

ダマゼンツという選択肢【麻雀】

正月ムードに浮かれる世間を横目に、リベンジに燃える私は、ごくごく普通の麻雀記事を怒りの更新。


例えばこんな局面。

西家捨て牌

北:麻雀王国南:麻雀王国二索:麻雀王国九筒:麻雀王国一筒:麻雀王国白:麻雀王国
四索:麻雀王国六萬横:麻雀王国八萬:麻雀王国六筒:麻雀王国

南家手牌

三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬赤:麻雀王国六萬:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九索:麻雀王国 ドラ五索:麻雀王国

開局原点、タンピンドラドラテンパイ。

当然九索:麻雀王国は切るとして、リーチ打つ人がほとんどだと思う。
現物待ちでもないし、ぶっ◯ろしてやるぜってね。

三萬:麻雀王国六萬:麻雀王国を入れ替える、など、よりよい方を選択できるメリットや、ド終盤にドラなどを引いたりしたときに「オリ」という選択を持てるメリットもあるが、そんなメリットよりもマンガンをハネ満にできるメリットの方が大きいだろう。

世の中「マンガン効率」という言葉が蔓延っている。
マンガンまでは倍々なのに、そこからは2ハンで1.5倍~とかいうやつだ。

たしかにマンガンからハネ満の打点差は4000点しかない。
いや4000点はでかい。
ドラドラの手を必死こいて仕掛けてアガってもらえる点棒が3900であり、マンガンにそのオマケがついてくると思うとやはりでかいのである。

というわけで、私も上記の条件なら元気よくリーチを打つわけだが、少し条件を変えると選択も変わってくる。

例えばこれが南一局なら?
例えば西家がライバルなら?


話は変わるが、手元にある、「統計で勝つ麻雀」(著・福地誠 みーにん)によると、「東1局に1000点をアガると、平均順位は2.42になる」と書いてある。
2.42とはかなりよい数字だ。

東1局でこれだけ変わるのなら、それ以降の局での1000点の価値はもっと増すかもしれない。

1000点の価値はとても大きいのだ。

1000点といえば、そう、リー棒だ。


たとえば、南1局にこんな点棒状況だったとしよう。

東家 28000
南家 29000 (自分)
西家 21000
北家 22000


この点棒状況で西家からリーチがかかったらどうするか。
これならダマがよいだろう。
そりゃアガれたときにハネ満だったら嬉しいが、問題は放銃する世界線が選ばれたときだ。

西家の打点が3900にせよマンガンにせよ、出したリーチ棒の失点が苦しくなってしまう。
なお、ラスに厳しい天鳳の話であり、トップ取り&素点も評価されるごく普通の麻雀ならリーチでも良いと思う。

あーなんだ天鳳の話か、俺には関係ねーって思った人は想像力が足らない。
トップ取りの麻雀で、同じような思考にて「ダマゼンツ」を選択する局面はいくらでもある。

例えば…

南一局

東家 28000
南家 41000 (自分)
西家 17000
北家 14000


こんな状況で、東家からリーチが入ったとして、自分(南家)がピンフをテンパイ。
ライバルのリーチなので、ドラの数に関わらず押していきたいところだけど、やはり負けたときの世界線を考えるとダマのほうがトップ率が高まると思う。


最後に実戦より。

2020010102gm-00a9-0000-d4d605b0tw=0ts=5.jpg

ラス目・南家のリーチに対し、西家と北家はベタオリ。
親である自分も現物を切っていったら、ふいに役無しドラ3でテンパイした場面。

こんなんリーチしか無いでしょって感じだが…

2020010102gm-00a9-0000-d4d605b0tw=0ts=52.jpg

私はじっと七萬:麻雀王国を縦に置き、ダマゼンツを決めこんだ。

よく考えてみてほしい。
リーチを掛けることによる、打点上昇「以外」のメリットって、出たときにロンと言えることだけだ。

西家と北家からは出ることはかなり望み辛いだろう。
つまりリーチの効力は南家の捨て牌だけとも考えることができる。

その南家が三筒:麻雀王国待ちだったらリーチの効力は皆無というわけだ。

そして点棒状況をみてみるとリーチ者である南家はライバルであり、たとえ放銃じゃなく被ツモだったとしても、リーチ棒直撃による2000点差はあまりにでかい。
かなりの確率で存在する「アガれない世界線」に備えて、1000点を守るメリットは大きいと言えるだろう。

私がこのリーチ棒ロスの意外な大きさに気付いたのは、木原さんとやっている「Mリーグマニア倶楽部」でのことだ。




この番組で、私も一応プレゼンターを務めているが、どちらかというと視聴者の皆さん同様に、木原さんの気付きや考え方を学ぶことを楽しみにしている部分が大きい。


さて、まとめると…

・リーチ棒のロスを考え、ダマゼンツという選択肢があることも思い出そう!

とくに

・自分愚形(アガれない確率↑)
・VSライバル(着順に与える影響↑)

の際は、よりダマゼンツ寄りになることを意識しよう。



ちなみに結果は…

2020010102gm-00a9-0000-d4d605b0tw=0ts=51.jpg

ヴァー(´Д`*)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

NoTitle 

最後の例は親子逆でかつ2pが現物とかならかなりありですよねー
  • posted by イチロー 
  • URL 
  • 2020.01/01 05:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ひょっこりツモを期待しつつの流局希望でトリダマ
しかし赤が全て見えたところでリーチ!
一発消しされる心配がないのもプラスポイントです(されると海底が回って来る)
  • posted by ななし 
  • URL 
  • 2020.01/05 06:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問
「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

麻雀家庭教師始めました
https://www.takumiru.com/

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
35位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

右サイドメニュー

保有銘柄動向

カウンタ

Twitter

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Amazon 商品検索