FC2ブログ

MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

ミスとの向き合い方【麻雀】

くっそ暑いですね。

暑いといえば、ジャンサクッ事務所の近くに、「モッチャム」という生タピオカ専門店があるんですよ。
今をときめくタピオカジュースのお店です。

そこを通りがかったときの話なのですが、開店前なのに10人ぐらいの行列ができていて



凄いなーと思って見ていたら、実は、道路をまたいでさらに何十人も行列が繋がっていたという!


(ENDRESS→ENDLESS 雑な図の上にミスごめんなさいw)


開店が11時前なので、それよりちょっと前の時間帯です。
外は人間が存在してはいけない空間のように暑いんですよ。

すげーなーと、行列をしげしげと眺めていたら、なぜかジロジロと見られ返される。
並んでいるのは若い女性客がメインで、たまに男がいても必ずカップル。

(え…このおっさんも並ぶの…?)

という心の声が聞こえてきたので、いたたまれなくなり、

(おまえらっ!カエルのタマゴが入っていてもわからんやろ!日本人なら納豆を食え!納豆を!)
と、心のなかで謎の説教をしておいて、そそくさと退散しました。


というわけで、我々はクーラーの効いた部屋で、もくもくと天鳳を打ちましょう。

本日はミスとの向き合い方です。



リツミサンのこの本の影響を受けて、ミスをノートに付けるようになりました。



小さいし、自分でも汚くて読めないくらいなので、内容は拡大してまで見なくていいですw

これも「アウトプット」の一貫ですね。→参考記事 アウトプット大全【書評】


最終的には細かいミスも抽出といけないのですが、まずは誰もがわかるような大きなミスの改善から取り組みました。
大きなミスのほうが対策も練りやすいし、成績に与える影響も大きいでしょう。


時間切れで右端の牌が飛んでいった。

第一候補を右端に寄せておこう
カチカチ音が十分に聞こえるよう、音量を「50」にしよう


例えばこんな単純なことです。

しかし、これまでにこんな単純なことすらできていなかったのも事実なのです。

これまでは
「あー時間切れで飛んでいったなぁ…次からは気をつけよう」

と、反省もこの程度で済ませ、具体的な対策を考えず、結局は同じようなミスを何年も繰り返してきました。
書き出して、対策して、アウトプットすることにより、少なくともそれ以降は時間切れで飛んでいくようなことはなくなりました。

このような「単純で大きなミス」の他にも、明らかな選択をミスを書き続けていると、自分のミスする場面が大体同じであることに気づきました。
自分の場合だと

・1副露目の選択時
・親番のときに攻撃性が高くなりすぎる
・対リーチに押す時
・ベタオリ時


ここらへんにミスが集中していることがわかりました。

1つを例として挙げてみます。
このツイートを見てください。



実はこの何切るには後日談がありまして…


2019072523gm-00a9-0000-5cc264eetw=1ts=13.jpg


七筒:麻雀王国を引き入れて、最高のテンパイ!あそこで五萬:麻雀王国を切る鳳凰民がどれだけいる?

…結構いるかも知れませんがw まぁとにかくこのときの私はかなり漲ってきたんですよ。
で、リーチ判断です。よく見ると上家からリーチが入っています。

私は

2019072523gm-00a9-0000-5cc264eetw=1ts=121.jpg

喜び勇んで追っかけリーチしました。

しかし…よく見てください。
点棒状況が「上家と戦うべきではない」と語っています。

南二局で、上家はラス目ですね。
ラス目とは喧嘩しないのが定石です。

では、そもそも何故ラス目に向かっていくのが損なのでしょうか?

それは通常よりも
「ラス目のリーチを蹴る価値が低く」
「放銃したときのリスクが高い」

からです。

例えばこれが2着目である南家のリーチだったとしましょう。
その南家のリーチを蹴ることはトップを守ることに繋がり価値があります。
そして仮に放銃してもまだ2着目です。

しかし今回はラス目にツモられてもそんなに痛くはなく、逆にラス目にマンガンを放銃してしまったら、4者並びとなり、ラスも十分ありえる点棒になってしまいます。

これが「ラス目に向かっていくのが損」な理由です。


だから今回はダマテン…と、言いたいところですが、あらためて見てみるとリーチも悪くないと思います。

ドラの白:麻雀王国は全部見えており、マンガンと言われるケースも通常よりは低そう。
加えて私のツモ番はあと4回であり、手応えのある好形リーチを打っている中で、上家にマンガンを放銃する確率ってどれくらいのものでしょう。
トップを決定づけるリターンに見合っていると感じます。

リーチ選択の是非はおいといて、ミスはそこじゃないんです。
こうやってメリット・デメリットをギリギリまで考えたわけではありません。
理由としては「選択がハマって興奮したから」が7割くらい、「親だから」という理由が3割くらいでリーチボタンを押しました。


チンパンジーかよwww

私のミスとは「ろくに考えもせずリーチボタンを押したこと」です。

親の好形テンパイは超偉く、大抵はリーチで問題ありません。
ただ、麻雀だから全てがゼロ秒思考で答えを出せるわけではないので、ちゃんと例外を精査して考えるべきです。

さきほどの傾向の中で言うと
・親番の時に攻撃性が高くなる
ですね。

私は親番のときにどうもチンパンジーのように突っ込んでいくきらいがあるようです。
これを書き出したことにより、親番では今までどおり前のめりに突っ込んではいくのですが、本当に見合っているのか、を一瞬考えるようになりました。

こうやって自分がミスしやすい場面、雑になりがちな場面が知れただけでも、私にとっては大きな収穫です。

7月は、こうした改善もあって

tenhou_prof_20190726.png

なかなかの成績を上げることができました。
超短期なのでたまたまの側面がほとんどでしょうが。

天鳳位へむけて、ようやく、一歩ずつ、具体的に前進していってる感触はあります。

8月も引き続き頑張りたいと思います。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

 

鳳凰卓で2.22は凄い、やっぱり強いなあ。この前zeroさんに役満アシストしたんで、何かくださいw
  • posted by 新見 
  • URL 
  • 2019.08/01 01:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>新見さん

>2.22
ありがとうございます!100戦なので何もすごくないですよ!

>役満アシスト
アシストに関しては100%冗談なのはわかっているのですが、これでありがとうございますなどと答えると不正問題に発展しかねないのでお答えできません ごめんなさい!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2019.08/01 11:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問
「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

麻雀家庭教師始めました
https://www.takumiru.com/

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
98位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
59位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

右サイドメニュー

保有銘柄動向

カウンタ

Twitter

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Amazon 商品検索