FC2ブログ

MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

ミスと向き合う【麻雀】

はい、早起きさんのZEROです。
午前中はなるべくブログや記事…企画などのクリエイティブな作業をすることにしています。

MAXBETで「クリエイティブ」なんて単語が出てくるとは。。
そのうち私が「マインドセット」とか「イノベーション」とか言い出したらみんな逃げてね。


さてさて、最近読んだリツミサンの麻雀戦術書。




この本、かなり読み手を選ぶ本なんですよ。
というのも、書いてあることが曖昧なんですよね。
「これは鳴いた方がいいかも…難しい」
みたいに。

私は、本を書くときに編集の人から「なるべくビシっと言い切った方がいい」とアドバイスを頂きました。
「こういうときにはこれを切れ!」
こう書いた方が読むほうも納得しやすいですよね。

ちょっと極端な表現をすると
「上達させるよりも、上達した気にさせる方が重要」

もちろん私なりにすぐに役に立ちそうな戦術を厳選し、真剣に書きました。
ただ出版も商売だから、少なからずのような側面もあるわけです。

その点、リツミサンは敢えて曖昧に書くことにより、より麻雀の本質に触れているように感じます。
「あの仕掛けはわからないとわかることが重要」
なんて書いてあったりね。

てっとり早く強くなりたい!なんてワガママなあなたには向かない本かもしれません。
そういう意味で読み手を選ぶ本、と評しました。
その中で異彩を放っていたのは第3章の「メンゼン派のミスとの向き合い方」の部分。

なんでも「メンゼン派」をつけりゃいいわけじゃ…と突っ込みたくなる気持ちはおいといて、この章の内容が私に刺さりました。
(メンゼン派で統一している点が唯一の商売っ気かもしれませんね)



私の実戦譜をみていきましょう。

2019062710gm-00a9-0000-e877927btw=0ts=3.jpg

親リーの宣言牌をポンしました。
現物を切って1000点のテンパイです。

ただ、これどうみてもスルーした方が良さそうですね。
強い親リーの河に対し、一瞬で現物を3枚消費。
しかもこの親は点棒状況的に抜けており、どうしても落としたい親でもありません。
このあと、泣きながら押す展開が透けて見えます。

これだけ河が強いと、「現物を3枚保有している」という現状は西家・北家に対してもアドバンテージと言えそうです。

もちろん、私もポンした瞬間に「あ…やっちゃった」とミスに気づきました。

こうして、ミスに気付いたり、ミスを探したりして、そのミスを検証することは誰でもやっていると思います。
でも、「そのミスをどうしたら減らすことができるか」というアプローチで考えたことがある人はどれくらいいるでしょう。

私も「次から気を付けよう」程度で終わらせ、結局似たようなミスを繰り返しているのが現状です。

リツミサンの本には、「ミスの改善」に関して1章使って書いてあります。
なお「リツミサンさん」などと言ってしまう人は敬称厨。

そもそもミスはなぜ起こるんでしょうか?
その原因は「直感」です。
いわゆるゼロ秒思考です。

「直感」は非常に便利で、リソースを残しておくためにも重要なことです。
ただ、しばしば人間の直感は間違いを起こします。

上の例で言うと、東:麻雀王国は鳴こうと決めていて、東家のリーチという緊急事態に対応できず、思考を挟まずに直感で動いてしまったのがミスの原因です。
「テンパイだし」「七筒:麻雀王国良さそうだし…」などと、直感で選ぼうとしたもののメリットを探して、その直感を正当化してしまうのも人間の悪いところだそうです。


あまり具体的に書きすぎると著者に迷惑をかけてしまうのでここらへんにしておきます。


このミスの章を読んでから、ミスをノートに書きだし、改善に取り組んでいます。


すると自分で引くくらい、ミスの多さに驚いてしまいますw

2019062710gm-00a9-0000-c8d26ff4tw=3ts=8.jpg

これはオーラス、対面のリーチに手詰まった場面。
この1巡を凌げば、ラス回避達成です。あなたは何を切りますか?






2019062710gm-00a9-0000-c8d26ff4tw=3ts=81.jpg

私はノーチャンスの七筒:麻雀王国を選び、あえなく撃沈しました。

あとから牌譜を見て、同じノーチャンスなら五索:麻雀王国の方がよかったかもしれない…。
とは思いましたが、ミスの根本的な原因は何を選んだかではありません。

ハイテイが回ってくるまでに
・安全牌が尽きたこと
・各牌の切れ具合

の確認を怠っていたことにあります。

このとき、ハイテイが回ってきて、あれ完全安牌ないよな?(5秒)

七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国は…ひぃふぅみぃ…3枚ずつでダブルワンチャンスか。(5秒)

あー時間ない!もうノーチャンスの七筒:麻雀王国でいいや!

これが七筒:麻雀王国を切るまでの経緯です。

・安全牌が尽きたことの
・オリこそ真剣に

過去に何度もブログで書いてきたことです。
今の私に必要なのは、さらに読みを深めることでも新たな戦術を生み出すことでもなく、これまで培ってきたことをミスなく運営すること…なのかもしれませんね。

同じように感じている方は、是非買ってみて下さい。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

 

話の本質とはずれてしまいますが、この7ピンあたるって衝撃ですね。ノーチャンスだわ、3枚持ちだわ、9ピン3枚切れ。うわー!ってなる。ほぼ当たらない牌ですよね・・・
  • posted by 新見 
  • URL 
  • 2019.06/28 17:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>新見さん

ハイテイ前だからワンチャンスはほぼ機能しないようなもんですからねー
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2019.06/28 20:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問


「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

麻雀家庭教師始めました
https://www.takumiru.com/

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
30位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

Amazon 商品検索

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向