FC2ブログ

MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

最強戦2019 裏話


皆様、キンマwebの自戦記は読んでくれましたでしょうか?

麻雀最強戦2019
男子プレミアトーナメント「空中決戦」
【特別観戦記】“極上の残酷をありがとう”
https://kinmaweb.jp/archives/67295



東京から終電で名古屋に帰り、熱を逃さないように、そのまま朝までかけてこの自戦記を書きました。

観戦記と違い自戦記はいいですね。
打ち手がどういう思いでその場につき、何を思ってその打牌を選択したのか、自分が一番よくわかっているので、スラスラ書けるし、読む人も納得できると思います。

A卓で同卓した齋藤プロも自戦記を上げています。

麻雀最強戦2019アース製薬杯男子プレミアトーナメント 空中決戦 自戦記 (齋藤豪/gousi)note(ノート)
https://note.mu/gousi_504/n/ne94c0b0f8e2c



負けをどう受け止め、未来に活かすか…その思いがとても伝わってきます。

麻雀プロって、普及活動や営業、宣伝も大事ですけど、やはり「自分が麻雀とどのように向き合っているか」が一番の大本だと思うんですよ。
別に自戦記じゃなくてもいいんですけど、それをファンに伝えることが大切なんじゃないかなーと。

例えば朝倉プロはどんな対局でも、迷った局などの思考をピンポイントでツイートしてますよね。


と、言うわけで、自戦記に書ききれなかった最強戦裏話をいくつか… ↓



蛯原プロ

控室は蛯原プロと同室だった。
一回戦の同卓者同士が同室にならないように配慮されている。

蛯原プロは あいあおい というアカウントで天鳳をプレイしていた経緯があり、十段経験者でもある。

見覚えがあるな…と思い、同卓時の成績を調べてみた。

2019y06m26d_122240665.jpg

見なかったことにした。

次に偵察のために蛯原プロのTwitterアカウントを開いてみた。
風船が飛んでいた。(誕生日ということ)
その風船を全部割って、そっと閉じた。


そして対局前の集中の邪魔にならない程度にお話をした。


B卓のオーラスで見せた、満ツモ条件での

三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国 ドラ四萬:麻雀王国

からの四萬:麻雀王国ポン。
これはモニターでみていて微妙だなーと感じた。

中:麻雀王国頼みになるわけだが、流局OKの園田プロ・石橋プロの両者からはもう中:麻雀王国は出てこなくなる。

でも逆に言えば渋川プロは前に出てくるし、そう考えると自分のツモも合わせて1/2くらいで中:麻雀王国はなんとかなりそう。

ん…?

それに中:麻雀王国が出てこなかったとしても、二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国あたりのツモでタンヤオに移行できる。



三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国 ポン四萬:麻雀王国四萬:麻雀王国四萬横:麻雀王国 から 打中:麻雀王国

ここまで考えると、条件を満たし、確実に手を進めるこのポンは必然のようにも思えてくる。
それにしても瞬間よく反応できたものだ。素晴らしい。



A卓登場シーン

2019y06m24d_021426200.jpg

プロレスとかでこういうのが出てくると、ミルコとかにボコられるやつw


東2局

2019y06m26d_124330206.jpg

ここから一打目打八筒:麻雀王国

役が欲しかったのでこうしたが、うまぶりか。

牌効率的にはヘッド候補を2種類持ってすすめるべきで、素直に白:麻雀王国から切るべきだった。

実際にこの一打がキズになり、二索:麻雀王国をツモってヘッドレスのイーシャンテンのまま、テンパイすらできなかった。

2019y06m26d_124853185.jpg



オーラス

2019y06m26d_125024068.jpg

アガリトップのここからどちらに受けるか。

まず、そもそも石川プロの動きが想定外だった。
上家の石川プロは、大人しく伏せていれば通過の状況だ。

そう考えると石川プロの手は高いか、相当整っているか、あるいはその両方か——

あそこに5800なり12000なりを打つと紛れるな…

そう思って

2019y06m26d_125727786.jpg

安全かつ、誰がつかんでも打ち出されるであろう南:麻雀王国狙いのシャンポン受けにした。

齋藤プロの一索:麻雀王国手出し、朝倉プロの六索:麻雀王国切り、そして石川プロのタンヤオ仕掛けからも三索:麻雀王国受けは不利だと感じていた。

秒で裏目ったがwこの判断は間違っていないと思う。


インタビュー

滑ったww
とりあえずという感じで絡んでみたが、アシスタントの鈴木ふみ奈さんとはこれまでに一言も会話しておらず、キョトンとしていた彼女の表情がいまだに忘れられない。
完全な裏目だが、これも後悔していない。トライ&エラーの精神だ。


B卓

B卓がはじまる直前に、宝塚記念を梶本さんと観戦した。
馬券はしっかり買っていた。

危険有力馬にあげ、切った馬が圧倒的な強さをみせて勝っていた。
かじやんも静かに出ていったw

その後は自戦記に書いたように横になって目を閉じていた。


決勝

2019y06m26d_130645704.jpg

ヒョードルとかにボコられる~(>_<)

Zも0も結構練習しただけあって、キレイにできたw


小山さんのあの声で名前をコールしてもらえるのって、本当に嬉しいよね。
ふみ奈さんが開局の鐘を鳴らしたあとは、誰も一言も喋らず、まさに静寂。
ただ、無数のカメラのシャッター音が響くだけ。

インタビュー動画にメイクさん、音、光、カメラワーク。

半荘の価値を極限まで高めるために…という表現は本当にその通りで、仕事だからといえばそれまでだけど、裏方さんへの感謝と、打ち手としてこの場に入れる幸せを感じた。

それだけに最後は、これで終わっちゃうんだな…という寂しい気持ちが込み上げてきた。

私はプロでもMリーガーでも天鳳位でもない。
8人のメンバーの中でも異色を放っている、ただのヤカラであるw

ここで負けたら次に呼ばれるかどうかは、限りなく怪しい。

だからこそ、もう少し長い時間あの場に留まりたかった。

勝ちたいのはみんな同じで、それは個人の願望にすぎない。
しかしいつの間にか応援してくれる人も増え、最後のインタビューでは込み上げる思いを抑えきれなかった。

どうせなら泣き切ってしまえばいいのに、これはヤバいとブレーキがかかって笑いに変えてしまった。


またあの場所で麻雀が打てるよう、1から出直して頑張ろうと思った。
まずは天鳳位…そして多くの麻雀関係の仕事に携わり、自分をアピールしていくこと…よね。


対局の前後に、たくさんのリプやDMが届きました。
応援してくださってありがとうございました!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

 

お疲れ様です。天鳳やる人にとっては、ドリームマッチのようなメンバーですね!麻雀においてはいろんな魅せ方あるし、いろんなプロがいていいと思う。でも自分はガチ勝負が見たい派。

これからも応援してます!このメンバーで長期戦なんかやったら、麻雀好きにはたまらんですね☺️
  • posted by 新見 
  • URL 
  • 2019.06/27 17:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>新見さん

ありがとうございます!
またの機会がありましたら見て下さい!

またの機会があるように頑張ります!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2019.06/27 19:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問
「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

麻雀家庭教師始めました
https://www.takumiru.com/

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
17位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

右サイドメニュー

保有銘柄動向

カウンタ

Twitter

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Amazon 商品検索