FC2ブログ

MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

【新ウザク本】 ウザク式 麻雀学習 牌効率 【レビュー】

さて、七段に降段し、やり直すにはちょうどいいタイミングでこの本が発売されます。



「ウザク式麻雀学習 牌効率」
いわゆるウザク本の3冊目ですな。

ウザク本と言えば、1と2を合わせて、30000部を超える、業界としてはモンスター的な麻雀本。
1と2は何切るドリルのような内容で、洗練された問題と、わかりやすい解説で麻雀界にとても大きな反響を巻き起こしました。

ウザクさんとは同じ名古屋ということもあって、ちょくちょく会って話す間柄。
私の本の校正も担当していただいたこともあります。

というわけで、ウザクさんに連絡するや否や、家まで押しかけて
「十段に…戻りたいんです…!」
と本をもらってきちゃいました。



この新しいウザク本の発売日は3月28日ですが、購入を迷っている方、どんな本か気になっている方のために、早速レビューを書いていきたいと思います。

私の戦術本レビューは甘口でも辛口でもなく「どのような方にフィットするかを明確に」をモットーとしているので、友人のウザクさんと言えど、遠慮なくバシバシ書いていこうと思います!


まず、全部読み終えての感想は

「ウザク本1・2がドリルなら、3は教科書・参考書だな」
というものでした。

それくらい内容はガラッと変わっています。


ただ、完全に牌効率に特化した本という部分は同じです。

「ブロック」「ヘッド」「ターツ」「複合形」…
などの全7章に大きく分かれ、その中でも、例えば「複合形」の章にはリャンカン・中ぶくれ…など、さらに細分化されて解説されています。

1冊まるごと牌効率なのです。


私が非常によいな、と感じたのは



これは第2章「ヘッド」の「ヘッドなし」というカテゴリのページですが、こうやってすべてのカテゴリが見開きの2ページで収まっています。

解説が長くなりそうだな…とか、これはもっと掘り下げたいな…とウザクさんが感じたやつは2つ以上に分けてあります。

この2ページ間隔がとてもよいんです。
3ページ、4ページと増えていくと、前に書いてあったことを忘れてしまうし、ページを戻るのも手間。
集中力が持たないし、リズムが狂う感覚があるんですよね。

読みやすさや整理整頓を重視する、几帳面なウザクさんらしい配慮と言えます。

2ページなら頑張って読めますよね。
で、元気が残っていたら次に進めばいい。
細かくすることで、リズムよく、ダラダラしないまま読み進めることができるな…と感じました。

そして右下にポイントとして一行にまとめてある。


この2点がとても参考書っぽいと感じました。

(学生時代に参考書を使って勉強した記憶はないけどw)



内容に関しては、

リャンメン>カンチャン>ペンチャン

といった、超初歩的な部分に始まり、そんな中にも



二萬:麻雀王国四萬:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国二筒:麻雀王国四筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国

ここから何を切りますか?
といった細かい部分まで様々。
内容の信頼度としては精度が高く、ネマタさんやゆうせーさんなど、多くの識者が関わっていて間違いはありません。



どちらかというと初心者寄りな部分が多いかと思います。






でもね。(ここから重要なこと言います)

私は麻雀に大切な要素として

① 牌効率

② 押し引き(構え・対リーチ・対鳴き)

③ ベタオリ


この3つの要素が90%以上を占めると思っています。

その中でも一番大事なのがやっぱり ① 牌効率 だと思います。
① 牌効率は、車で言うところのエンジンです。
ハンドリングやブレーキも大切ですが、まず、エンジンを踏むことを覚えないとレースに参加すらできません。

まっすぐに打てないと、押し引きに影響を与えるし、ベタオリする局面ばっかりが増えてしまうでしょう。


多くのサイトや戦術本が氾濫する、いわば「情報過多」な昨今の麻雀界において、あなたは学ぶべき戦術を学べているでしょうか?
鳴き読みとか相対速度を見ての押し引きなどは、本当に今あなたが学ぶべき戦術でしょうか?
順番をはき違えていませんか?


これは私にも言えることでした。
自分の手牌をまっすぐ育てる技術が未熟なままに、あれこれ難しいことを考えて、不調のせいにしてきた…のかもしれません。

初~中級者は絶対読むべきですし、上級者もためになる問題があるはずです。
また他の人に教える時などに概念や言語化を学ぶことか上級者にとっても大切でしょう。


まとめ

前著の功績が大きすぎるのと、その前著の解説の部分に書いてあることが多く、正直「衝撃」という点では前著に劣るかもしれません。
しかし、麻雀において必須科目である「牌効率」が体系的にとてもわかりやすくまとめてあり、爆発的なヒットはなくとも、凸本やネマタ本のように、長い時間をかけてベストセラーになっていくと確信しております。

結論、全ての人におすすめです!






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問
「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

麻雀家庭教師始めました
https://www.takumiru.com/

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
35位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

右サイドメニュー

保有銘柄動向

カウンタ

Twitter

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Amazon 商品検索