FC2ブログ

MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

東場鳴き判断【麻雀】

あけましておめでとうございます(遅


まずは宣伝。

2019y01m25d_233131487.jpg


昨年、私が麻雀の次にハマった「アルテイルネオ」通称「アルネオ」というカードゲームがスマホゲームになってリリースされ、私が公式プレイヤーに選ばれました。
麻雀同様、戦略性の高いゲームで、面白いと思うまでに少し障壁があり、運営は頭を悩ませていました。
そこで麻雀界に強くアピールできないかと、私に白羽の矢が立ったのだと思います。

ブログやTwitterアカウントも個別で用意し、こまめに更新していきます。
麻雀→アルネオだけでなく、アルネオ→麻雀へのアピールも見込み、相互の発展への協力ができればいいなーと考えております。

アルネオとは
あゆたんの今日もスマホでアルネオ


このブログ内の、「あゆたん。」という痛い名前のプレイヤーが私です…恥ずかしいけど、のっぴきならない理由がありまして。

Twitterアカウント → @alteil_ayutan

というか今のゲームって大会の優勝賞金30万とか出るんですね…。結構驚いております。

天鳳位は諦めたのかよ!
と、言われるのが一番嫌なんですが、あくまでも私の目標は天鳳位。
1mmも諦めたことはありません。

麻雀の鍛錬に支障の出ない程度に活動し、さらに観戦記や家庭教師、旅打ちレポートにゲスト、実況解説にコラム、そして熱狂Mリーグ…と、全てをこなしていきたいと思っています。

しっかりとした軸がないように思いますが、毎日同じ業務に追われているよりは、変化があってとても刺激のある人生を送らせてもらってます。
求められているうちが華、されど一番大事な天鳳はおろそかにしない…この気持ちを持って今年は臨もうと思います。



そんなわけで今年の天鳳の戦略を。


昨日、久しぶりにやったタクミルでの家庭教師。

2019012619gm-0029-0000-63c04e6ctw=0ts=4.jpg

この生徒は、ここから西:麻雀王国を切り出した。
ごくごく普通の選択だ。

しかし、どうみてもこの手は遅い。
このようなSクラスのクソ配牌では、「普通」が悪手となる。
普通とは、字牌を切っていって、内に寄せていくような打ち方だ。

五索:麻雀王国を切ってジュンチャンとホンイツと国士を兼ねるのが面白いか。
とにかく、明らかに悪い手で凡庸に進めるのはやめておこう。
9割以上で後手を踏むからだ。

こう考えるようになったのは、Mリーグを見ていて見切りの早いプレイヤーが多いからだ。
多井プロを筆頭に、1段目から安牌をため込んでいるシーンはよく見かける。

トップの偉いMリーグのルールであれなら、天鳳ならなおさら守備的に打つべきではないだろうか。


2019012619gm-0029-0000-63c04e6ctw=0ts=3.jpg

生徒さんはここから打東:麻雀王国を切った。東:麻雀王国は攻守に使える牌なのでこれはよくないだろう。

そもそも、この手も優勢…とも思えないので、打一筒:麻雀王国とした次に四筒:麻雀王国六筒:麻雀王国あたりをツモってきたらもう六萬:麻雀王国を切ってブロックを決める。

ツモってこなくてもあと数巡したら六萬:麻雀王国と安全牌を入れ替える…くらいの意識。

このように少しだけ見切りを早めてみようと思う。



それでは私の実戦例も。

2019012623gm-00a9-0000-c59a7aedtw=0ts=0.jpg

この白:麻雀王国は鳴く?

好形3つと考えられなくもない。
おしらせさんの影響もあり、鳴き判断もすこし引き寄りに考えているが、これは親ということもありポン。

しかし切る牌は二索:麻雀王国だ。

東:麻雀王国を重ねてのシカマンルートは残す。

子でもポンしてもいいと思うが、その際も2sを切ってなるべく東:麻雀王国と安全牌を入れ替え、守備力をキープしながら進めるイメージ。


では次のこれはどうか。

2019012623gm-00a9-0000-6dfec37ftw=3ts=0.jpg

これはスルーした。

發:麻雀王国を鳴かなければアガれなさそうではある。しかし發:麻雀王国を鳴いてもたいしてアガれるようになるわけでもない。

半分以上は後手を踏むだろう。
その半分以上の世界線での守備力を重視して戦っていく。

しかし

2019012623gm-00a9-0000-6dfec37ftw=3ts=01.jpg

この七萬:麻雀王国はチー。

發:麻雀王国が守備力の担保になっていて、半分以上の世界線でもオリきれそう。

仕掛けずに諦めるのも一手だと思う。
でも私は性分的にアガリに向かってしまうらしい。

ただ、仕掛けるなら、手が整うまでは發:麻雀王国は鳴かないのが絶対条件。

つまり發:麻雀王国バックで仕掛けたのにも関わらず、2枚目の發:麻雀王国を鳴かないわけだ。

その際は安全にタンヤオかケーテンを目指す。


2019012623gm-00a9-0000-6dfec37ftw=3ts=02.jpg

發:麻雀王国が出ないまま手は進む。こうなったらもう發:麻雀王国は鳴かずにタンヤオ本線。
しょうもない手でドラは打ち出さない。

2019012623gm-00a9-0000-6dfec37ftw=3ts=03.jpg

四索:麻雀王国が重なって打三索:麻雀王国

すぐに發:麻雀王国が出たらポンしてドラを切る。
速そうな河の人がおらず、リャンメン1000点ならドラを打ち出すのに及第点だろう。

二筒:麻雀王国五筒:麻雀王国はスルー。

七筒:麻雀王国はチー。


2019012623gm-00a9-0000-6dfec37ftw=3ts=04.jpg

対面の一蓮なんちゃらさんからリーチ。

うまいこと發:麻雀王国をトイツ落としたところでため息をつきながら絶好の現物テンパイ。

2019012623gm-00a9-0000-6dfec37ftw=3ts=05.jpg

最後は押し引き問題。

これは圧倒的に押しだろう。
通ってないところも多く(特にマンズ)リャンメン2000点テンパイ。

六筒:麻雀王国は片無筋でドラをまたがないので安いこともそこそこありそう。

一蓮なんとかさんにロンって言われたけど、この一連の仕掛けからの押し引きは悪くなかったと思う。一蓮だけに。



最後。

2019012623gm-00a9-0000-6dfec37ftw=3ts=1.jpg

この五筒:麻雀王国を鳴くか。

これも鳴いてもいいと思う。
「鳴いてもいい」「スルーもいい」
みたいなことばかり言っていて適当だな!って言われるかもしれないけど、選択Aと選択Bとの距離感を知ることも大事。

私は意外に悪くないと思ってスルーした。

二筒:麻雀王国五筒:麻雀王国七索:麻雀王国一索:麻雀王国四索:麻雀王国のどれかを持ってくれば中・高打点のイーシャンテンになる。

1000点に決めずに数巡この5面チャンを引く抽選を受け、ラス回避の決定打を目指す。

別にフルスイング!というわけではない。次の五筒:麻雀王国はチーする。

そういう意味では五筒:麻雀王国は上家と2人でツモっていると考えることもできる。

5面チャンを引いてイーシャンテンになっても次に急所を打たれたらチーする。

これだけ早い巡目で、ピンズの手ごたえが良さそうなんだから、ギリギリまで高打点を狙いたいのだ。


2019012623gm-00a9-0000-6dfec37ftw=3ts=12.jpg

だいぶ時間かかったけど、成功。


木原さんも鳴きを遅らせるようなことを言ってたけど、私も同様に守備面を見直していこうと思う。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

NoTitle 

発ポンするかどうかのやつはポンして染めに向かうのはどうでしょうか?
鳴いても鳴かなくても降り濃厚になりそうなら、万一の高打点の目だけ残して安牌を残していく方針で。
  • posted by 名無し 
  • URL 
  • 2019.02/02 16:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>名無しさん

ホンイツに向かうのはいいですね
通常ならそうしているのですが、親の上だからやめときました
  • posted by 名無し 
  • URL 
  • 2019.02/08 01:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問


「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

麻雀家庭教師始めました
https://www.takumiru.com/

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
44位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向