MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

初心者向け投資話 高確率で儲かるIPO投資 【投資】

あれ。
昨夜のドル円、結構へこまされて引けてますね。

2014y03m08d_210215813.jpg

あんまり地合いがよくないのかも。
やはり目先なんの不安がなくても、なかなか思いっきりリスクオンにはならないのかな?
(リスクオン=リスクをとる行動。世界情勢が良くなるとリスクオンに。一般的に金融商品は買われる。特に新興国の通貨や、金利の高い通貨が買われる。逆はリスクオフと言って、売られる。信用のある円は買われる=円高に。)


ZEROの公開トレード

102.525 ショート 2枚 3/5
103.462 ショート 2枚 3/7
103.433 ショート 2枚 3/7


(ショートとは下方向に賭ける事です)
(1枚につき1円の上下で、1万円動きます。証拠金として1枚につき約4万円拘束されます。)
(つまり五万円あれば一枚ロングかショートに張る事ができ、一円の上下までは耐えられる…という計算です)


そんな訳で、今日は投資初心者に向けて日記を書いてみました。

「ZEROの話で、現金を日本の銀行に寝かせておくよりは、投資した方がいいのはわかった。
でも、相場の世界って絶対はないでしょ?
常に元本割れのリスクにおびえるのはちょっと…」

そんな方に、まずは投資の入り口としてIPO投資をお勧めしたいと思います。
ZEROも最初はIPO投資してました。

一言でいうと、タダで買える宝くじのようなものです!

IPOとは「新しく上場する会社の株式」の事をいいます。

普段の株式は持ってる人と持ってない人の売買によって値段が動くのですが、新しく会社から株式を買う時は、会社が決めた、特定の値段から買うようになってます。

それは上場した初日に高確率でその特定の値段より上でやり取りされるんですよね。
そこで初値で売ると利益がとれる…と。


どれくらいの確率で、どれくらいの値段かというと…


「2013年 新規公開株の結果 やさしい株のはじめ方 の記事より」

2013年は、54の会社が新規に上場。
公開価格(最初に買う価格)と初値で見ると、なんと52勝1敗1分だそうです。

その差額は1000万円以上。
全て申し込めたとすると、1社あたり約21万円です。

皆さんも知ってる「価格.com」なんかは、一撃225万です。


で、まぁそんなうまい話には裏があるといいますか。
当たり前のようにみんなが欲しがるので、抽選で配分するわけです。
当選確率は激低なんですよね。


ただ、それでも1年に1回当たるか当たらないか…くらいの確率で(会社の人気や当選本数にもよる)宝くじよりは遥かにマシです。
そしてリスクはZERO。

まさに銀行に寝かせておくくらいだったら、証券会社にお金を入れて、寝る前にIPO募集してないかチェックして、してたら申し込んでおく…
という事を繰り返していたら、1年一回くらいお小遣いがもらえる…というくらいの感覚です。


投資家のロスとしては、抽選を受ける日に、お金を余力として残してないといけない点です。
(余力がないと抽選も受けられない。当たったら払うよ!じゃ、みんな申し込みますからね)

IPOの多い3月や12月は、投資家がIPO用の余力を捻出するために日本株が下落する…とも言われてるくらいです。


これが当時ギリギリでやりくりしていたZEROとしてはなかなか難しくて、いつの日か遠ざかってしまいました。
なかなか当たりませんしねw
(一回めっちゃ本数の多いやつに補欠当選して+2000円をゲットしました!w)

いつ下落周期がきてもいいように余力を残しておいて、その余力でコツコツとIPOに申し込む…というのが賢いやり方なのかもしれません。


ちなみに、上で取り上げたサイトの方はしょっちゅう当選してますが、証券会社と利害関係が一致してますし、おそらく余力も半端ないので、あんまり書いてある事を鵜呑みにしてはいけません。

ただ、記事の内容には嘘偽りないので、非常に参考にはなります。



そこでZEROが実体験でやってみた、IPOのやり方を簡単に説明します。


まずIPOを申し込むにあたって、いろんな証券会社で口座を開いた方がいいのですが(IPO株は担当の証券会社を通じて売られる)、まず一番のおススメは「SBI証券」です。

まず、IPOの取り扱いが断然に多い。
(今サッと見に行ったら、9社扱ってた。すげー)

そしてSBI証券の口座に入金すると、自動的に住信SBIネット銀行の口座に入金したことになります。
銀行だから、当然利子もつきます。

株式の売買手数料は少々高い(…というかGMOライブスターが安すぎて、高く感じる)のでスイングやデイトレには向いてるとは言えません。


そしていよいよ申し込みまでの流れです。

2014y03m08d_220151659.jpg

IPO株の一覧表があるので、その中から申し込みのボタン(黄色いやつ)をクリックします。

試しにみんなのウェディングという、俺の鋭い読みによると結婚式を取り扱ってるであろう会社をクリックしてみます。

2014y03m08d_220525089.jpg

申し込み画面です。

ここからが当選する確率を高めるのに一番重要な情報を書きます。
(にも関わらず、↑のサイトには書いてありません)

まず、申し込み株数
もちろん余力で買えるまでしか申し込めません。

また、基本的に当選しても最低単元株数しか当選しません。
この場合1000株申し込んでも、当たるのは100株ですね。

じゃあ申し込むのは100株でいいかというと、違います。
おそらく申し込み株数が多いほど、当選しやすい仕組みになってるかと思われます。

貧困層は、ここでも泥土を這うしかないのかっ…!!(>_<)

ですので、余力のある富裕層の方々は、余力いっぱい申し込みましょうw
もちろんはずれても1円たりともお金が減るわけでないので、申し込み得です。


次に価格
この会社は、2800円・2700円・2580円から選べ…
とありますが、これは無思考で一番高いやつを選んでください。

今回の場合だと、2800円ですね。
最低単元が100株なので、掛け算して28万円の余力が必要です。

これは何故かというと、おそらくセリみたいなシステムになっていて、高いやつから順番に抽選していくんだと思います。
つまり2700円とかで申し込むと、抽選すら受けられないんだと思います。


で、最後。
IPOチャレンジポイント、とありますね。

これがSBI独自のサービスで、申し込んで外れてしまっても、残念賞としてポイントが1加算されます。
ZEROさんは8Pほどたまってますねw

これを貯めて、ここぞという時で使うと、当選確率が優遇される…という仕組みです。
どういうシステムで、1ポイントあたりどれくらいの確率優遇が受けられるかは非公表であり、謎ですが、仮に当選しなくてもポイントは戻ってくるので、損はありません。

また、どんな会社が人気があり、上がりそうなのか(ひいては儲かりそうなのか)は、↑のサイトが非常に参考になるので、IPOやってみよう!という方は、チェックしてみてください。

あとは申し込んで、抽選が行われる日はしっかり把握し、結果をみて当選してたら正式に申し込む⇒上場の日の朝9時までに成り行きで売り注文を出す…

これを行えば、高確率で利益が出ます。



ざーっと説明しましたがいかがでしたでしょうか。
こういうのを知らない…という事が、いかに損失か、わかったのではないでしょうか。

知っていても余力がない…という事も損失ですねw


ちなみに私の投資の先生の一人である、サラリーマンさんも、地道に申し込んでるようです。

「IPOは地道に応募し続けよう。」


4月に一旦売ったら、なんとかIPO用に余力を確保して、コツコツ申し込む努力を再開したいですね。
余力を確保する…という時点で、デンジャラストレーダーの私にとっては、大きなリスクヘッジになりそうですw


私も挑戦してみよう!もしくは、参考になった!
って方がいたら拍手をお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

 

marysbutlerさん、拍手にコメントありがとうございます!
(はじめて拍手コメントもらいました)

投資に関しては、自分も限りなく初心者なので、成果はまだ上ってません(>_<)
ですので、初心者代表として、いろんな投資や手法を学んだり実践したりして、その体験を元に使えるものを記事にしていこうという感じのスタンスです。

IPOもこれから再挑戦していくので気長にお待ちくださいませ!
  • posted by zero 
  • URL 
  • 2014.03/09 00:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
25位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向