MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

白鳥本より学ぶ【麻雀】

今をときめく白鳥翔プロの戦術本を読んだ。




とても読みやすく、RTDで麻雀番組を知ったような方が初めて手にする戦術本としては最適かもしれない。

またコラムも非常に面白かった。
勝たなければ活躍の場すら与えてもらえない男性プロの悲哀を背に、白鳥プロの意志のこもった闘牌が文章から伝わってきて、惹き込まれてしまう。


――ただ、である。

これまでの戦術本に書いてあるような内容がほとんどで、高度な内容を期待していた自分からするとかなり期待はずれだった。

いや、わかる。
読者全員を喜ばせるのは不可能だ。
そもそも、私のような戦術本マニアの方が稀で、そこをターゲットにするのは商売として上手くはないだろう。

でも、だからこそ、タイトルで「初~中級者に対する押し引きの基本がわかる本」と、対象がわかるようにしておく必要はないだろうか。

今時、AVですら、
「ゴミを出しにきた奥様のノースリーブに欲情して…」
と、内容を明らかにする時代だ。

「トッププロが教える 最強の麻雀押し引き理論」
というタイトルでは、最悪「裏切られた…」と反感を買ってしまう可能性すらある。

ところがプロをはじめとする、周りの人は決してそういうことは口にしない。
批判どころか、「〇〇者向けの本」ということすら言わない。

本当にそれでいいのだろうか。
本当にそれでファンを裏切ってないのだろうか。

私はこのことについてどう記事にするか非常に悩んだ。

仮にも出版業界に関わり、業界の大変さを身をもって知った。
出した本を悪く言われる事も体験してきた。

でもやはり、裏切られた…などという気持ちになってほしくない、と思い、このことに触れる事にした。
今後も、本のレビューをする時には、「いいところ」「どのような層向け」かを中心に書いていきたいと思う。


勘違いしてほしくないのでもう一度言うと、白鳥本は良書である。
わかりやすい内容の中にも「僕はこう感じている」などと主観も交え、白鳥プロが自分で書いていることが伝わってくる。
特に戦術本を読んだ事ない方にはおススメ!

そんな中、私が一番おおーっと参考になったのは、白鳥プロは親番の価値を重く見ていることである。
以下引用。

最近の傾向として、親の連荘の価値をそれほど重く考えないことがあると思います。
小林剛プロの『スーパーデジタル麻雀』(竹書房)という本でも「親番1回の価値は500点」と記されています。
~中略~
親の連荘によってトップの確率が上がることを考えると、親の価値はもっと高くなるのではないかというのが僕の考えです。



これにはハっとさせられた。
そもそも500点って、その打ち手のレベルや打ち筋によって大きく変わってくるのではないだろうか。

また、仮に500点だったとして、その500点が大きいのか小さいのかすら判断がつかない。
小さいような気もするし、もしかしたらめっちゃ大きいのかもしれない。

そこでみーにんさんが一晩でやってくれた。
下の表は、みーにんさんが調べてくれた私の鳳南における親子別の様々なデータである。

2018y07m07d_031629649.jpg

下の方にある「全局収支」の欄に注目。
親で+694点 子で-66点
だそうな。

これを見ると親で全てのプラスを叩き出している…ように見えてしまう。
少なくとも、たかが500点…とは言えないだろう。


親に連チャン、もしくは一発大きいのをツモられるだけで、その半荘のトップ率は大きく減少し、ラス率は飛躍的に高まってしまう。

「親は大事」
言葉に直すと、ごくごく初歩的だが、最近の対局を振り返るとその事を軽視していたように思う。


そこでさっきこんな場面になった。





東二局で何を切る。

2018070701gm-00a9-0000-20bc27d6tw=0ts=1.jpg






親がダブ東を仕掛けている。

今までの私なら、自然にペン七筒:麻雀王国かカン八索:麻雀王国のどちらかを外していただろう。

親はまだテンパイじゃないだろうし打点も不明。
ここで絞ると自分も死ぬ。だから前に出る。

しかしそれで本当にいいのだろうか?

私は白鳥プロのように座椅子に深く座り直し…(嘘)發:麻雀王国を切った。

三索:麻雀王国を抜いてもよかったが、対面が發:麻雀王国バックかもしれないし、対子落としの方が形が整えやすいかな…と思ったからだ。

なんにせよ、ペン七筒:麻雀王国かカン八索:麻雀王国を払っていくと、通ってない2牌を切りだすことになる。

その行為は、はたして自分の得になるのだろうか?
と、思い直したからである。


結果、私が死んだことにより、局は伸びた。

2018070701gm-00a9-0000-20bc27d6tw=0ts=11.jpg

親はイーシャンテンで止まり、対面はテンパイを入れた。
そして

2018070701gm-00a9-0000-20bc27d6tw=0ts=13.jpg

上家もテンパイしてリーチ。

たまりかねた親から押し出されるように白:麻雀王国が放たれ、対面があがって決着した。

絞ることは、自分も死ぬので基本的にはマイナスの行為である。
しかし大した手でなかったら、親に対して絞ることによって、結果的に自分の成績にはねかえってくるのかもしれない。

白鳥プロのおかげでまた1つ強くなってしまった。。


と、言うのも、十段になってからジリジリとptを減らし
(あぁ今回も無理かー)
と、半ば諦め気味になっていたのだ。

そんな中で

2018070622gm-00a9-0000-4fa391bftw=3ts=8.jpg

ラス前、ライバルの親の仕掛けに対し、この南:麻雀王国を鳴かせてしまった。

集中力の欠如である。

この場面ではもちろん、平場でも絞るべき場面なのかもしれない。

2018070622gm-00a9-0000-4fa391bftw=3ts=81.jpg

絞っていれば、他の人が頑張ってくれたかもしれない。
いつものように仕掛けを見ていれば…。
字牌のカウントを怠っていなければ…。
たら…れば…。


もう一度ネジを巻き直し、集中して戦っていく所存である。
私はもう一度座席に深く腰かけたのであった。



十段 1505/4000pt


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

NoTitle 

正直なレビューありがたいです。
白鳥本の善悪ではないですが、ゼロさんの意見聞いて、購入を保留する選択ができました。
  • posted by タツヤ 
  • URL 
  • 2018.07/07 09:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ゴミを出しにきた奥様のノースリーブ大好き把握(`・ω・´)
  • posted by 名無し 
  • URL 
  • 2018.07/07 13:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

「全局収支」驚きました。
これがzeRoさんだけの傾向でなければ戦術そのものに影響を及ぼすのではないでしょうか。
昨日の件は確かに言い過ぎでした。
芸能人は「このレースパス」と言うわけにはいかないから無理でも予想しなければならないんですよね。
  • posted by sandiris 
  • URL 
  • 2018.07/07 13:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>タツヤさん

そう言ってもらって良かったです。
これからも良いところをとりあげながらも、正直なレビューを心掛けたいと思います。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2018.07/07 22:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>ノースリーブ

たとえな
たとえ
嫌いじゃないけど
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2018.07/07 22:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>sandirisさん

たしかシュートさんも似たような数字でした。
二人じゃなんとも言えないので、他の人も気になりますね‥

オジュウチョウサン圧勝しました(>_<)

こないだはどこぞのアイドルが
「名前がかわいいからマイネルハニー本命♪」
とか言ってましたけどwかわいい名前は少し買われやすいからオッズ的に損かなー
でもそんな風に買う人の額はしれてるしなー
とか考えちゃいます
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2018.07/07 22:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

供託「どなた?」白鳥「泥棒です」 

攻撃型の人に見られる傾向ですかね?
守備型の人の数字も知りたいところですね。
最近のAVはタイトルで説明しすぎてファンタジーに欠けるきらいがありますね。
  • posted by sandiris 
  • URL 
  • 2018.07/07 23:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

白鳥「今はこれが精一杯」 

オジュウチョウサン勝てるわけないと思ってました。
石神は面白くないでしょうね。
名前が可愛いから買うというのはまだ理解できますが可愛いの基準がさっぱりわかりません。
「サクラ」と付いてるだけで可愛いとか女性の感覚は男には一生理解不能ですね。
  • posted by sandiris 
  • URL 
  • 2018.07/07 23:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ちょっとズレますがこの記事を読んでリスキーエッジの吉岡を思い出しました。

「親番は連荘するためにあるんじゃない・・・
高い手をアガるためにあるんだ!!」

ちなみにまー坊はほぼ真逆のこと言ってますがw

やっぱり親番は大事ですよね~


しかし前者のダブ東仕掛けに対しての絞りはできるかもしれませんが
後者の牌姿からの絞りなんて今まで考えた事すら無かった・・・

改めて上級者との次元の違いを思い知りますね~(+o+)


なんにせよZEROさんの下家には座りたくないw

  • posted by T黒沢 
  • URL 
  • 2018.07/08 00:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

知り合いの本の欠点を書きにくいとかはあると思いますが、なんでもかんでも褒めてる人のレビューは参考にならないですね
  • posted by 名無し 
  • URL 
  • 2018.07/08 00:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

この記事の本題は、今のavについて?
  • posted by 名無し 
  • URL 
  • 2018.07/08 13:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>sandirisさん

たとえば「サヤカチャン」なんかが可愛いってのは理解できるので、実力以上に買われる傾向があると思うんですがねw


>黒沢さん

画像の発声が無表示になってるのでわかりにくいかもしれませんが、対面の789仕掛けに対し、あの手牌で役牌を切りだしていますからね。


>名無しさん

>なんでもかんでも褒めてる人のレビューは参考にならない

というかTLのほぼ全員がそういう感じ(内容にふれず、ただ褒めまくり)だったので、自分がおかしいのかな…と思ったりしていました。

>今のAVについて?

たとえが秀逸すぎたか…
  • posted by zeRo 
  • URL 
  • 2018.07/09 03:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

親の連荘に価値があるかは何局目であるかとその時の順位、
点棒状況に大きく左右されると思います。
統計でラス回避にはラス親優位、1位率には起家優位だった
ような気がします。
親の連荘価値は、もっとサンプル条件を絞った統計情報で
ないと活用しにくいんじゃないかと思ってます。
  • posted by 自爆王 
  • URL 
  • 2018.07/10 06:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>自爆王さん

そうですよね。ここでは平場の話をしていますが、状況によって選択も大きく変わってきますもんね。
  • posted by zeRo 
  • URL 
  • 2018.07/11 17:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

親番の価値500点はちょっと少ないと感じてました。きっと親の局収支のことだったんじゃないですかね。子供を基準にすると、ゼロさんのデータだと+760点、連チャン確率(33%)も考えると+1000点を越えそうですね。
これならなんとなくそんな感じな気がします。
  • posted by ゆーびー 
  • URL 
  • 2018.07/11 22:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>ゆーびーさん

そうかもしれませんね。
そもそもそのような前提条件もわからない数字を鵜呑みにするのは危険ですよね。
  • posted by zeRo 
  • URL 
  • 2018.07/13 14:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問


「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

麻雀家庭教師始めました
https://www.takumiru.com/

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
33位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向