MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

ゲスト考と鳴き読み実戦編【麻雀】

まずは告知から。


今週末、関西でゲスト入っております!

9(金)難波e-sou様 14~22時
10(土)池田ミラージュ様 14~20時

どちらも低料金で一般的なアリアリルールの遊びやすいお店です。
基本四麻を打ちますが、希望があればサンマもお相手します!


さて、麻雀荘のゲストって考えさせられることが多い。


まずいい点から。

・距離感が近い

パチンコの来店ゲストや、芸能人のディナーショーなどと違い、麻雀はゲストとの距離が近い。
ゲストの麻雀を直に感じる事ができるし、会話もできる。そして料金も安い。
これは本当に素晴らしいと思う。

ただいくつか問題があって

・人数捌けない

東南戦だと一半荘40分くらいかかる。40分で3人だと、人気のゲストはなかなか同卓できない事もあるだろう。
何分も待たされて一半荘だけとか、追っかけ4人で悶々と打つハメになったりするとかw

私はさほど人気ないからいいけども、巣鴨の「すずめがも」(今はありません)さんに行った時はやたら盛況で、同卓希望のお客さんが座る場所がなく、独歩さんを店の外で待たせたことがあり、気が気でなかったw

かといってお客さん少ないと店としてはコストに見合わないというジレンマ。

・麻雀と会話は相性が悪い

私は普段の麻雀ではほとんど話さないけど、ゲストの時は積極的に声をかけるようにしている。
で、なるべく全員巻き込んで話そうとしているのだが、中にはあまり話したくないお客さんもいるだろう。
かといって、残りの2人ないし1人と延々話していても、残りの話さないお客さんは不快に思うんじゃないかなーと気になってしまう。

あと、話している最中、ふいにタンピンドラドラとか張ったら気まずいしwあがるけどww


というわけで、今後は麻雀はもちろん、他の方法でもアプローチできないかなーと考えている。
例えば今度福地さんがやる、トークショーや食事会のように。⇒【麻雀】福地オフ開催


1つ試験的にやるのが
2/25(日)東天紅さんにて、13:00~14:00 麻雀勉強会をやるというもの。
(14:00時以降は普通にゲストとして入る)
参加費1000円(500円相当のゲーム券がもらえるので実質500円)で、打ち手のレベルは問わず。
雀ゴロKさんの勉強会や最高位戦の研究会に参加した時に非常に面白かったので、参考にしてやってみることにした。

東天紅さんはこちら⇒ 麻雀東天紅@雀サクッ

興味ある方は是非お願いします!


それでは本題。

前回の記事が非常に反響が大きかった。

単純リャンメン否定の法則【麻雀】

おまえらどんだけ鳴き読み好きやねん!って言いたいくらいだw

復習と補足を実戦より。

2018020722gm-00a9-0000-d12f8e59tw=1ts=3.jpg

対面七索:麻雀王国チー打一筒:麻雀王国

まずは復習からいこう。

条件A マタギ否定
条件B リャンメンチー
条件C 関連牌濃厚


完全に満たしている。
次に例外をcheckしていこう。

例外① アンコから ⇒ありうる

例外② 二度受け ⇒なさそう(六索:麻雀王国を先に切っている)

例外③ 亜リャンメンノベタン
例外④ 喰い伸ばし
 ⇒ともになさそう(理由は例外②と同じ)

つまり一筒:麻雀王国がアンコからの切り出しでない限り、単純リャンメンは否定できる。

あ、そういえば、まだ例外はあった。

一筒:麻雀王国一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国
一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国四筒:麻雀王国

このように複合系からの切り出しはありうる。

(今回は五筒:麻雀王国を鳴いてないのでこれもなさそう)

ただ、逆に言うと一筒:麻雀王国アンコからのケース以外では、他の色のリャンメンは完全に否定できる

捨て牌を絵面だけで見ると危険そうな四萬:麻雀王国七萬:麻雀王国二索:麻雀王国五索:麻雀王国を確信を持って切る事ができるのは大きいだろう。

三筒:麻雀王国と何かのシャンポン。もしくはカン四筒:麻雀王国が本線か。

2018020722gm-00a9-0000-d12f8e59tw=1ts=31.jpg


もひとつ。

2018020701gm-00a9-0000-5c18358btw=3ts=9.jpg

対面二索:麻雀王国ポン→打發:麻雀王国

鳴き読みはポン出しチー出しを確認する事から始まる。
鳴いて出てきた牌は「真実の牌」とよばれるくらい、情報純度が高い。
それは入り目がわかるからである。

例えば、同じ六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国手出しだとしても、面前だと空切りやスライドというケースもある。

その点、チー⇒打七萬:麻雀王国だったとすると、明確にリャンメンターツ落としとわかる。

もっとよいリャンメンを残したのか、二度受けか、手役狙いか…
こうやって鳴き読みはスタートするわけだ。

手出しツモ切りを全部見るのはシンドイ…という人も、チー出しポン出しの牌だけでもチェックしてみよう。

ネット麻雀の特性を活かし「二索:麻雀王国ポン→打發:麻雀王国…」と口に出して確認するのも1つの手だと思う。

2018020701gm-00a9-0000-5c18358btw=3ts=91.jpg

次巡に手出しで打六萬:麻雀王国

ポン出し發:麻雀王国を確認していたおかげで、これを「リャンメンターツ落とし」とほぼ確定させる事ができる。

2018020701gm-00a9-0000-5c18358btw=3ts=92.jpg

続いて四索:麻雀王国チー→打七索:麻雀王国

これは、強烈な違和感だ。
鳴き読みは、「チェック⇒違和感⇒分析」 の繰り返しである。

六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国を落として二索:麻雀王国三索:麻雀王国を残している。

タンヤオならかなり不自然な手順だ。

まずまっさきに思い浮かぶのは―――
染め(ホンイツ・チンイツ)。
自分の手牌にソウズが少ないのでその公算は高い。

いや、待てよ?

染めだとすると六萬:麻雀王国發:麻雀王国の順番がおかしい。

完全安全牌の發:麻雀王国を切ってまで六萬:麻雀王国を残している。

うーんなんだろ。五萬:麻雀王国八萬:麻雀王国受けがあって埋まったのかな。

で、二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国七索:麻雀王国からの喰い伸ばしで現状三索:麻雀王国六索:麻雀王国みたいな。


とりあえずこの五索:麻雀王国は通りそうだし、安そうだ。












2018020701gm-00a9-0000-5c18358btw=3ts=95.jpg

( ゚Д゚)


対面さんは

2018020701gm-00a9-0000-5c18358btw=3ts=93.jpg

あえてここで不要で危険な六萬:麻雀王国を抱え、完全安全牌の發:麻雀王国をリリース。

毒を盛った。

簡単にひっかかったw

鳴き読みなんざ、所詮相手依存だ。こういう事もある。


また、読んだからって止めるかどうかは別の話だ。

2018020722gm-00a9-0000-d12f8e59tw=1ts=4.jpg

上家は八筒:麻雀王国チー⇒打五索:麻雀王国

カン八索:麻雀王国七索:麻雀王国シャンポンもなさそうで、半分以上の確率で四索:麻雀王国七索:麻雀王国待ちっぽい。

(一応カン六索:麻雀王国や愚形フォローとして五索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国と置いていた可能性はある。あと複合系。)

2018020722gm-00a9-0000-d12f8e59tw=1ts=41.jpg

でも打った。

めんどくせぇw

っていうのは冗談だけど、この七索:麻雀王国で回って、親に連チャンされたり下家の赤赤にアガられるよりは即座に1000点2000点であろう上家に放銃して場を回した方がよいと感じた。(実際1000点だった)


今後も積極的に鳴き読みを学んでいくつもりだが、精度の低い読みでオリルよりかは自分の手で押し引きした方がまだマシだ。
それを忘れないようにしつつも、頑張って精度を高めていこうと思う。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

 

134556pもありませんか?
  • posted by あり 
  • URL 
  • 2018.02/08 12:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

2連続で記事を書いてもらえたので理解できた!
キモはチー出し牌が愚形フォロー牌だと読めることなんですね。
前の記事だとチー出し牌が、A:またぎ否定・B:関連牌濃厚
と説明が複雑だったから、なんかモヤモヤして理解しづらかった。

文句言いましたが、ゼロさんやっぱすげえ。抱いてほしい。(♂)
  • posted by  
  • URL 
  • 2018.02/08 14:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>ありさん

省略しましたが
13345
13456
なんかもあり、その色の複合形はいろいろあるんですよね

それでも上の画像だと6sを先に切っているので、ありさんの例と上の2つの例は薄そう
(例・134556p566s○○東→打6sは不自然)
鳴いてる手でヘッド候補は残しそうですからね

不自然ではない
112334
123344
を記事に書きました
(そもそも3フーロなのでこれもありえませんがw)

なかなか全部を網羅するのは難しいですが、その色の複合形はある→ますます他の色のリャンメンはない、と活用すべきなのかな、と思います
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2018.02/08 15:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>理解できた!

ありがとうございます!

まずはファン牌ポンのリャンメンチー→打19 タンヤオ仕掛けのリャンメンチー→打28に絞って解説した方がわかり易かったかもしれませんね

では、♀友達を紹介して下さい!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2018.02/08 15:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

「真実の牌」、めっさかっこいいですね。
  • posted by 家庭的の人 
  • URL 
  • 2018.02/09 21:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>家庭さん

妖精さんが言ってたw
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2018.02/09 21:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問


「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
23位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向