FC2ブログ

MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

ミスから学ぶ【麻雀】

「ゼロ秒思考の麻雀」

増刷が正式に決定しました!

3000部の増刷。
これはかなり多いらしい。


「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!
現在、麻雀カテゴリ一位(ベストセラー)です!




このブログに書いてある重要戦術記事を全て詰め込み、わかりやすく解説しました。
「圧倒的に読みやすい!」
「コラムが面白い!」

という声を多数いただいております。

「トイトイダッシュ」「ケーテンゾーン」
「アルティメットピンフのみダマ」
など、知らないと乗り遅れてしまう戦術が盛りだくさん!

上のリンクからワンクリックで購入できるので、迷ってる方は是非!




日々、営業活動に精を出しているし、営業活動が大切なことを今回身をもって学んだが、ZEROの事を応援してくださる方が自分に求めているのは、本を売り続ける姿ではなく、麻雀に立ち向かっていく姿や、その過程でうまれる戦術を紹介していく姿だと思っているので、作品販売に傾倒しすぎて自分を見失わないようにしたい。

どれだけ本が売れても、中身がハリボテだったら必ず読者に見透かされる。
そうしたら次はない。売る努力と共に、麻雀内容の充実を本線に据えて今後も活動をしていきたい。


そんなわけで本日は先日行われたしゃるうぃ~てんほう!の牌譜を使っての麻雀のお勉強。




注目は対面のhane1500氏だ。(木村尚嵩プロ)

2017103120gm-0009-11651-fadf347etw=3ts=31.jpg

彼はここから、四索:麻雀王国六索:麻雀王国と払っていった。

前巡の四筒:麻雀王国といい、タンピン移行を完全に見切っている。
木村プロは東風をメインフィールドとしており、協会には珍しい速度重視のタイプと言える。

協会ルールだと必ず打点負けしてしまうイメージだけど、打点打点の世の中で、逆に面白いのかな…なんて思ったりする。

ちなみに…

2017103120gm-0009-11651-fadf347etw=3ts=32.jpg

自分のリーチが蹴られたから根に持っているわけではない。


木村プロの選択は、普段からああ打ってるのか、それとも点棒的な事もあったのか、是非聞いてみたいところだ。


小場で流れて南一局。

2017103120gm-0009-11651-fadf347etw=3ts=6.jpg

ここから打四索:麻雀王国
345の三色とフリテンも視野に入れたドラ使いを目指しての選択だ。

前巡の打八筒:麻雀王国トラズといい、巡目が早ければ多少の受け入れ・速度を犠牲にして打点を目指す。

2017103120gm-0009-11651-fadf347etw=3ts=61.jpg

かなり強い部類の端牌同士のシャンポン。
でも安いからツモ切りでテンパイ拒否。一段目ならこのような強欲な構えも許される。

2017103120gm-0009-11651-fadf347etw=3ts=62.jpg

二段目になり、さらに優秀な待ちでテンパイ。ここらが妥協どころか…。
なお、ラス目だったりもっと早い巡目だったら、怒りのツモ切りもある。

2017103120gm-0009-11651-fadf347etw=3ts=63.jpg

結果最高。わほーい。

2017103120gm-0009-11651-fadf347etw=3ts=8.jpg

これをチーしてケーテンダッシュ。

解説では「ワンテンポ早い」と言っていたが、テンパイしてもリーのみ愚形。ましてや超ネックとあらば、ここから3巡ぐらい早くても鳴いてしまいそうだw

大切なのは「鳴いた時」と「鳴かなかった時」を比較する事。
ドラが複数ある好形だったら三段目でもアガリをみてスルーするし、今回みたいにアガリづらく安かったら8巡目から動く事もある。

オーラスの親。

2017103120gm-0009-11651-fadf347etw=3ts=10.jpg

絶好のドラポン。
四索:麻雀王国七索:麻雀王国どっちを切るか。

こういうのは本当に難しい。
安全度と共に、自分の河の影響も考えないといけないからだ。

例えば今回だと既に四索:麻雀王国を切っているので七索:麻雀王国を切ってしまうと、みずから開拓する事になる。

そして安全度。

基本的に1が通ってたら7より4を切る。
内側を切るのが基本だ。

特にリーチに関してはその事が言える。

五筒:麻雀王国五筒:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国

は手変わりを待つか悩むけど

二筒:麻雀王国二筒:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国

これならリーチにいきやすい。

また

二索:麻雀王国四索:麻雀王国四索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国

だったら四索:麻雀王国を切ってリーチするし

二索:麻雀王国二索:麻雀王国四索:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国

でも四索:麻雀王国を切ってリーチする。

ようはシンプルに「外側の方が待たれやすいよ」っというだけの話。






危険度だけで言えば「迷ったら内側を切る。」でいいんだけど、まだ他にもたくさん要素はある。

今回の局面だと、四索:麻雀王国は前に自分が通してるし、七索:麻雀王国は生牌である。

というわけで四索:麻雀王国を切ったら対面の木村プロの一索:麻雀王国四索:麻雀王国待ちのピンフに刺さった。

悶絶である。
たしかに木村プロの捨て牌からすると四索:麻雀王国の方が危険だ。

全体を見ての安全度、切り順をみての安全度…など、とにかく考える事が多く難しい。

ただ、漠然とどちらかを切るのではなく、必ず思考することが大事なのである。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事

Comment

 

zeroさんのブログいつも拝見させて貰っています!
本当にありがとうございます!
助かります!
頑張って行きますんでよろしくお願いします!
それでは!
よろしくお願いします!
これからも見てます!
  • posted by 山縣晴朝 
  • URL 
  • 2017.11/03 10:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>山縣晴朝さん

お…おぅ!
とにかく元気なコメントありがとう!
  • posted by zeRo 
  • URL 
  • 2017.11/03 16:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問
「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

麻雀家庭教師始めました
https://www.takumiru.com/

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
17位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

右サイドメニュー

保有銘柄動向

カウンタ

Twitter

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Amazon 商品検索