FC2ブログ

MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

霧雨の東京紀行・豪華大会編


「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!
現在、麻雀カテゴリ一位(ベストセラー)です!



このブログに書いてある重要戦術記事を全て詰め込み、わかりやすく解説しました。
「圧倒的に読みやすい!」
「コラムが面白い!」

という声を多数いただいております。

「トイトイダッシュ」「ケーテンゾーン」
「アルティメットピンフのみダマ」
など、知らないと乗り遅れてしまう戦術が盛りだくさん!

上のリンクからワンクリックで購入できるので、迷ってる方は是非!


しばらく記事のアタマにこれ貼ります。


さて、前回

霧雨の東京紀行・麻雀最強戦宣伝編

o0899120013802832814.jpg

の続き。



アマチュア最強位決定戦での経験も貴重だったけど、この日も同様に貴重な体験をさせてもらった。

西麻布で開催されたプロと天鳳勢の交流を目的とした大会に参加した。




プロ勢
多井・忍田・平賀・近藤(千)・醍醐・石井・友添・渋川・菊池

天鳳勢
ZERO・あさぴん@mj・独歩・しゅかつ・「円」・しゅーと・清張

(順不問・敬称略)

ヤバくない?このメンツ。
参加料が10万だったとしても考えるくらいの豪華なメンツ。

一回戦のこと。
近藤・忍田・シュート

忍田プロは大御所&レアで、真面目で実直な性格もあり、あまり他の人と話してなかった印象だけど、空気の読めない私はどんどん話しかけていった。とても気さくに応じてくれた。
まりちゅうの時にみたいに失敗する事もあるけどw今後もこのスタイルで押し引きしていこうと思う。

近藤プロは仮想通貨の話を熱く語っていた。
対局中にちょっと迷っていたら、後から「ゼロ秒じゃないんですね」と突っ込んできたw

さて対局の方はラッキーなアガリが続いて私の独壇場となったラス前の事。

        忍田13000
近藤21000  南3局    親 シュート28000
       ZERO58000

こんな状況で下家の親・シュートさんが切った一筒:麻雀王国に上家の近藤プロがポン。
その瞬間、対面の忍田プロもチーアクションをとっていた。

ほどなくしてシュートさんからの親リーチが入る。

その後、忍田プロがファン牌ポンだったかな?何かを晒して筋の三筒:麻雀王国を勝負。

むむ…忍田プロはさきほど一筒:麻雀王国をチーしようとしてたから二筒:麻雀王国は持ってるはず。

二筒:麻雀王国を差し込みたいところだけど、シュートさんのリーチに対しても切れないなぁ。

そう思ってるとシュートさんが五筒:麻雀王国ツモ切ったので、すぐに二筒:麻雀王国を切ってみた。
もくろみ通り忍田プロの当たり牌で、親を流す事に成功。

こういうファジーな情報って天鳳じゃ漏れないんだけど、リアルじゃあるよね。

競技麻雀としてはこの差し込みどうなんだろう。
若干グレーだよね?w

かといって、情報として入ってきたモノを利用してオリる行為も同じくグレーになってしまうし、「無かったモノ」として考えるのも難しい。
シュートさんは
「忍田プロもそれ(差し込み)を見越して押したかもしれないし、それは仕方ない。マンガンあってざまぁみろって思ったけど
と言ってくれたけど、どうなんだろうねぇ。

この半荘は無事トップ。
その後3着→2着→2着
とまとめ、決勝卓の4名に残る事ができた。

決勝卓のメンツは
独歩・しゅかつ・近藤・ZERO

これだけの一流プロに混ざり、それでも天鳳勢が決勝に集結した事を嬉しく思うし、勝手知ったる相手でやりやすいな…と思った。


さて、全ての方と話したけど、やはり印象に残ってるのはRMU代表の多井プロだ。

配信番組などをご覧になってる皆さんの方が、私よりも多井プロの事をよく知ってるだろう。

この人は本当に麻雀が大好きである。
そこいらの雀荘のおっさんの「麻雀好き」じゃなくて、「上達する事」や「考える事」が好きなのである。

もう大会中相手構わず、ずっと麻雀の話をしている。

そして対局中は真剣に考え、捨て牌を舐めるように見回し、そして本気で悔しがる。


このテンションで何十年と麻雀に取り組んできたとしたら、とてもじゃないけど勝てない…と思わせてしまう。


そうなのだ。麻雀と言うのは
「この人自分より麻雀が好きなんだな」
と感じた時点で勝てる気がしない。
(もちろん現状「格」が全然違う事をわかってる上で…ね)

多井プロと同卓したのは三回戦の事だった。

オーラス、多井プロの手牌。

二索:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国八筒:麻雀王国 チー三筒横:麻雀王国二筒:麻雀王国四筒:麻雀王国 ツモ七索:麻雀王国ドラ三索:麻雀王国

うろ覚えだけどこんなの。

私がリーチをしていて、無筋の七索:麻雀王国を切るか迷っていた。
14巡目の事だ。

多井プロは親であり、トップ目。
2着とは5000点の差。
オリればトップで終了できる。

八筒:麻雀王国は現物だったような筋だったような。

とにかくこの手牌でもの凄く考えていた。
全員の捨て牌と、自分の得点票と睨めっこしていた。

意を決したように七索:麻雀王国を勝負する。
そしてアガリが出ないまま最終巡を迎えた。多井プロは安牌を持ってきて考えていた。

伏せるかどうかを考えていたのだろう。
またしても点数表と睨めっこし、長考した上でテンパイにとった。

後に多井プロはこの時の事を語ってくれた。

七索:麻雀王国はね、ワンチャンスだったけど、一馬(石井プロ)がソウズの真ん中を持ってないわけないと思って、ソウズなら二索:麻雀王国五索:麻雀王国三索:麻雀王国六索:麻雀王国だと決めつけて押したよ。」

実際私の待ちは二索:麻雀王国五索:麻雀王国のメンタンピンドラの逆転手だった。

「最終巡は伏せるかどうか迷った。このままでは4回戦大きなトップが必要になるから。テンパイ宣言すれば二着目との点差は広がるし、ラス目の一馬はトップが必要って知ってたからアガリは遠いと思ってた」

その言葉通り、私の逆転手をかいくぐり、多井プロが細かいアガリを重ねていく。
結果的に多井プロはあのオーラスから20ポイント近く稼ぎ、4回戦の条件を緩和した。

面白かったのが5本場での事。
私が手を止めて、3400点差の近藤プロと300500で変わるのか確認してると…
会場係に「すいません、あと何分ですか?」と聞いた上で、打牌を早めていく多井プロ。

あ、これマンガで見た事あるw

「会場を仕切ればオーラ倍増!」

俺も参考にして、よく使うw
こうやって我々のような一般人を殺してきたんだな…俺は屈しないぜ…!と普通の速度で打ったw

誰よりも麻雀の事を考え、誰よりも真摯に麻雀と向き合い、それでいて誰が相手でも本気で麻雀を打ってくれる多井プロ。
私は西麻布でたしかに「真の麻雀プロ」の姿を見た。

代表っていうテンションじゃないぞ…あれはw 無類の麻雀バカや(褒め言葉)


さて、最後は決勝で物議を醸した局面。


ラス前の事。

              東家 近藤 23000
南家 しゅかつ 29000    南3局 供託1・2本場  北家 独歩 36500
              西家 zeRo 30500

これくらいの状況だったかな。
自分は早い段階でこのイーシャンテンになっていた。

四索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国 ドラ五萬:麻雀王国

この時、(勝負手がきたな。現状何も鳴かないし、先制が入ってもしばらくは押せるな…)と考えていた。
そんなところにかかってきた上家しゅかつのリーチ。

捨て牌はこう。

西:麻雀王国北:麻雀王国一筒:麻雀王国八索:麻雀王国北:麻雀王国四索:麻雀王国
八萬:麻雀王国六筒横:麻雀王国

この六筒:麻雀王国を鳴くか否か。

私は前述のように考えていたので、とっさに手牌の下方修正ができず、すぐにツモってしまった。
しかしこれは腰をつかってでも考えるべき局面だったのかもしれない。

供託と積み棒を考えると、300500のツモで独歩さんをまくれないものの、オーラス5001000条件まで迫れる。

その反面、勝負手にみえるこの手も、2600出アガリじゃまくれず、10002000をツモってもオーラス僅差勝負となる。

五索:麻雀王国八索:麻雀王国なんぞをツモってしまったら、リーのみになってしまう。

ドラが1枚あるなら、あがった時に明確にオーラスが楽になるのでスルーもある。
しかし、この局面は鳴く…という意見が多かった。

そっかーこれだけ広くても平均3巡くらいかかるし、供託込みで5001000条件まで迫れる…という計算もあらかじめしておかないといけないな…。ノーテンかつ微妙なリターンでしばらく押すよりは、テンパイで捌いた方が安定するのかな。
条件戦を何度も何度も経験し、そして勝ってきたプロ達の意見だから、きっと鳴いた方がいいんだろうな、と感じた。


結果的にこれが敗着となった格好になる準優勝だった。
優勝はしゅかつ。

悔しさは残るけど、本当に貴重な体験をさせて西麻布での麻雀大会なのでした。
参加者の方、主催者の方、ありがとうございました!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

匿名 

質問なんですが、ピンズの6を鳴いたらどの牌を切りますか?
  • posted by 名無し 
  • URL 
  • 2017.10/18 23:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>匿名さん

多井プロは6sを切ると仰ってました!
私は2枚の現物待ちよりも打7sとしそうですね。
安全度と枚数で!
  • posted by zeRo 
  • URL 
  • 2017.10/19 00:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

主催者は誰なんだろw

西麻布ってあたり、謎の金持ちかなw
  • posted by のど 
  • URL 
  • 2017.10/19 01:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>のどさん

実は自分も詳細を知らないんですよねw
RTDで貸し切ってセットするってだけでもめっちゃ高そう…
  • posted by zeRo 
  • URL 
  • 2017.10/19 01:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

自分も6Sか7Sで迷ってました、自分なら7S選択しそうです、お忙しい中回答ありがとうございました
  • posted by 匿名 
  • URL 
  • 2017.10/19 04:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>匿名さん

いえ!忙しいフリをしてるだけです!
  • posted by zeRo 
  • URL 
  • 2017.10/19 05:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問


「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

麻雀家庭教師始めました
https://www.takumiru.com/

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
33位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向