MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

信用取引という名のナイフ 【投資】



白くまアイスは至高!



さて、麻雀話ばかりではなんなんで、投資のあれこれを話してバランスをとっていきたいと思います。

ウクライナ情勢を巡る、ロシアの動きに左右されてる世界経済。
あと、ネット上の通貨、ビットコイン問題なんかもあって、金地金(きんじがね)の価格が上がってます。

あと、ここで知ったのですが、今金を買えば消費税5%で買えて、売却する時には8%ないし10%で売却できるそうです!

サラリーマンさんのブログ記事

有事に備えての資産運用ですね。

毎日が有事のZEROさんはそんな余裕ないですが、毎月数万ずつの積み立てとかならやってみようかな…




さて、ドル円も、日本株も、方向感がハッキリしません。

2014y03m04d_235000165.jpg


長い事膠着状態が続いてます。

アナリストや投資家も「上値が重い」と言ったり「意外と底堅い」と言ったり、どうとでも取れる感じ。
パッと見はダウントレンドですが。

動かないと差益も取れないので、しばらくは様子見が吉でしょうか。




それではタイトルの「信用取引」について、失敗談も交えて。

株って怖いイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、現金で現物株だけを買ってれば、「借金まみれ」になる事はありません。
運悪く、保有してる会社が倒産したら0円になってしまいますが、成長を適宜確認してれば、ほとんどありえないリスクと言えます。(そういう意味でもやっぱり業務のわかりやすい会社がいいですね)

で、どうやったらそんなみんな負けれるのかというと、やはり「信用取引」にあります。
これがものすごく巧妙な罠というか。

「信用取引」というのは、現金や保有してる株を担保に、証券会社がお金を貸してくれる制度です。

ここではZEROの使ってるGMOクリック証券を例にしますが、どこも似たようなもんです。

えーと、まず「信用取引」はそれ専用の口座開設の手続きが要ります。

とはいっても、これが驚くほど審査が簡単。
ZEROみたいな「信用」ならない男でもw、必要書類だけですぐに開設できました。

で、持ってる株の80%が担保として使えるんですよ。
例えば100万円分の株を持っていたら、80万円分が担保になる。
そしてその担保の3倍である240万円分の取引ができるのです!

これが「信用取引」です。


最初はそりゃドキドキしましたよ。
でも慣れてくると、その信用健余力って書いてある240万円が、自分のお金のように感じるようになるんですよね。

えぇ麻痺してます。
もうこれは使わないと損だと。

しかし、これ目一杯使うのはかなりクレイジーな行為です。

証券会社も商売だから、手数料や金利が欲しいわけで、そういう危険性には一切触れてきません。


どうクレイジーかというと、100万の現物株を担保に、240万目一杯買ったとします。

そうして持ってる株が全体で10%下がったとします。

10%というと大きく感じますが、日経平均で言うと-1500とかそんなもんだから、もうそんな事は日常茶飯事なくらい起こりうる事です。
今年の一月がそうでした。

100万の現物株だけなら、まだ90万残ってるので、お~下がっとるな~と鼻くそほじりながら達観できますが、「信用取引」を目一杯やってると

(100万+240万)×0.1=34万

なんと34万のマイナスを食らって、66万になってしまいます。
もう生きた心地しません。

ちなみに建値に対して、25%保証金率を維持してないと、追い証発生(金入れろと証券会社から連絡が来る)します。

証券会社は取り立て能力がないため、早め早めに手を打ってくるのです。


この場合建値が240万×0.25=60万
で、保証金が66万のうちの8掛けで52.8万

維持できてませんね。
追い証発生です。


ちなみに長期投資においては10%どころか20%30%の下落は当たり前のように起こります。
えぇ、茶飯事です。

このように、長期投資においては「信用取引」は相性が抜群に悪いです。
無駄に金利もかかりますしね…


自分がやり始めた頃は調子よく、株が上がるとまた健余力も上がるので、また目一杯買うというクレイジーループ。
そんなパンパンと張った状態では、ほんの少し下がっただけで、追い証が発生してしまいます。

分をわきまえてませんでしたね。



失敗して学びましたが、ナイフと同じで、使い方を間違えなければ強力な武器となります。

まず長期投資では現物で買い。
それを担保に得た健余力はスイングやデイトレなんかの短期で活かすのがベターかと。

下がったらすぐ損切りできるような投資に使うのが吉。


長期に使うとしても、目一杯でなく、せいぜい1倍以下に。
(この例でいったら100万の株に対し、100万まで。それでも追い証の準備は必要w)


生き残っていく上での重要なルールだと思い、設定しました。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
11位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向