FC2ブログ

MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

入れ込みアイアンホース【麻雀】


さてさてヒラリーステップシリーズの続き。




次回から対局者の名前を伏せようと思う。
「ブログに晒されるからzeRoに不利に打ちづらい」
とか言われてもおかしくない。

前も書いたけど、同卓した際は気にせず全力で倒しにきてほしい。
普通に集中して打ってもらい、迷ったらzeRoに不利に打つくらいがベターだけど、山越しかけられようが、不利に打たれようが文句は一切言わないので。


original.jpg




それでは本編。



THE 3RD DAY


リーチを受けた時に、

・その瞬間の安全度
・後の他家の押し返しに対する安全度
・自分のケーテン


この3つの要素が複雑に絡み合い、永遠の課題と思えるくらい判断が難しい。

zeRoはどちらかというと、ギリギリまで形を崩さず、ケーテンや押し返しを見るタイプだ。
しかしそんな私でも、メンツを中抜いてまで安全度を重視する時がある。

2017092520gm-00a9-0000-c24cb7fetw=1ts=4.jpg

・他家が明確に押してる時

点棒状況的にも押しづらい筈の上家がきてる。

複数押し(リーチや強い仕掛けに対して、押してる他家がいる状態)になると

・決着率が高くなり、流局率は下がる → ケーテンに向かう価値が下がる
・その一方で(おっかけなどの)危険度は高まる → ますますしっかりオリないといけない

という事が言える。

これだけ押してるとわかりやすいけど、初動を逃さないように河に注目しないといけない。

ミュー先生「七筒:麻雀王国の時点で察せないといけないという事ですね」


もう一つが…

2017092520gm-00a9-0000-c24cb7fetw=1ts=6.jpg

テンパイまでの道のりが遠い時。
こういう時は躊躇なく…

2017092520gm-00a9-0000-c24cb7fetw=1ts=61.jpg

メンツを抜いて

2017092520gm-00a9-0000-c24cb7fetw=1ts=62.jpg

他家の反撃に備える。

とりあえず中盤過ぎまではしっかりオリておいて、ケーテンを意識するのは二段目後半あたりでいけそうだったら…でいい。


というわけでこの半荘はラッキーなだけの親マンアガっただけで、あとはぶら下がりの3着。
むぅ…

牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2017092520gm-00a9-0000-c24cb7fe&tw=1
3位 B:zeRo(-15.0) C:インディゴブルー(-37.0) D:sin.nabe(+46.0) A:ゴリパラ(+6.0)

3620pt(変動なし)

THE 4TH DAY

文句ばっかり言ってるけど、こうやって終わる度に書くのはリズムを損ねるというか、妙に気合が入りすぎてしまう。


その事を痛感した半荘だった。

まず東発の親。

2017092520gm-00a9-0000-f9ce089ftw=0ts=0.jpg

2巡目だったら28牌も残して

2017092520gm-00a9-0000-f9ce089ftw=0ts=01.jpg

タンヤオを見る。
ツモ二萬:麻雀王国もバチコイだ。

これがうまい事…

2017092520gm-00a9-0000-f9ce089ftw=0ts=02.jpg

3面張になってリーチ。

しかし結末が

2017092520gm-00a9-0000-f9ce089ftw=0ts=03.jpg

こう。
得られるはずだった2600オールがマンガン親かぶり。

いやいや麻雀打ってればこんな事もある。
というかこんな事の連続で成り立っている。

得られるはず?
牌も点棒もお前だけのものじゃない。

ヒラリーステップに向けて、力が入り過ぎていた。
やはり敵は周りじゃなくて自分だ。

その事に気付いたのは次の局だった。

2017092520gm-00a9-0000-f9ce089ftw=0ts=1.jpg

迷ってポン。


しまった…。
鳴いた瞬間に思った。
自分の基準では圧倒的にスルーだ。

面前リーチが十分に見込め、慌てて東:麻雀王国など鳴かなくてもタンヤオで十分代替できる。

恵まれた配牌を手にしたのにも関わらず、いきなり交わし手に認定してしまった。
俺はこれを30006000に育ててきたからこそ、トップ率.290を維持できているのだ。

先ほどのメンタンピンのダメージが、焦りとなって判断に表れてしまったのだろう。

能力以上のものは出ないんだから、気合なんて入れなくていい。
ただただ、普通に打てばいいのだ。


クリックした後ではもう遅い。

積み上げてきた何かが崩れていく音がした。

2017092520gm-00a9-0000-f9ce089ftw=0ts=11.jpg

ファン牌晒して中身はタンヤオばかり。
こういう手は本当に情けないと感じる。

もういっそ親リーに18000とか放銃して、うみを吐き出してしまいたい。

と思っていたら

2017092520gm-00a9-0000-f9ce089ftw=0ts=13.jpg

なんかアガれてしまった。
まぁ結果は関係ない。

本来ならここで自分の「異変」に気付き、軌道修正していくべきなんだろうけど、あまりに衝撃が大きくて頭が真っ白になってしまった。
後の事はあんまり覚えてない。

勝負所で

2017092520gm-00a9-0000-f9ce089ftw=0ts=5.jpg

メンホンに放銃してラスったらしい。



牌譜
http://tenhou.net/0/?log=2017092520gm-00a9-0000-f9ce089f&tw=0
4位 A:zeRo(-41.0) B:爆弾五郎2(-23.0) C:どいーん(+12.0) D:tnfsh204(+52.0)

3620→3440pt(-180pt)


4戦でセカンドアタックは終了した。


昨年のアタックは、記事を読んでもらうとわかるけど、失敗に終わったもののやり切ったという充実感に包まれていた。
逆境ヒラリーステップ【麻雀】

今回は自分じゃない誰かが打ってラスってしまったような、とてもやりきれない思いだ。


しかし、この実体験を経て「自分の弱さを知る事ができた」と前向きに捉えよう。

幸いまだ1回ラス引いただけだ。

たまたまといってはなんだけど、明日から出版業務で少し忙しくなる。


仕切り直そう。
そして同じ過ちを繰り返さないよう、「集中しすぎないように集中して」再度アタックするのだ。

夢にまでみた景色まで、あと少し。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

NoTitle 

コメするのは初ですが2・3年ほど前から読んでいます。
天鳳位到達すること祈ってます。

最近、zeRoさん・木原さん・タケオしゃんさん等々、強者の牌譜を見ることが多いのですが、ゆっくり考えながら見てもわからないのが、まさにリーチを受けたときの手順でして。

記事内の青字3つあたりを意識しているのはわかっていても、どうしてその順番になるのかチンプンカンプンだというのが正直なところ┐(´~`;)┌

質問です。
①ターツの一つを切るよりメンツから一つ中抜いた方が、(特にケイテンへの)復活の可能性が高いという認識は正しいですか?

http://tenhou.net/0/?log=2017090320gm-00a9-0000-5dd90c26&tw=1&ts=0
この牌譜(東1局zeROさん)において、(1pを中抜いたにも関わらず)、6pを切らなかったのはなぜでしょうか?下家が手替わりする前の2巡(実際は発と9m切り)の間は、6pを合わせたくなってしまうのですが。下家の急所になり得るかもということでの絞りですか?

一つ一つ聞くとキリが無さそうで控えていたのですが、たまたま記事の内容に合っていたので聞いちゃいます。

執筆作業や、ついに来た登頂チャンスでお忙しいとは思いますが、ご教示よろしくお願いしますm(_ _)m
  • posted by かぶ茶 
  • URL 
  • 2017.09/26 00:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

東ポンが反省点なのですね。

因みに5pがドラではなくてもスルー寄りです?
  • posted by 名無し 
  • URL 
  • 2017.09/26 00:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

zeRo@MAXBET 

>かぶ茶さん

ありがとうございます。

受けに関しては青字のような要素が複雑に絡み合うので、本当に難しいですよね。
例えば、リーチに対して押してる他家がいたとして、そこに対して現物を残そうとして今のうちに切った牌がダマテンに刺さる…など、逆の効果になりうることもあるからです。
私は間などを駆使して考えてますが、感覚的な部分も多く、また記事にしても地味であるので、あまり今までとりあげてこなかったのかもしれません。

質問にお答えします。

① いや、復活の可能性という意味では

・セットで落とせるターツ>・セットで落とせるメンツ≧・一枚落とせるターツ>・3枚中2枚セットで落とせるメンツ
という順番に落としていく事が多いですね

② いや、これは流しマンガンをみてますねw


>東ポン

トップ目ならまだいいと思うんですが、親カブしたラス目の手順ではありませんね。。

あくまでも感覚ですが、ドラ1なら3巡目までは二枚目を打たれてもスルー。
一段目後半なら二鳴きも考慮。
ドラ0はここから少し鳴き寄りになりますが、この点棒状況ならあまり変わらないかもしれません。

いずれにせよ中張牌を調子良くツモる事ができればすぐに落としていきますねー。
  • posted by zeRo 
  • URL 
  • 2017.09/26 05:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

木原さんがたまに想定読者を指定した記事があるように、人によって「見える」ものが違うのだから、他者に理解できないことがあるのも当たり前ですね。
だが、しかし、

>流しマンガン
ぐはぁ!完全に抜け落ちてた。激しく理解ww
①への返答もありがとうございます。

おそらく次の記事になるであろう半荘、途中から見てました。
「よし!」の局もあれば「ぐぬぬ」の局もあり…見てても苦しかった。ダマとリーチの使い分けが勉強になりました。(再レスは不要です)
  • posted by かぶ茶 
  • URL 
  • 2017.09/26 06:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問
「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

麻雀家庭教師始めました
https://www.takumiru.com/

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
30位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

右サイドメニュー

保有銘柄動向

カウンタ

Twitter

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Amazon 商品検索