MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

6ブロック何切る回答【麻雀】

昨夜の何切るに、たくさんの回答ありがとうございました。

ここに自分の考えを書いておきたいと思います。

まずは問題の牌図から。

2017062305gm-00a9-0000-f9eb4522tw=3ts=1.jpg

まずこういうの、形的には対子を落とすのが最速なんよ。
4m

今回だと、ツモ47mからのタンヤオや、ツモ23mからのイーペーが見えるから打1mが一番優位っぽい。

成岡本のコラムにも似たような牌姿が出てくる。

2017y06m24d_100647959.jpg

ターツ落として5ブロックに構えるか、2m切って6ブロックに構えるか。

2m切るとリャンシャンテンとしては一番広い。
一見、柔軟に見える。

しかしこの時点でパンパンに構えると、後のタテツモは全部切るハメになるし、安牌も持てない。
そしてどこかのリャンメンが埋まって、ようやくターツを処理する事になる。

リャンシャンテンで余り牌なくパンパンに受け、イーシャンテンにむけてまた作り直す…ってのは、少し効率が悪い。
柔軟なようにみえて、窮屈なのだ。


そこへ浮かび上がってくるのが打9s

ターツの選択は保留し、一枚余裕が持てる。
他のターツを縦引いた際に、223という形が活きてくる。


と、いうわけで、ここは打9sが有利…って書いてあるけど、今読み返すと、ジュンチャンが見えるから打2mや打56sも全然あるな…

ま、ジュンチャンは見なかった事にしてw、形の基本ではトイツ落としが有効だよ…って事。

純粋に考えてさ、6ブロックの中で一番弱いところはどこだって見た時に、やっぱ単独対子の部分になっちゃうからね。




それをふまえて問題に戻ると、1mなり4mなり切っておけば、ソウズとピンズのターツの部分をタテに引いた時に、やはり799mの部分が活きてくる。


というわけで、手牌的の正解は打1m

ただ、それはあくまでも「1人麻雀」の回答で、実際の麻雀では「守備力」や、「4mを切る事による河の弱さ」も考慮に入れないといけない。

というわけで自分が切ったのは

2017062305gm-00a9-0000-f9eb4522tw=3ts=11.jpg

形的には違和感が強いけど、打7m

9巡目でピンフのみのリャンシャンテンとあらば、両脇の現物である9mの対子を残しておきたい。
そしてここを後から切って安全にケーテンを含むテンパイにこぎ着ければ御の字だ。

567の三色がなくはないし、ダイレクトなツモ8mも惜しいので打9mでもいいと思う。

私は、巡目的にもコストに見合わないかなーと思って7mを先に切ったまでだ。


結果的に…

2017062305gm-00a9-0000-f9eb4522tw=3ts=12.jpg

上家からリーチが入ったものの、9mで一巡凌ぎ、1枚勝負でテンパイに漕ぎ着けた。
追っかけだからあんまり関係ないけど、河もめちゃめちゃ強いね。

あそこで打1mなり打4mなりしていると、通さないといけない牌が複数になり、オリていただろう。


多少受け入れを狭めて、後に安全牌を切っていくような手組は、一見守備的に見えるけど、今回のように一枚勝負で舞台に躍り出る事ができる…という攻撃的な面も持つ。


3巡目だったら打1m
6巡目だったら打9m
9巡目だったら打7m

と、するのがバランスいいと思うけど、みなさんはいかがお考えだろうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
20位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向