MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

天鳳最強プレーヤーの思考から学ぶ【麻雀】

まずはお知らせ。

来たる7/2(日)
雀サクカップの実況解説をやる事になりました!




ASAPINさんも解説を担当してるので、天鳳トークで盛り上がれそう。
打ち手の意図を汲み取りつつも、見た人に1つでも役に立てるようなそんな解説ができればいいなと思ってます。

最近配信してないから、練習がてら配信しようかな。

alteil04.jpg




そんなASAPINさんだけど、麻雀ウォッチと雀サクッTVが共同で配信していた
「ASAPINの天鳳この1局」
が非常に面白い。

ASAPINの天鳳この1局

初心者には少し難しい内容かもしれないけど、中級者より上の打ち手には思考そのものがヒントになる事が多いと思う。
1回の配信につき、一局を紹介しており、5分前後で終わるため、そこまで身構えなくても気軽に観れてしまうのがいい。

こんな優良な動画にも関わらず、宣伝が下手なのかあまりに閲覧者が少ないので紹介したいと思った次第。


ここでは特に印象に残った回を紹介していこうと思う↓

自分が、ASAPINさんの一番すごいと思う点は
「常識にとらわれない」
という部分だと感じた。

いや、本人は自分の利を最大限追及してるだけだと思うんだけど、
「常識的にはこうする」といった場面や
「誰も気にもとめない」場面で、普通の人が思いつかない選択をとることがある。

全ての選択の可能性を考えてるというか。


将棋の渡辺竜王は、ほぼありえない手筋に関しては一切考えず切り捨てるという。
対して羽生名人はありえないところまで考え、気になったら他の人が考えないような手順でも指してみたりする。

どちらがいいという話ではない。
切り捨てる事で通常手順の読みの精度を高める事ができるし、ありえないところから驚愕の勝ち筋を見つける事ができるかもしれない。

ASAPINさんは羽生さん寄りの思考…と感じた。

一番そう感じたのは、第4回のこの手牌

ASAPINの天鳳この1局 4局目 「安全かつアガリを望める鳴き仕掛け」

2017y05m28d_140539328.jpg

クイタン、うまくいけば三色のシャンテン。

そこで上家からリーチがかかってきた。
捨て牌は

東:麻雀王国三筒:麻雀王国一索:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国八萬:麻雀王国九筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八索横:麻雀王国

こうだ。


ASAPINさんはこの8sをチー。

いや、わかる。
6p7pと切っていって安全にテンパイしよう…って事だろう。

しかしリーチかかるまではこの8sは絶対鳴かないよね。
そういう意味では頭から飛んでる手順。

このような可能性に関してもASAPINさんはしっかり吟味する。

安全度を追求…といっても手牌は短くなるわけだし難しいところ。
しかし現状危険な5p47sが出ていくシャンテンよりはマシ…と判断したんだろう。


これはネット麻雀でしか鍛わらない、独特の感性だと思う。
鳴ける牌で全て止まり、一つ一つの選択を吟味できる。
そして長考してもチェックは入らないwし三味にもならない。

選択の吟味を怠らず、常に自分の利を追求してきたASAPINさん独特の感性だと感じた。


他にも第三回の

ASAPINの天鳳この1局 3局目 「配牌が悪い時の進め方」

3巡目、この手牌から

2017y05m28d_141857151.jpg

6s切り。


第9回

ASAPINの天鳳この1局 9局目 「シャンテン数の変わらない鳴き」

この手から

2017y05m28d_142437731.jpg

やはり上家からリーチを受けての5pチー!

など、異端の感性を上げると枚挙に暇がない。







こう紹介すると、チョロチョロ鳴き散らかすイメージがあるけど、個人的にうおっ!と声が出たのは

第21回

ASAPINの天鳳この1局 21局目 「高打点だが待ちの悪いテンパイ」

6巡目、この手牌から

2017y05m28d_143139270.jpg

テンパイとらずの打5s

我々には「マンガンのテンパイはとるべし」という「常識」がある。
それで間違いはなく、9割以上はテンパイとって損はない。

しかしやはりASAPINさんはそんな常識にとらわれる事なく、目の前の選択を吟味する。
そして残り1割未満のテンパイとるべきじゃない場面を抽出する。

この手、4sのアガリ逃しがあまりに痛い。
それが痛すぎるからテンパイとるのが「常識」と教えられている。

しかし周りの捨て牌を見るとまだ序盤であり、4sの出現率は高いとは言えない。

それならば、出現率が高くないうちに好形やアガりやすいテンパイに組み替える選択も一考すべきではないか。

これは

・456カンチャン
・ヘッドが1pであるって事
・ドラのアンコが他家から見えない


という条件を奇跡的に満たした、「トラズ寄り」の場面のように思う。

まずは先ほど言った通り456カンチャンだから、まだ相手に打たれづらい待ちである事
→ロスは「4sツモ」と「決して高くない、相手に打たれる可能性」…と限定的

これがカン2sだったらテンパイにとった方が良さそうだ。

ヘッドが1p、これも大きい。

ポンしやすく、ノベタンから好きな待ちを選べる…という利点、タテ引きしてシャボになった時もカン4sよりは強い待ちになるだろう。

これが1pヘッドじゃなくて5pヘッドだったら迷うところ。
最序盤なら外すけど、6巡目ならかなり微差になってくると思う。

あとはドラポンじゃなくてドラアンコな点もある。
高い手にみえないため、過剰に絞られる事がなく、上家からのチーやその後のロンまでも普通に期待できる。

これだけの変化量があれば、出現率の低い待ちにとらわれず、外した方がアガリ率は上昇すると思う。
「絶対アガリたい手だからこそ好形を作る」
近藤誠一プロが言ってるのはこういう事だと思う。


毎回吟味する事によって、こういう「常識を奇跡的に逆転する局」を逃さないのがASAPINさんの強みだと感じた動画でした。

中級者までは、変にこねくらずに
「マンガンテンパイはとる」
でいいと思う。

しかしそれ以上を目指したかったら臨機応変に場面に合わせて選択する努力を怠ってはいけないんだろう。



他にも参考になる回はたくさんあったので、お時間のある中級者以上の方は是非勉強してみましょう!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

 

これは最高の教材を教えてもらえましたね〜

アサピン氏の解説動画を探してたんですけど、見つからなくて・・。

こういうのを探してたんです!!

半年くらいはこれ以外しばらく必要ないですね・・・
  • posted by 長山大樹 
  • URL 
  • 2017.05/29 02:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>長山さん

半年てw
数時間で観てしまったぞ!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2017.05/29 03:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

質問なんですが・・。

普通の点5雀荘戦の南4で親、自分トップで8500点差の3着子から7巡目にリーチ。
2着とは3500点差。
自分もすぐ69ソーで役なしをドラ1テンパイ。

関連牌は6ソーが場に1枚のみ。

長期的には追いかけない方がいいですかね?
  • posted by 長山大樹 
  • URL 
  • 2017.05/30 18:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

因みに、子リーチの河ににターツ選択の跡はありません!
  • posted by 長山大樹 
  • URL 
  • 2017.05/30 19:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>長山さん

巡目による。
二着順下降(+50→-10)は痛いけど、おりててトップまくられる(+50→+10)のもかなり痛いから、9巡目くらいまでならリーチしてトップを守りに行くのもいいと思う。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2017.05/30 20:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

・・・ありがとうございます!

結果は宣言牌五万が一発で刺さり、出上がり2600が5200振り込みで3着となってしまいました。

このようなオーラス時の細かい場合分けによる押し引きの変化の表になってるものはありますかね?

今日こんな捲られが2回もありました・・・多分ホントならトップだとして+2800円が−1200円とかになるので差し引き4000円。
2回で8000円になるんですよね・・・

こういうトコ以外は完璧に近いと思うので、オーラス時の押し引きをうまくする事で仕上げたいんですが・・・
  • posted by 長山大樹 
  • URL 
  • 2017.05/30 20:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

オーラス以外は完璧に近いと書きましたが、アサピン氏のヒルピンデスを見たらそうでもなかったみたい・・・🤤
  • posted by 長山大樹 
  • URL 
  • 2017.05/30 21:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>長山さん

完璧なわけないだろ!
結果は上下4000円でも、差はわずかだろうから気にしない
ただ出てく牌が危険牌なら、もう少し許容巡目もシビアになるだろうね

表といっても点差や手牌が細かく違うから、毎回考えるしかないと思うよ
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2017.05/30 23:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

量産型デジタルが勝てなくなってきて、
昭和の強者寄りな打牌臭がしますね。
(良い意味でです)
  • posted by  
  • URL 
  • 2017.05/31 14:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 



昭和の強者って面前・手役派ってイメージなので、昭和とも違う気がします。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2017.05/31 14:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

一週間前の記事で恐縮ですが、ドラ8pアンコのテンパイとるかとらないかの手牌。ドラ無しで千点なら私の場合ほぼ例外なくとることになりますがzeroさんはどうなりますか?

理由としてはかわし手だと後々踏み込むことも減るから瞬間のアガリ抽選は受けておきたいこと、これ以上手牌を短くしたくないことがあります。特に1p。
  • posted by lamb 
  • URL 
  • 2017.06/03 20:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>lambさん

たしかに1000点の手で1pはポンしたくないですね。
しかし1pポンの分を差っ引いても、ここでテンパイをとるかは微妙なところ。
6巡目ならとるけど、3巡目なら外したくなりそうです。
かなり遠いですが、打5sはトイトイになる順もありますしね。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2017.06/03 22:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
10位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向