MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

何切る回答【麻雀】

名古屋に帰ってきました!

東京ゲストの感想は後ほどにして、まずは話題になった何切るから!




初めてみる!
って人は、まず↑をじっくり見てからどうぞ!






何切るあげるとさ、必ず細かい鳴き読みの考察を出して結論を導く人がいるけど、その考察が、短い時間で判断を迫られる実戦の中で、どれくらいできるかというと、ほとんどの人ができないよね。
じゃあその考察にどれくらいの意味があるのかっていう。

だから最低限、ここだけは抑えてほしいって部分から解説していこうと思う。

まず上家。
上家は500・1000条件。

つまり、カン7pをチーした時点で、もう一つドラを持ってる事が推測できる。
は全部見えてるので、赤…捨て牌からすると赤5mを持ってる可能性が高い。

いやまぁ、バラバラから最悪ケーテンでもいいやって感じで、見切り発車で仕掛けたかもしれないし、678の三色を目指してたのかもしれない。
あくまでも可能性の話。

で、よくみると3副露してからの2s切りが異光を放っている。

この打2sから(細かい考察なしに、実戦で現実的にできる範囲で)推測できる事は

①くっつき候補じゃなくタンキの振り替えじゃないか
②ファン牌バックではなさそう


の2点。

①は単純にくっつき候補なら6mの方が優秀だよねっていう。
②は赤5mを持ってて、頭候補の2sを崩してファン牌バックになる形はなさそう。

タンキの振り替えだとしたら、2sよりいいタンキってあまりない。
じゃあマンズの567にくっついた亜リャンメンかノベタンが濃厚か?


いかにも自分が持ってる3m7mは危ない。

かといってテンパイノーテンで変わってしまう。
目をつぶっていくしかないのか…

いや、上家の

・赤5mを持ってる
・バックじゃなさそう


という事がわかれば、反射で対面の手も見えてくる。

マンズの染めの可能性もあるけど、対面は状況的に点棒はいらない。
一打目にファン牌を連打してるあたりもそうだ。

そう考えるとファン牌バックの可能性は高く、上家が赤5mを持ってるとしたら、残りのドラは赤5p一枚。

見えてないファン牌はか…
2000はセーフ、2600はアウト…差し込むか?


こう言うと、
「2600あってもおかしくないし、染まってるかもしれない。だから差すのはNG」
って反論する人も多い。

しかし自分の手を見てみよう。
上家の仕掛けに対し、切りづらいマンズを2つ抱え、イーシャンテンである。

ここからどうせテンパイノーテンで変わるから…と、一か八かマンズを切り飛ばしていくよりも

を切って、まずは対面に2000点以下の放銃を期待する。
どちらかと言えば2000以下の可能性のが高いと思う。


ポンされてもいい。

それが叶わなかったら、対子落としから、なんとか一枚勝負でケーテンを目指す
…というのが、一番ラス回避率の高いプランだと思うけどいかがだろうか?

もうこの状況自体が苦しい。
ラス率は半分を越えるだろう。

でも、だからこそ我慢が大事だ。


実際、私は

2017042100gm-00a9-0000-aa6d0564tw=3ts=101.jpg

我慢ができずに、顔をあげてしまった。

この時

・赤5mを持ってそうな事。
・タンキ振り替え濃厚な事。
・対面はバックかも…という事。

これらの推測はできていた。

しかし、その点と点である各推測をつなげて線にする事(反射で対面の2000以下の可能性を読む事)。
そして線をからませて立体的に考える事(それを踏まえて自分の手牌でどうするのが一番得(マシ)か…を考える事)。

ができなかった。
時間に追われ、どうせテンパイノーテンで変わるし、マンガンアガればトップまであるし…と、そこで思考停止してしまうかのように7mをクリックしてしまったのだ。

よく見たら下家もテンパっている。
それはたまたまだが、別にその可能性は常に存在し、何も驚く事ではない。

将棋に「駒を下げる」という言葉がある。
一旦引く…みたいな意味だ。

見えてる自分の手牌と見えてない相手の手牌を比較し、状況を鑑みた上で総合的に判断すると、ここは一旦打として
「牌を下げる」
のが、一番ラス回避率が高い選択だったように感じた。

ゆえに、反省の意味も込めて問題にした。



上家の手牌、考えれば考えるほど4567mしかないように思えてくるけど、実戦でそこまで考えるのは至難の業。
それはS級。
ASAPINの世界だ。

とりあえずは、何度も言った上家の
・赤5mを持ってる可能性が高い事
・タンキ振り替えが濃厚な事
・バックは無さそうな事
この3つをなんとなく、おぼろげでもいいから感じる事。

そして対面にドラはMAXで1枚…と反射で読む事。

総合的に打を選択する事。

これだけでも実戦でできる人は少ないと思う。
十分A級雀士だ。

ようわからん…と、なんとなくでベタオリするのはB級。
それでもテンパイノーテンで変わってしまう状況下で、我慢するのは凄い。
オリてれば対面か下家がアガってくれる事もある。
下家の捨て牌は早そうだ。
バラバラでオリてるにしては直前の5pが強い。

しかし7mで放銃してしまっては、そのライバル以外がアガってくれる…という抽選すら受ける事ができない。

そう、この手牌で7mを打ってしまうのはC級だと思うw


今までだったら、性格上仕方ない…って割り切ってたかもしれないけど、読みの精度を高めて、なんとかこの先に進みたいんだよな。
S級とまではいかないけど、A級の判断を目指したい。

タンキの振り替えを疑った時に、じゃあどこがあるかもう少し掘り下げて考えるようにしたい。




あくまで自分が勝手に用意した「回答」だったけど、いかがでしたでしょうか。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

NoTitle 

東京出張お疲れ様です。
僕もzeRoさんゲストのお店超行きたかったんですが、さすがに都合が付かず・・・申し訳ありません。
何切る回答は、自信もって3m切りだと思っていたのですが、豪快に空振りしました。
仰るとおり、タンキ振り替えの可能性が濃厚で、3mなら上家に当たるのは3mタンキ(36mノベタンだとフリテン)だけなので、まず通ると思っていました。2s切って3mタンキに取ってることは、まぁ可能性として低いので。

逆に完全に見落としたのは、赤5sチーですね。
ここから上家赤5m持ちは確かに読めますね。
これは全く気づきませんでした。
制限時間無しで考えてるのにw
上家赤5m持ちが読めないと、対面の手が2600超えてる可能性にかなり影響してくるので、発切りが非常に選び辛かったです。

特にこの状況は、対面に打ち込むか自分が上がってしまわないと、上家のアガリもしくはテンパイでラス転落が濃厚なので、腹くくって押すしかないと思って3m選びました。
勿論張ったら7mも押す前提ですけどね。
捨て牌から、マンズで一面子持ってる可能性はかなり高く、7mはノベタンド本線ですが、上家は25m待ちだと信じて切るしかないかと・・・(7mにくっついたら白トイツ落としで迂回で)

難しい問題でした・・・
  • posted by 船橋 
  • URL 
  • 2017.04/26 04:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

あえて言わせてもらうけど・・・
2pチーどこやねん(´・ω・`)
  • posted by  
  • URL 
  • 2017.04/26 04:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>将棋に「駒を下げる」という言葉がある。

これは知らなかったです。「指しすぎ」とか「自重」は使ってますが;
  • posted by  
  • URL 
  • 2017.04/26 08:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

正解できて嬉しかったのでコメントw
面白い何切る?ですね。上家の4-7mが濃厚すぎるからこその判断。下家との点差が12000以内だったり、持っているのが他の無筋だったり、フリーだったりで色々変わってきそう?
  • posted by  
  • URL 
  • 2017.04/26 09:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>船橋さん

打3mいいんじゃないでしょうか。
後から考えたら‥の話ですが、少なくとも7mよりはマシだと思います。
ただ実戦でそこまで考えれるのは難しく、上家が(対面や自分に切れない‥!)と感じて3mタンキに受けた可能性は残りますよね。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2017.04/26 09:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>2pチー
2pポンですね
簡略化しすぎてしまいましたが、1枚目の4pの後のツモ切りだったような

>駒を下げる

「ジッと」とかもよく聞きますよね!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2017.04/26 09:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>いろいろ変わってきそう?

ラスに辛い天鳳だからこそ、こういった読みは大切なんでしょうね!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2017.04/26 09:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

2pポンが何順目か、手出しツモ切りのどちらかは重要だったので書いてほしかったっす。

2p切りが1枚目の4pの後のツモ切りだとすると、
打4pの時点ではr5667m4p223sから4pを切ったってことですか?
てっきり4pの前かと思ってました。

世の中には色々な人がいるのですね。
  • posted by  
  • URL 
  • 2017.04/26 15:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 



今牌譜見たら記憶と違って4pの前でした!
ただ、↑の形から4p切る人がいてもおかしくはないと思います
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2017.04/26 17:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

やっぱり4pの前でしたか。それならば打4pは納得です。

打2pが無くても4p切る人もいるとの事ですが、そういう牌理に反した事をされてしまうと、読むのが難しくなりますね!

最終的には統計が解決するんでしょうけど~
  • posted by  
  • URL 
  • 2017.04/26 17:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 



いえいえ、記憶違いスイマセン


「色々な人がいる」事をふまえて、自分の手牌を元にどれくらい読みを活用するのかを考える事も大事だと思いますよ。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2017.04/26 18:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>3mなら上家に当たるのは3mタンキ(36mノベタンだとフリテン)だけ

3mシャボは無いと考えた理由は?
  • posted by  
  • URL 
  • 2017.04/29 07:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

返信失礼します。

3mシャボは無いと考えた理由は、やはり大きいのは最終手出しの2sですね。
その後4sが枯れることで、2sはほぼ孤立牌でもってたことが分かるんですけど、じゃあ2s持ってた理由の本線は、2sタンキで張ってた可能性なので。

可能性としては、2sを準安パイとして持ってた可能性もあります。
(これは蛇足ですが)実戦では、時間が無くてとても無理ですけど、一応4pの早切りと6m手出しで、「仮に3mシャボだったとしても、もう一つのトイツ候補を考えたときに不自然な候補しか残らない」というのもあります。
例えば、3m4mの並びバッタ待ちだとして、シャンテン時2sよりも6m残しておいたほうが広い、ということです。(僕は赤5m持ちを読みきれてなかったので、この辺読みが根本的に変になっちゃってますが・・・)

可能性がゼロではないんですけど、3mシャボは直感的に切ってよいかと感じました。
そして自信もって3m切って対面のホンイツにささったぜ!あの手出しでホンイツできてんのかよ!!って落ちかと思っていましたw
  • posted by 船橋 
  • URL 
  • 2017.04/29 14:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

とりあえず、↑のヒトの説明が良くない。
こう書くべき。

仮に3mシャボならば、4s鳴いた後の形が
2s 336m +(謎の牌1枚)
もしくは
2s 36m +(謎の牌2枚トイツ)

2sは4sが全見えで、3sも通っているので孤立牌からの切り出し。
よってどっちの場合でも、2s残して6m切るのは不自然。
3mシャボは無い。
というか同じ理由で、シャボ待ちの可能性そのものがほぼ否定される。
  • posted by  
  • URL 
  • 2017.04/29 15:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問


「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
25位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向