MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

判断要素の優先順位【麻雀】

前回の記事

プロ殲滅宣言【しゃるうぃ~てんほう!】

もちろん本音で書いたんだけど、半分はしゃるうぃ~が盛り上がってくれればいいな…という思いで書いた。

そしたら早速福地先生がとりあげてくれた。

>zeRo師匠が、プロ協会の人たちをボコボコに倒すと宣言しておられる。







そこまで言ってねぇwww


まぁいいや。
全力で頑張る事には変わりない。



では本題↓

2017011017gm-00a9-0000-09abb22dtw=2ts=2.jpg

これ鳴く?

親リーが入ってるが現状安牌ない。
仕掛けてとりあえずワンチャンスの9sを切っておいて3900テンパったら勝負…というルートもある。











いや、そんなルートなどない。

親リーにこの巡目のシャンテンで逆らっていては、点棒がいくらあっても足りない。

「安牌の数」は判断要素の一つだけども、優先順位としてはかなり下の方だ。

この局面は、巡目もふまえると自分の手が見合わないので、最大限放銃を避ける場面だ。
安牌がないからこそ、安牌を持ってくる抽選を大事にすべき。


じゃあこれはどうだろう?

2017011017gm-00a9-0000-ec6e1d22tw=1ts=0.jpg


まーた親リー×安牌なしの局面。
今度は先ほどと違って巡目は早いし、一発も消せる。


これは当然ー













2017011017gm-00a9-0000-ec6e1d22tw=1ts=01.jpg


鳴くわけない。

何度も言うけど、後手を踏んだ場面でかわし手で立ち向かうのは周りが喜ぶだけだ。
またしても安牌がないからこそ安牌を持ってくる抽選を大事にする。

で、この8mがアンコった場面、何を切ろう。

今の話と矛盾するかもしれないけど

2017011017gm-00a9-0000-ec6e1d22tw=1ts=02.jpg

8mアンコ切りが安定だけどこれくらいの牌は押す。
押すと言っても安牌がないので、ワンチャン次にテンパったら追っかける算段でシャンテンを維持するのだ。
特に6sが入ったなら十分見合うだろう。


そう、判断要素で一番大事なのは何はともあれ「自分の手牌のイケてる度」だ。

自分がアガれそう、得する…と思ったら押すし、自分の手牌が苦しかったら引く。

至極簡単。
この要素に比べると「一発消し」や「安牌の枚数」なんぞはあまりに小さい。

特に「一発消し」なんかは慣れないうちは全く考慮しなくてもいいと思う。


これらの判断は当たり前のレベルなんだけど、この当たり前の事ができてない人のなんと多い事か。

この一番幹となる判断ができないのに

「この切り順にはこういう複合系のケースがあるから…」
とか
「平均〇〇点のリーチに筋が〇本残ってるので、1本通す負荷は…」
とか
「打〇はシャンテン受け入れが1枚減るけど、その代わり河が少し強くなり…」

など、細かーい事言ってる人は、学ぶ優先順位を間違えてると言える。


特に特上民に多いように感じる。

例・

この方は最近Twitter上で絡んだ方。




・安牌ない
・手が進む
・一発消せる


という理由で鳴いたと仰ってた。

上の例を見ての通り、これはまるきりNGだ。

安牌がないのに安手のバックで手を短くして無筋を切り飛ばす…なんて
正気の沙汰とは思えない。


もうひとかたは勉強熱心な「ろあんぬ」さん。

オーラス、親リーが入って上家から5pが打たれたところ。

2017010916gm-0029-0000-37a29cd2tw=2ts=12.jpg

なんだろ…。
やっぱ一発は消したいもんなのかねw





やはりというか「安牌がない」という要素も加味してたよう。

この点棒状況とこの手牌を鑑みると「前に出る」という選択自体が間違い。

親に放銃したらタブーとされる「2着順下降のラス」がクッキリみえる。

南場になったら最低の結果を局が始まる時に考えて なるべくそうならないように打つと良いと思うよ。



これはシュートさんの言葉。

この局面の最悪は、手詰まっての親or上家への放銃だろう。

現状2着目。
上家が頑張ってアガってくれれば2着も十分あるし、その上家の押しを親が咎めれば3着は安泰だ。

したらばこの手でやる事は一つ。

チーした時のアガリ確率、放銃確率。
しなかった時のアガリ確率、放銃確率。

それにともなうpt変動。

やはりスルーして安牌を持ってくる事を期待した方がマシだろう。
自分のアガリに関しても、うっかりテンパるチートイのがまだ現実的であり安全だ。


一発が消せるから…
愚形を解消できるから…

と、つい脊髄反射で鳴きボタンを押してしまう人は今一度自分の手が見合ってるかを考えてから鳴くようにしてみよう。

そしてまずは細かい事を考えるよりも、より優先度の高い要素を重視して判断していこう。


そういう意味でおススメはやっぱ押し引き本かな。



定期的にMAXBETから戦術本を買ってくださる方がいるようで、自分の利益としてはほんの少しだけど、ZEROを信用してもらったようでとても嬉しく思ってるので、この場を借りてお礼申し上げます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

 

これは全てその通りなんですが、それなのになんでワタシはこの人と同じ6段なんでしょう・・・( ̄▽ ̄;)
  • posted by 長山大樹 
  • URL 
  • 2017.01/12 23:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>長山さん

いいから打てよw
何回か牌譜みた記憶では、ミス少なかったような覚えがあるけどなぁ
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2017.01/13 02:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

そうなんです。じつわぼくけっこうつよいんですよー
  • posted by 長山大樹 
  • URL 
  • 2017.01/13 14:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
26位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向