MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

押し引き本【書評】







福地さんと小岩でダブルゲストの時、真剣が来るあたりまで、
当然ゲストはずっと打ちっぱなしだった。

自分はかなり疲労感に包まれていた。

天鳳の影響だろう。
全ての打牌にミスなく打とうと力を入れていた。

一方の福地先生はひたすら淡々と打っていた。
聞くと、これくらい全然疲れない…と。

これが省エネか。
これが雀ゴロか。

福地さんのマイペース具合がとても印象的だったのを覚えてる。

真剣との例の戦いの時も、何も話してはいけないような周りの緊張感をよそに
「ブラックひとつー」
と、空気の読めない感じの注文をしてた。

ZERO「あ、ダブルで」
真剣「トリプルで」

うけるw

関係ないけど、天鳳ルールだったのに俺が誤ポンしてしまい、どうしようってなったな。
緊張感を保つために
「失礼、誤ポンです」
ってキリっとした表情保つの大変だったんだからなw

そして真剣は結構打牌が速くて、そういうのって周りはつられちゃったりしがちなんだけど、福地さんは常に自分のペースを崩さず、本当に淡々と打っていた。
脳メシも食ってたしなw



そう。
雀ゴロなんて100の力を出さなくていい。
90の力で、長く打った方がより稼げる。

自分の手は適当に内に寄せて。
相手の捨て牌はおぼろげに捉える。

そして勝負を左右する肝心な場面ではきっちり押し引きを間違えない。

これでいいのだ。



ん…?


押し引き?


そう。
やはり麻雀の勝ち負けの多くを司るのは押し引きである。

もちろん「牌効率」も重要だけど、打つにつれ大体は覚えていく。
その「牌効率」と両輪となるのが「押し引き」だとは思う。


この本の革命的なところは、余計な部分が一切カットされてる点にある。

捨て牌が一切書いてないのに、押すか引くか問う本って今までにあった?w
これかなりウケるんだけどw

でも「基準」となる部分はそれくらいシンプルでいいのだ。

「基準」をしっかり構築してあるからこそ、捨て牌や点棒状況によって調整していく事ができる。


Twitterでは日々「鳴き読み」や「奇抜な仕掛け」、「難しい牌効率」や「微妙な押し引き」が議論されている。
しかし、一番大事である「押し引きの基本」ができてる人はどれくらいいるだろうか。

そこが構築されてないのに、より難しく、あまり役に立たない事を学ぼうとしてるのはちゃんちゃらおかしい話だ。



「押し引き本」はシンプルさを追求したからか、ハッキリ言って天鳳高段者にはあまり役に立たないかもしれない
しかし特上卓~上卓民には、「基準」の構築に必ず役に立つ…とZEROが約束しよう。

それくらい当たり前の事ができてない人が多すぎる。

何も特上卓以下の話だけではない。
鳳凰卓でも一部の高段者以外、みんな基本ができてない。


例えば今日の対局より

2016122401gm-00a9-0000-f2d50c13tw=1ts=7.jpg

ラス前。
下家の親りーに対し、上家がノータイムで1mをツモ切った。

しかしそれにしてもここへの放銃は2着順降格のラスがみえる。

自分も仕掛けてるものの、ドラを切ってきた親に対し安牌を抱え、スリムに構えている。


たしかに親の捨て牌は強すぎるし、安牌のない状態でテンパってるのかもしれないな…

そう思ってみてたら…

2016122401gm-00a9-0000-f2d50c13tw=1ts=71.jpg

安牌のあるシャンテンで放銃してた。

たしかに安牌は一枚しかない。
しかしこの場面は天鳳において一番ケアしないといけない場面でもある。

自分のアガリが苦しいのであれば、たとえ詰まってしまいそうでも
当たらない牌→より当たりにくい牌
という順番で切っていくべきだ。
9p3p3pと凌ぐよりない)

何を切るか…でなく、まずはこのような押し引きの指針を学ぶべきだろう。


もう一つ。

2016122317gm-00a9-0000-5c60fee7tw=0ts=2.jpg

豆ダマ?

やや巡目が深くなり、ダマにしておけばホンイツ仕掛けのおかげでアガリは拾いやすそう。
たしかにリーチとダマでアガリ率に差はそこそこありそうだ。

しかしそれにしても打点の差はもっとある。

「基準」が構築されてないから、なんとなくダマってしまったんだろう。
タンヤオドラ1ならカンチャンでもリーチすべきだと思う。

豆ダマ、鳳凰卓ではかなり少ないけど(平場で一段目にロンと言われたら大抵マンガン以上)それでもこれは…というのはちょくちょく見かける。


さて、「基本ができてない」と偉そうな事を言ったけど、実はそれは自分に一番言いたいのである。


自分の愚譜より。

2016122217gm-00a9-0000-81fea5c5tw=1ts=6.jpg

親が不穏な仕掛けで、こちらも勝負手。

見えてない字牌は

ドラは自分が対子だからバックなら安い可能性は高い。

ならばここはから味見して…

2016122217gm-00a9-0000-81fea5c5tw=1ts=61.jpg

トイトイの1mのシャボに放銃。







バカかお前は

が通ったとしてテンパったらも切るつもりだったのか。
バックの可能性もあるけど、捨て牌的にトイトイの可能性も高い。

相手親、トップ目とあらば、これは「押し引きの基本」ができてない…と言わざるを得ない。



ミスは誰でもする。
しかし、あらためて「押し引き」の「基準」を確認する事によって、判断が早く、正確になるのかもしれない。

できればこんなミスは金輪際したくない…と思ってもちょくちょく出てしまう。




なんか本の解説を全然してないけどw
本はずっしりと重い。

しかしシンプルな作りだからか、問題を解くのにそうストレスはかからない。
自分も1~2時間くらいで読破してしまった。

「押し引きの教科書」
タイトルそのままで、ウザク本の押し引きバージョンみたいな感じ。



悪い部分もいくつか。

巻末にせっかくネマタさんと村上プロの解説があるのはいいんだけど、問題を確認するために、いちいちページを戻らないといけないので大変。
でも、問題の直後にあるとそれはそれで教科書としてはシンプルでなくなり、読むストレスに繋がりそう。

天鳳本やバカ本、比嘉本がそうだったけど、複数の人の意見を読むのはリズムが乱れるというかシンドく感じてしまうんだよな。

問題を厳選して、巻末にも牌姿を載っけてほしかったな。
「あーこの問題か」ってわかるじゃん。


反対意見が出た問題に絞る…とかしてね。



あと、内容としては

「二押しには引き気味」
「仕掛けもリーチもなくても二段目後半クズ手ドラなしは引き」
「バックのテンパイは評価落とす(引き気味)」


とかもっといろいろ良さそうな問題作れそうなのになって感じた。

最後に、反対意見としては

早い巡目にリャンメンでマンガンテンパった時に、
「端待ち(1469)ならリーチ寄り、真ん中待ち(3647)ならダマ寄り」
…と自分とは逆の事が書いてあった。

解説によると
「端待ちならリーチかけてもアガリ率はそう落ちない」
との事だけど
「端待ちはダマってたら出現率は高いので、出にくい真ん中待ちこそ差が小さく他の牌を止めさせてツモを増やすメリットが高まる」
…というのが一般見識だと思ってたし、自分もそう感じてた。


あとは強く異論のある問題はなかったかな。


「基準」の構築には持ってこいの本なので、今の自分に必要だな…と思った方は是非とも読んでみてください。



「右手にウザク本を左手に押し引き本を」
と言えるくらいの良書であると思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

 

豆ダマに振るとラッキー位に思ったりするのですかが、気づくと自分自身もなんやかんや理由つけて豆ダマ結構してしまってます。
ダマ2000〜3900見た目枚数5枚以上でリーチ打たない方が明確に得な場面てのは、敵がドラポンだろうが親リーだろうがそれらの現物待ちだろうがそうそうないから全部リーチすれば大体ok…という認識で良さそうですかね?(天鳳なら南3で局消化したい時くらい?)
  • posted by @ 
  • URL 
  • 2016.12/24 05:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>@さん

豆ダマは平場の無風状態が前提の表現だと思うので、明らかにテンパってるドラポンや親リーの現物、また南場は状況によってはダマも十分あります。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.12/24 09:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

いつも楽しく勉強させてもらってます。

気になったんですが、タンヤオドラ1(暗刻なし)のシャンポン待ちの(3~7)場合、東場のフラットな子だとリーチ判断が迷うんですがゼロさんは基準などありますか?

押し引き本でもタンヤオのシャンポン待ちはなかったので場況の影響が強すぎるのかなと思い、聞いてみました。
  • posted by 海山河地 
  • URL 
  • 2016.12/24 09:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

2000〜3900のリーチすると点数上昇率が美味しいゾーンをひよってダマで出上がりするのを全部豆ダマ言うのかと勝手に勘違いしてました。
どんな場況でも良形2000〜3900を即リー打たないのは罪みたいな考えに毒されるとこでした…
毎回ウンウン悩みながら頑張りまっす、お返事ありがとうございました。
  • posted by @ 
  • URL 
  • 2016.12/24 13:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>海山さん

タンヤオドラ1のシャンポンですが、純粋に3377になる事はあんまりありませんよねw

それでも答えてと言われたらリーチ寄りだとは思いますが(タンヤオドラ1のリーチは偉すぎる&嬉しい手変わり4種類は少ない)、大抵は
・近くにターツがある(33456や33567…アンコは今回例外だけど33444など)
・待ちが1枚以上見えてる
・誰かが速そう
と、ダマ寄りの要素が出てる事が多いです。

逆に19切ってたりリーチ寄りの要素が出てる事もあり、それこそ状況次第としか言えませんね。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.12/24 22:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>@さん

麻雀、どんなセオリーも状況によっては必ず変わってきますからね。
基準は基準として覚えるけど、必ず毎回それでいいのか考える事は大切だと思います。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.12/24 22:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

はい格闘戦士アルティメーター
  • posted by ブルーアイズアルティメット城之内くん 
  • URL 
  • 2016.12/24 23:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>城之内くん

なんのこと?w
推測するに「左手に~」のセリフがパロった感じになったのかな?
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.12/25 00:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

「端待ち(1469)ならリーチ寄り、真ん中待ち(3647)ならダマ寄り」
のところ、自分も「オレの基準と逆やんw」となりました。

どっちがいいのか考えようにも、
・真ん中は出にくいからダマで少しでも出やすくする
・出にくいからこそ先制の利を活かしてリーチ(どうせオリないんだから)
と、どちらの理由も正しいような気がして、毎回もやもやしながらリーチかけてますw

あくまで基準でしかないから深く考えない方がいいのかもしれませんが、zeroさんと同意見と知れてホッとしました。
  • posted by  
  • URL 
  • 2016.12/25 06:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2016.12/25 09:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

答えを知りたがり病からの質問に回答ありがとうございます。

言われてみると単純トイツは少ないですね。迷ったときのイメージが強かったので実際より多い印象が残ってました。

連続系など今後の基準に覚えやすい回答ありがとうございます。
今日から使ってみます。
  • posted by 海山河地 
  • URL 
  • 2016.12/25 10:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>端牌ダマ?

いろんなメリットデメリットが絡むから難しいけど、出にくい待ちだからこそ進行を止めさせる(記事に書いたように「他の牌を止めさせる」)事の意味が強いんじゃないですかねー。


>メドさん

おっし記事にしよう!
って思ったけど、初~中級者にはまずこの「押し引き本」と「ウザク本」が強く、上級者にはそれぞれ学びたい事を学べばいいんじゃないかなーと思いました。

考えがまとまったら記事にするかもしれません!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.12/25 12:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

フリーとか見てるとノーテンでドラドラ持ち濃厚の仕掛けを打つ人が多過ぎるわ
その辺のオリ基準がほぼなかったのが残念
  • posted by 通りすがりの初心者 
  • URL 
  • 2016.12/27 07:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>通りすがりさん

「ドラドラ持ちの濃厚の仕掛けに対して放銃する」
ですかね?

仕掛けに対しては、明確にテンパイがわかりにくく、セオリー化がなかなか難しいのでシンプルなこの本には合わなかったんでしょうね。

ドラドラ持ち濃厚…なんてなかなか読めません。

連風牌ポンor役役ポン 二副露手出し一回のテンパイ率は〇〇%だから、これくらいのテンパイもしくはこれくらいのシャンテンで無筋プッシュは見合う…ドラポンならもう少し割り引く…とかは覚えにくいですよね?
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.12/27 13:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

1週間かけて2014年からの麻雀記事を全部読みました 

初めてブログにコメントしてみます。ミャー先生をもっと復活させて下さい。あのやり取りがたまらなく好きです。2014年から今日までの記事は1週間かけて全て拝見致しました。たぶん24時間くらいかかりました。ありがとうございます。大変勉強になります。麻雀の教科書が氾濫しセオリーが増えているなか、セオリーでない打ち方が天鳳においては妙手になる理論をもっと見つけたいですね。来年には鳳凰卓にいけると思うので(今6段になりたて)、対戦できるのを楽しみにしてます。
  • posted by u4kamo10 
  • URL 
  • 2016.12/29 10:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>u4kamo10さん

ミャーじゃなくてミューですねw
全記事はご苦労様です…自分が納得できるところだけ、盗んでいってください。
そして鳳凰頑張って下さいね!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.12/29 12:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
36位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向