MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

数巡のホンイツ意識【麻雀】

こんばんは。

いつも
「次ラスったらブログでも書くかー」
と思ってるんだけど、実際ラスると萎えて寝てしまうかアツ続行してるZEROさんです。




こんな舐めたツイートをしてから急転直下、ラスまみれになって一撃で1000ptくらい失ってしまった。


茫然自失になってる時にたまたま読んだのが、沖ヒカルさんのこのブログ記事。

天鳳、その魅力と魔力《前編》
天鳳、その魅力と魔力《中編》
天鳳、その魅力と魔力《後編》
天鳳、その魅力と魔力《エピローグ》

沖ヒカルさんの天鳳愛がアツく伝わってくる。


やっぱ文章面白いなー。

あーこういう時期もあったわ。
自分も最初は遊び半分だったし、もっと簡単に登れると思ったら六段坂で苦戦したっけ。

なんて共感を持ちながら読み進めていくと、エピローグのとこで唐突に自分の名前が出てきてビックリした。


知らない人は少ないと思うけど一応説明しよう!

沖ヒカルさんはスロット界のカリスマ的存在で、麻雀界で言うと…うーん、桜井章一的な?いやそれは印象よくないかw
とにかく自分もスロプ時代からコラムなどを読んでたファンの1人だったのだ!


さ、グダグダいってないで天鳳がんばろ…
そう思えた出来事でした。



それでは天鳳↓


今回も打点のお話。

一言に「打点」と言っても「打点」を見るケースにはいくつかある。


・配牌からの染め意識
・序盤・中盤でのスルー(面前)意識
・受け入れを狭めた上での手役意識



どれもアガリ率と打点上昇のバランスが大事な点は同じだけど、打点がみえた時は積極的追っていく姿勢が大事。

福地さんの押し引き本にこんなような事が書いてあった。



「麻雀は、マンガンをあがろうとする人と、それを阻止しようとする人の戦い。それの繰り返し。」

まさしくその通り。
そして、できればマンガンをあがろうとする人になる割合を増やしていきたい。
毎回かわし手側だと必ずジリ貧となり負けやすい。

一方、本手側は一発入ればラス回避率はぐんと跳ね上がる。

なお押し引き本の感想は、この記事を書いた後に、天鳳を打ってラスったら書こうと思う。
(学習してないw)


そんなわけで本日は上の3つのうちから
・配牌からの染め意識
を見ていこう。


染め意識と言っても、その染めを意識するのはほんの一瞬だ。

大事なのは

2016122212gm-00a9-0000-c7531a8atw=1ts=0.jpg

こういう配牌。
誰もが染めを意識する配牌でなく、ちょっと見え難いこういう手でいかにホンイツを狙うか。


ただし、先ほども言った通り、意識するのはほんの一瞬だ。
ここからは2sを切る。
チャンタは見ない。

以降の1~3巡でファン牌が重なったりピンズを引くようならホンイツ路線に乗る。

しかしツモが数巡空ぶったり、ソウズが横に伸びたりしたら諦めよう。
一転して速度重視に切り替えて、東バックの1000点でもいいから蹴りにかかる。

マンガンを狙う人でなく、それを阻止する人に回るのだ。


遠い染め意識は表裏一体。
あそこから2sを切るのも大事だし、パッとかわし手に切り替える事も大事。

こんなの大抵はかわし手になるけども、ツモが効いた時の

2016122212gm-00a9-0000-c7531a8atw=1ts=01.jpg

高打点を逃さない事が肝要。
といってもマンガンにならなかったけどね…w


2016122301gm-00a9-0000-e6fc298atw=2ts=4.jpg

これはさすがに染め意識するよね。

間違っても西を切らないように。

ただ、ファン牌が中途半端にアンコだと、これまたホンイツへ一直線にいくよりも、リーチを狙った方が早くて高い場合がある。
打点意識ウェーイ!と、いきなり5sから切り出すような事をせず、まずは1sからいきましょう。

ソウズやピンズでリャンメンができたら立直狙い、…と「どのマンガンが近いのか」をツモと相談しながら手を進めよう。

2016122301gm-00a9-0000-e6fc298atw=2ts=41.jpg

このツモでほぼ染め。


2016122301gm-00a9-0000-e6fc298atw=2ts=42.jpg

先制リーチ入ってるけど迷わずカン×2。
俺もリーチみたいなもんだからねw

Nothing to lose
ラス目はもう失うものはないのさ…

ここに死に場所を見つけたり、と言いながら華々しく散りましょう。
(散った)


次。
まずは何切るから。

2016122301gm-00a9-0000-4c2071cdtw=3ts=1.jpg

ドラを重ねたところ。
ホンイツにいくかどうか…ではなく、どのマンガンが一番近いか?と、考える。

場はソウズが安い。
9mと平たくいきたいけど、ホンイツも残したい。

うーんと悩んだ結果、3sを切った。

第二の選択。

2016122301gm-00a9-0000-4c2071cdtw=3ts=11.jpg

この2枚目の9mを鳴くか。

俺自身が二枚目だけに鳴こうかと思った(キラッ)
しかし、これポンしてポンするか、マンズで新たにターツを作るのは…無理筋ではないけど、アガリに近い…とは思えない。

この手、よく見ればイッツーと三色がみえる。
1m2m、もしくは8s9sを引いて1つチーすればマンガン(7700)テンパイだ。

ホンイツに比べると、待ちはぼやけるし、二つのルートがあるなら…とスルーした。


2016122301gm-00a9-0000-4c2071cdtw=3ts=12.jpg

おぉ最高!
リーチにはいかずに9mを切ってゴールデンイーシャンテンに構える。

2016122301gm-00a9-0000-4c2071cdtw=3ts=13.jpg

うまくいった。


2016122301gm-00a9-0000-4c2071cdtw=3ts=5.jpg

この9mは鳴くか。
たしかに二度受けの部分だけど、まだ打点を意識する巡目だ。

これ鳴いて西ポンして片上りの1500点では、手を短くするリスクに見合わない。

ただ、これも二段目に入ったらチーしそうだ。
アガリ率と打点の兼ね合い。

すると対面が西を切ってきた。

2016122301gm-00a9-0000-4c2071cdtw=3ts=51.jpg

この西を叩いて打1pとし染めをみつつ、緊急時にはイッツーでテンパれるような構えをとるか?

こういう時は木原さんの
「親のメリットは連荘じゃなくて打点」
という言葉を思い出そう。

特にまだ3巡目だ。
慌てる様な時間じゃない。

しかし無情にもツモ切りが続き、9mは3枚打たれ、かなり苦しくなった。
こうなったら話は変わる。

2016122301gm-00a9-0000-4c2071cdtw=3ts=53.jpg

こんなとこからも飛びつく。

アガリはかなり遠そうだけど、存在感を出していく。
周り3人の手も遅かったのか、ちょろっとマンズを余らせたらオリてくれた。

2016122301gm-00a9-0000-4c2071cdtw=3ts=52.jpg

無理染めとブラフはワンセット。
あの手牌、あの状況で一番マシな選択をしたと思う。

次。

2016122300gm-00a9-0000-858af0d6tw=0ts=0.jpg

マンズが9枚ある。
マンズには手を掛けないとして、4pからいくか?
いやメンタンドラ1をみて打1sとしよう。

意識はいかにマンガンを狙うか…である。

2016122300gm-00a9-0000-858af0d6tw=0ts=01.jpg

これで打4p
するのはいいんだけど、ここで何を仕掛けるかあらかじめ考えておく。

1m4mはスルーか。
2mはカンチャンで鳴く?
3mはペンチャン。
5mは難しい。
69mは鳴くけど78mはポンはしたくない。

そう考えてると

2016122300gm-00a9-0000-858af0d6tw=0ts=02.jpg

さくっとリャンカンを引いて十分な形になった。
10枚あるとはいえ、ソウズに赤5sがあると、これで魅力的な手になるので、マンズの無理鳴きは一堪えした方がいいのかもね。


最後。

2016122222gm-00a9-0000-9cc70e54tw=0ts=5.jpg

これも染めを意識してたらカンチャンを引いて赤含みターツが完成した場面。
まぁを切るけど、ここでもまだ染めを意識する。

どこ鳴く?


7pだけ鳴いてもよさそうじゃね?
カンチャンで晒してマンズの一面子落とし。

上家に絞られるかもしれないけど、1p9pはポンし易い。

この手面前でいっても、現状47pが三度受けみたいなもんなので重いんだよなぁ。

2016122222gm-00a9-0000-9cc70e54tw=0ts=51.jpg

1pは決めてた通り我慢した。
ホンイツにはコツがあって、チーから入ってポンで加速していった方が成就率は高い。

さすがに親が1pポンして赤切ってったら、上家は絞ってくる可能性が高いからだ。


配牌からのホンイツの見極めに関しては、過去に何度も記事にしてるのでそちらをご参照あれ!

配牌からホンイツを見極める【麻雀】
↑これなんかおススメ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

 

沖さんのブログ面白かったっす!かつて養分スロッターしてたので、懐かしい思いでイッキ見してしまいました。あの沖ヒカルが天鳳にこんなにハマってらっしゃるとは知りませんでした。(本物)垢とも何度か同卓してますが、まさかほんとに本物だったなんてウケるんですけど~ww
7段未達の私からすると、まだ見ぬ鳳凰卓への憧憬を掻き立てるものでした。少し前に逆連帯の波をかぶり、6段原点割って怒りの休みモードに入ってましたが、また頑張ってみっか!と思った次第です。
ゼロさんのツイートじゃないですが、傲る気持ちが出るとなぜか不調になりますよねw
  • posted by さえもん 
  • URL 
  • 2016.12/24 23:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>さえもんさん

徐々にハマってくのがわかって面白いですよね!

驕りツイートしながらも
(もう知ってる。こっから落ちるのは…でもしっかり打とう!)
とは思ってるんですけどね…w
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.12/25 00:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
45位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向