MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

戦術本レビュー【麻雀】

ここんとこ読んだ麻雀戦術本のレビューをしていきます。








まずは



雀ゴロKさんの二作目。

同時期に出版されたウザク本に話題を持ってかれ、
完全に喰われた印象があるけど、前回同様安定感ある本に仕上がってる。

フリーで稼ぐ事に特化した内容ばかりで、勝つ事に拘ってる。
鳴きや押し引き、チートイやダブル面子の捌き方…など、いろんなパターン別に明確な線引きを持って書いてあるので、ウザク本同様非常に勉強になる事が多い。

個人的には「食い伸ばし」が勉強になった。

例えばこれ。

2016y09m25d_002922758.jpg

何を食う?





ドラ0~2ならスルーするけど、是が非でもアガリたいドラ3。
ほんの少しでも速度を上げておきたい。

6pはチー。
そして25sもチーして9p切り。

いわば半歩前進の一手。
テンパイするかもしれない目の前のツモを放棄して副露するのはいささか抵抗あるけど
テンパるかどうかわからないツモよりも、半歩だけど確実に前進する鳴き。

こういうのはあらかじめ考えてないと思い付かない。

ただし他のフィールドでそのまま流用するのは危険だろう。
リャンメンチーして警戒が強くなるフィールド、もしくは相手だったら逆効果となる。

じゃあ無意味かと言うと、上家が前に出ざるを得ない点棒状況だったり、もしくはドラ0でも上家とアガリトップを競ってる状況だったりしたら、鳴くべきだろう。

こうやって引き出しを増やしておく事は決して無意味ではない。

もひとつ。

2016y09m25d_004013996.jpg

これも何鳴くか。
考えてみて。




1458mは鳴いて喰い伸ばしする。

その他に36mも456で晒してリャンメンリャンメンを作ろう!って書いてある。
これは結構斬新だなぁ。

234678からカン5mをチーしてリャンメンを作ろうとした事はあるけど、これは考えた事なかった。

晒したら絞られるのでは?
というのは逆で、もうそもそもドラポンの時点で警戒されてる。

そしてこのマンズをノータイムで鳴く事ができれば、他の色の無筋よりはマンズが溢れてくる公算は高い。
そしてそしてノータイムで鳴くためには、あらかじめ考えておかなくてはならない。


押し引きやリーチ判断、鳴き判断なんかをそのまま天鳳で流用するのは危険だけど、
応用次第で引き出しが増えたり、パターン化や線引きができたりするので
ウザク本に続いておススメの一冊。


次はこちら。



「麻雀の教え方」を学ぼう、と思って読んでみた一冊。

麻雀の手作りという解説が難しいものを、1から説明してあるような本。

何ブロック?→4ブロック以下→浮き牌比較

というようにわかりやすいフローチャートから手作りの解説がはじまり
5200~マンガンの手作りを目指す事を目的とした手役狙い判断、3900が基準とした副露判断
なんかが非常にわかりやすい。

そういった基準だけじゃなくて、
「なぜそういった考え方になるのか」
という事を解説してあるので、単純な「勝ち方」じゃなくて「勝つ為の考え方」が書いてある事がこの本のウリと言えよう。

そういう意味ではK本とは対照的である。


じゃあ初心者~中級者におススメかと言うと、自分にはわからない

それは自分自身がそういった「文字で1から麻雀を覚える」時代に生きてこなかったからであり
そうやって強くなった人をあまり見てこなかった…という経験則がある。
(だからこそ考え方を記した本に価値がある、と言えるのかもしれない)

フローチャート通り、ブロック数は?ヘッド候補の数は?
と、いちいち確認しながら打つよりも、とにかく自分で考えて打ち、負けつつも「感じて」打った方が例外や場況にも対応できる。

「感じて」なんて昭和老害臭しか漂ってこないのだが…w

周りのみんながみんな、そうやって強くなってきた時代に育ってきたから仕方ない。
今後考え方が変わるかもしれない。


そもそも麻雀には当本にも書いてある通り例外が多いので、簡単にフローチャートにはできないと思う。
考え方を学ぶにはいいけど、このまま流用はできない。

結局はその人の応用次第…となってしまう。




最後。



通称「バカ本」。

好評なので楽しみに読んだけど、正直、真新しい事は書いてなかった。

ASAPIN「リーチドラ1はどうする?」天才「いろんな状況次第」→ですよねー!
みたいなw

でも、これは自分が戦術本をたくさん読みすぎてる弊害と言えるかもしれない。

鈴木たろうプロの思考は当プロの著書「ゼウスの選択」を読んで知ってたし、
シュカツも天鳳本などで露出が多く、そこに書いてある事と同じような事が書いてあった。

初心者には難しい内容である一方、勉強熱心な人にはよく知ってる事が書いてある印象。
少なくともこれを読んだだけでバカ勝ちできはしない。(わかってるとは思うけど一応w)



ただ、ASAPINさんの各人の思考のまとめ方や解説が非常にわかりやすい。
会話形式も読みやすいし、読み物としては面白いと思う。

ASAPINさんは「曖昧なモノを言語化する」という才能がずば抜けてるな…と感じた。

次回は、できればASAPINさん自身のさらなる深い思考や読みを言語化、解説してくれれば嬉しいな(前著二作は本当に勉強になり、手放しで褒めちぎった!)…という希望を残しながら書評を終わるとしよう。



あくまでも個人的な感想だけど、三作とも良いところ悪いところを隠す事なく書きました。


まとめるなら

講義のように即効性を求めるなら「K本2」
いまいち曖昧な考え方を1から学びたいなら「平澤本2」
秋の夜長に読み物として楽しむなら「バカ本」

といったところです!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




関連記事

Comment

NoTitle 

一気に三冊もレビューなんてやめて下さいよ、全部買いたくなってしまいますw
私はウザク本読み切ってないので読み終わってから下2冊は読もうと思います。
  • posted by  
  • URL 
  • 2016.09/25 13:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

やはり戦術書が増えてきただけあって三者三様の内容が出版されているのですね、参考になりました。
また、本筋とはずれるのですがウザク本でしっくりこなかった半歩前進がこの記事の解説でしっくり来ました。ありがとうございます
  • posted by 男プ 
  • URL 
  • 2016.09/25 20:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>全部買いたく

どの本も、読んで損はないとは思います!


>男プさん

三者三様はたまたまでしょうね!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.09/25 22:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
11位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向