MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

話題の牌姿①福地編 【麻雀】

今日は話題の牌姿をネタに、自分の思うところを語っていこう。

まずはちょっと前に福地さんのところで話題になったコレ。

【天鳳】オリない系高段者
【天鳳】オーラスのトップ目リーチ

photo.jpg

二つ目の記事中に

>実際、zeRoさんとか、木原さんとか、しゅかつとか、押しそうじゃね?


って書いてあるから、なんらかの返事をしようと思ったんだけど、
この時は不調で、全く自信がなかったらダンマリを決め込んだw

ほんの少しのptのブレで自信や意見も変動するから、自分は基本的にメンタル弱いんだろう。


それはさておき、画像をパッと見た時はさすがにオリだと思った。

しかし記事に書いてあるように

・対面のリーチが戦略的リーチの可能性もあり、愚形率もそれなりにある事。
・そのケースの場合、ラス目が追い付いたらかなりラス目に勝算が生まれるので、決してオリていれば安泰…というわけでもない事。
・4筋しか通ってない事。


これらを統合すると、たしかにもう数枚は押してもいいような気になってくる。
もしくは1枚押しといて、ライバルの上家に(ほっといても福地先生が飛び込みそうだな…)と思わせてからのオリ…というのも面白い。

なお、木原さんもブロマガ内で「押し」と回答している。


でも、ZEROは平凡に切ってオリ…を選択したい。

まず、愚形率についてだけど、自分は最初見た時に対面は好形っぽい…と感じた。
福地さんとは全く逆の感じ方だ。

「役アリ愚形だけど、親と2着目が向かってこれない事を想定して、敢えてリーチ」
のような、いわゆる「戦略的リーチ」は、完全順位戦でラスペナがデカい天鳳という特殊環境において、実に効果は高い。
MAXBETでもたびたび取り上げてきた。

参考記事⇒ リーチ=ゴール理論 【麻雀】

しかし、鳳凰卓の牌譜を見返して思うけど、実戦の場でそのような「戦略的リーチ」を見る事は意外と少ない。
七段、八段…となると特にそうだ。
全員が全員、自分の手だけでなく、相手の動向まで先読みして打ってるわけではないのだ。

ごくごく一般的な考えでいくと、対面の手は押し返されても対抗できる「役無しの好形」が本線…と考えるのが自然なのではないだろうか?

いずれにせよ他人の考えてる事はわからないから、あまり決めつけ過ぎるのはよくない。

しかし好形だった場合、自然と対面のアガリで決着する可能性は高まり、
そんな中真っ先にリスクを背負って立ち向かっていくのが得策とは思えない。

他に書かれてない事といえば
「ライバルの上家の捨て牌が早くなさそう」
なのもオリ寄りの要素と言えよう。

はっきりとわからないまでも、リーチを受けた瞬間に
・対面が好形っぽい
・上家は遅そう
・2人テンパイでもまくれない

このへんの情報を処理できれば、自然とアンコのにカーソルが向かいそうだ。


しかし福地さんの感性も侮れない。

このリーチを受けてオリと判断するのは簡単だ。
いうてマジョリティだろう。

リーチを受けた瞬間、最初に挙げた判断要素をパパッと処理して(もしくは無意識下で感じて)
ノーガードの上家が立ち向かってくる未来を想定し
ならば戦える手牌で押しておくのは悪くない…と判断して押してるとしたら凄いと思う。

もともと、福地さんはMAXBETの記事を読んで
(こういう勝ち方もあるのか)
(やっぱ麻雀は攻めだよな!)

と感化されて覚醒したらしいw

そして自分の事を「師匠」と呼んでくる。
それだけでもウケルのに

【麻雀】師匠の鉄槌

鉄槌の響きに大爆笑してしまったw


それまでは天鳳のオリ麻雀に限界を感じてたようだ。

その後、攻めに転身したら結果もついてきて、モチベーションも段位もうなぎ上り。
最初はフロックと思ってたけど(失礼w)これだけ長期に渡って高Rを維持してるのだから本物なのだろう。

簡単に書いたけど、麻雀「オリ」と「攻め」みたいに単純に分ける事はできない。
福地先生が自身の実戦中に感じた事を活かし、独自の戦略を確立していったのではないか。

いつだったか忘れたけど(福地ブログの記事量があまりに多くて探せないw)
捨て牌相から愚形を読む…という記事があって
このリーチには何を切っても刺さらない!
って書いてあって、まじかよ!って思った事もあったw

しかし少なからずそういう傾向があるからこそ、先生は相手の攻撃に対して数枚「有利な押し」を選択する事ができ、結果を残してきたように思う。


そういえばその鉄槌の半荘wで…

2016061603gm-00a9-0000-305bedbctw=1ts=0.jpg
(福地先生視点)

先生は親のZEROのリーチを受けて安牌がなく、2m5pといった牌を押して迎えた画像の局面。

この8mを押すか。

たしかに好形×好形のシャンテンで、打点的にも見返りのある手牌だ。
まだ押してもいい巡目でもある。

しかしここで8mを通しても、次に両無筋の4mを勝負しないといけない。

ここはZEROさんに敬意を表してw今通した5p3sあたりでおりていく局面ではなかろうか。

それにしてもギリギリの判断ではあると思う。

ZEROも
マンズの形が455でなく445なら
ファイナル勝負!と言って押すかもしれない。(8⇒5と通しやすい為)

もしくは子リーチ相手なら。。


しかし福地先生はこれらを押して、そして結果を出してきたのだ。
あるいはZEROの捨て牌相に愚形のそれを感じたのかもしれない。
(ちなみに実戦は、カン8mの三色の親マンを放銃して立ち直れずにラス)


福地先生は
MAXBETが産み出した、最強プレイヤーか
それとも暴走機関車か…w


今後も福地先生の成績や動向に目が離せない。



もう一個更新します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

NoTitle 

福地先生と遇卓すると南3南4に二位むしり取られてるのが分かったような気がした。
  • posted by しろう 
  • URL 
  • 2016.06/22 03:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>しろうさん

そんな毎回うまくいかないと思うんだけどなー
いってるんだろうなーw
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.06/22 04:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

多分対戦してる相手からするとしてやられたときの印象の方が強烈に残りますよねw

微妙な終盤で人と違う動きすればきっと二位率劇的にあがってるんだろうけど、ラス率に見合ってるかどうかはよくわかんない(´・ω・`)
  • posted by しろう 
  • URL 
  • 2016.06/22 06:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>しろうさん

見合わない選択でも、刺さらない結果ばっかりを引いたり、刺さっても挽回できたりすると、どんどん押し寄りになっていく傾向はありますね(実体験
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.06/22 06:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
35位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向