MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

ラインカウント補足【麻雀】

MAXBETの記事で好評なのが「ラインカウント」に関する記事である。

カウンティングの技術
ベタオリの重要性とラインカウント進捗
(過去記事)

と、同時に質問を受ける事も多い。

「基準としては、残り何本まで押しますか?」

というような内容だ。


たろう本の記事の時に
「とかく、今の人は「答え」を知りたがる」
と書いたけどまさにその通りで、
「押し引き」という明確な答えのないジャンルにおいて、ある程度指針になりそうな「ラインカウント」は、心の支えとして斬新であり、それゆえ好評なのであろう。

しかし残り筋など、あくまでも「数ある判断要素のうちの1つ」でしかない。

それも巡目やパッとみで大体どれくらい通ってるかは把握できる。
また端牌や先切りのマタギとドラマタギを同じ1筋としてカウントするのはおかしい。

あやふやな世界の中の、濃い薄いを判断する1つの要素…くらいの認識でいいと思う。


せっかくなので実戦例を




対面のヤキンさんのリーチを受けて。

2016061001gm-00a9-0000-8b3e61e4tw=0ts=1.jpg

さっきも書いたけど、この巡目で「残り10本切ってる」なんてことはほとんど無いので、
瞬間的にはカウントする必要はほとんどない。
ただ今後押していく事になるかもしれないので、一応現状4ラインだなってカウントはしておく。

それよりも大事なのは「愚形の可能性を把握する事」だろう。

みーにんさんに聞いたところによると
ダブリーの愚形率は68%まで上がる(字牌タンキも愚形とカウントした場合)。

ターツ落としの入ってない2巡目リーチもそれに近いものがありそうだ。

それを踏まえて局面を把握すると、

一応自分はメンピンドラのシャンテンで
相手はおよそ半分くらいが愚形であり
安牌は1枚で残り14ライン

となると、無視してまっすぐ1m切る方がよさそう。

むろんペン7m引いたら追っかけるところだったのだが

2016061001gm-00a9-0000-8b3e61e4tw=0ts=11.jpg

こっちじゃ追っかけられない。

2600愚形は先制でも微妙な判断が必要とされるので、後手は基本やめた方がいい。

9m

2016061001gm-00a9-0000-8b3e61e4tw=0ts=13.jpg

下家の7pと合わせて8ライン通った。
一応の基準であるけど、その判断要素よりも何よりも安牌がないw

こちらくっつきのシャンテンとあらば、中筋の4mなんぞ打たずに素直に打8m

2016061001gm-00a9-0000-8b3e61e4tw=0ts=14.jpg

10ライン通ってなお安牌なし。

形を維持するには
6p・3s・7sの比較。

6pは両無筋だから切りづらい。
けど、それは3s7sも同じである。

6pが当たるケースに36p69p
があるのと同様に
3sには36sとペン3sがある。
(カンチャンとシャボもあるけど同じなので省略)

このように37牌は、両無筋に近いくらいの危険度がある事を認識しておこう。
特に愚形率が高い…と思ってる今回はなおさらだ。

というわけで手牌的に6p切ろうかなって手がかかったけど
次巡の事を考えて思い直した。

さすがにシャンテンで次以降は押したくない。

3s7sを切っておけば次に困った時に連打できる。

ドラマタギよりドラ筋の方が放銃した時に打点が安くすむだろう…という事で打3s

合ってるかどうかは限りなく怪しいけどw
思考の過程を参考にしてもらえればこれ幸い。

2016061001gm-00a9-0000-8b3e61e4tw=0ts=15.jpg

はぁ。
3s残してれば自信もって追っかけれたのに…!

なんて後悔してる余裕はない。

3sを通したおかげで安牌はあるけど、こちらも一応テンパイ。
今中筋になった4pを切ってテンパイ維持。

2016061001gm-00a9-0000-8b3e61e4tw=0ts=16.jpg

12ライン。

しかしそれを正確に把握しておく必要はない。
「もうヤバい」
これで十分だw

それと平行して
1mは最初に通したよな。
1sはノーチャンスだ。

こういうのを見落とさない事が大事。

2016061001gm-00a9-0000-8b3e61e4tw=0ts=17.jpg

ようやく役アリテンパイにこぎつけたのに、またご新規様の3mがやってきた。
さっきも言ったけど、愚形リーチに37牌は両無筋に近いくらいの危険度である。

さらに13筋も通った後だ。
さすがに押せない。

正確に言うと25sもノーチャンスだから通ったのは14筋。
だけどそういうのも正確に把握するのは大変になってくるし、やっぱこの3m9pあたりを同じ1筋として考えるのは理論的におかしいので、
そういう意味で、あくまでも1つのおおざっぱな判断要素…として考えるべきである。

2016061001gm-00a9-0000-8b3e61e4tw=0ts=18.jpg

6pは片無筋になったし、
愚形かもしれない子リーに好形5200で追いついたから素直にリーチ。

残り3ラインだけど、他の判断要素との兼ね合いとなる。
かなり厳しいけどw

両無筋なら押せないし、
好形濃厚でも押せない。
ギリギリの選択。

サンマっぽい追いつき方したなって感想。

結果は

2016061001gm-00a9-0000-8b3e61e4tw=0ts=19.jpg

流局。
ヤキンさんはペン3mだった。


リーチを受けた時に、
いろいろな判断要素を平行して考え、処理していく。
ラインカウントはそのうちの1つの要素にすぎないのだ。


十段坂1846戦 1685/4000pt
クソックソッ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

ルル三錠 

思考の軌跡を辿るようなエントリーで勉強になります。
恐らく自分なら3sを切って勝負できない手にした挙句スジを追うよりも、と3mに手をかけてしまいそうです。
  • posted by  
  • URL 
  • 2016.06/15 05:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>ルル三錠さん

打3sの時もその前の打8mの時もそうなんですが、
一番大きな判断要素はやはり「自分の手牌」であって、これがリャンシャンテン以下だったり、愚形残りのイケてない手だったら、中筋を追ったり、二枚ある4pを払ったり、例え安牌がなくても「マシな牌」を選ぶ事が正解となると思います。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.06/15 05:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

手出し字牌がある前の数牌の外側は、通っているモノとしてカウントに入れた方がよくないですか?

そうすることで、手出し字牌がある河の数牌の内側(危険ゾーン)の危険度を上げて見た方がいいのでは・・・?

ちなみに当方降段間際の七段ですが(笑)
  • posted by 長山大樹 
  • URL 
  • 2016.06/15 16:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>長山さん

そのカウント方法と通常のカウント方法を平行して行えば、精度はあがるでしょう
突き詰めればノーチャンスや切り順で当たりにくいやつを排除していく方法もあります

しかし実戦では他にも多くの事を考えないといけないので、シンプルな指針をもとにそれでいて1つの判断要素として捉えましょう…という記事です


あと福地さんとこの記事で長山さんの名前を見かけたけど、君の打数で鳳南のレベル云々を語るのは…って突っ込みたくて仕方なかったわw
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.06/15 18:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

少し本題とはずれるのですが、今回のようなリーチを受けての思考過程でいわゆるトップ取りの祝儀ありの麻雀なら大きくバランスは変わりますか?例えば1枚赤があれば今回ダマったような途中のテンパイの時点で曲げたりしますか?答えづらい質問で申し訳ありません。
  • posted by なつ 
  • URL 
  • 2016.06/17 00:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>なつさん

もちろん押し引きのラインは大きく変わります。


最初のペン7mテンパイでも7mが生牌だったら追っかけます。
その後のシャボorカン5pは難しいとこですね。
天鳳では大きくオリ有利のところ、収支戦では少し寄ってくるけど微差で同じ判断くらいの感覚です。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.06/17 01:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

 アサピン本の中で、「ダブルリーチは形の選択をしないから筋がそんなに通らない」ということを理路整然と説明されたときは、驚きのあまり急に喉が渇きました。それから愕然としました。「俺は今まで筋を追ってきたが、なんて盲目的だったんだ」と。

 それを思い出しました。

 ラインカウントと関連付けて考えると、確かに普段のカウントよりは無筋が安全側に評価が傾くんだろうなという気がします。面白いですね。

 加えて、思考のプロセスの話の流れで。今記事の具体的な話も面白いですが、曖昧な判断要素を少しずつ増やしていくのが楽しいなと思います。「筋・無筋」しか知らんかった自分が「ラインカウント」を知って、「ダブリーの愚形率」を知る。くっきりと判断していたのが、だんだんと曖昧になっていって、それでも総合的に考えようと試行錯誤する。それって、楽しいなって思います。

 なんか基本的なコメで恐縮ですw

>思考の過程を参考にしてもらえればこれ幸い。

 前回のを受けてか強調してきましたねw スーパー参考になりました。
  • posted by 家庭的の人 
  • URL 
  • 2016.06/18 22:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>家庭さん

「ダブリーには(ほとんど)意思が介在していない」
ですね。
ちなみに余ってないチンイツにも同じ事が言えるようです。


>前回のを受けてか強調

たまたま止まっただけって言われるのを防止しておきましたw
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.06/19 00:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問


「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
26位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向