MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

決着パターンをイメージしてスルーする【麻雀】

予約ボタンを押す時、ptはどうなると思ってる?

人は基本増えると思ってる。


それは性格的な話ではなく心理的な話。

現実にラスは4回に1回しか引かないわけで、過去の体験から
(打てば大抵増えるだろう)
と感じるというわけだ。

しかし実戦では往々にして

2016051014gm-00a9-0000-714d2504tw=0ts=19.jpg

辛い展開で始まる。
そりゃそうだ、最初に自分がマンガン以上を上がる確率は1/4なワケで、
それ以外の3/4の世界では常にラスという恐怖がチラつく展開になる。


「楽観的な予約」に「辛い現実」。

このギャップがメンタルを崩す要因だと感じる。

逆に言えば、この辛い展開での心持ちが大きな攻略要素だと言えなくもない。


さて、ハネマンクラスのリーチがハネマン放銃となったこの半荘、どう戦うか。


ダンラスで迎えた東3局。
このを鳴くか。

2016051014gm-00a9-0000-714d2504tw=0ts=4.jpg

スルーしてもどうせ高くなりそうもない。
ダンラスとは言え、「失点回避」という名目で鳴く人も多いのではないだろうか。


かつて
一局の決着
という記事を書いた。

一局には様々な決着があり、終局となる。

・自分のアガリ
・自分の放銃
・他家のツモ
・他家の横移動
・流局


など。

これを細分化すると

Aのツモ
Bのツモ…

A⇒Bのロン
A⇒Cのロン…

Aの1人テンパイ
Bの1人テンパイ
Cの1人テンパイ
AとBの1人テンパイ…


と、パターンの総数はかなりの数になる。

打点を考慮するとさらに無数にパターンは増える。

これを全部把握するのは難しい。

しかし
「1巡ごとにそれぞれのパターンの確率は変動していく」
という事を認識し
「その中でいかに自分に有利なパターンで終わるかを考えて行動をしていく」
という事が大事。


例えばAがファン牌をポンした瞬間に
Aのアガる終局パターンの確率が増加する。

それが自分にとって有利ならほっておけばいいし、そうでないなら自分の放銃パターンを増加させてでも阻止しにいく…
というイメージ。


さて、話を戻して

2016051014gm-00a9-0000-714d2504tw=0ts=4.jpg

ここでを鳴くと、

・自分がアガるパターンが増え
その分
・他家のアガるパターンが減り
その代償として
・放銃するパターンが少し増える

パターンパターン書いてたらゲシュタルト崩壊起こしたw
なんやねんパターンって!

「他家のアガリ」を阻止するのは大きいけど、ここで1000点加点してもあまり意味がない。
そして「他家のアガリ」のパターンの中には「嬉しい横移動」というパターンも存在する。

つまり「他家のアガリ」を阻止する事はマイナスの要素もはらんでるわけで、
そういう意味では「他家のアガリ」を阻止する事全体にメリットは小さく、デメリットが大きいとも言える。

そしてスルーすると、一番よくない「自分の手詰まり放銃」というパターンを減らし
さらにいうとツモに恵まれての「自分のマンガンクラスのアガリ」というパターンをわずかながらに増加させる。

つまりこのはどの方面から見てもスルー優位。
直後なら二枚目も鳴かない。


しかし天鳳のスピードに慣れてしまうと、こういう簡単なスルーがいかに難しいか。
どうせ安いし…と光った瞬間に鳴いてしまう。

でも、だからこそ天鳳では

「いかに鳴くか」
ではなく
「どこでスルーするか」
が重要になってくると思う。

続き。

2016051014gm-00a9-0000-714d2504tw=0ts=41.jpg

お、赤引いた。
を鳴いての赤引きは1000が2000になるだけだけど、
門前だとチートイを含めて一気に高打点が見込めるようになる。

2016051014gm-00a9-0000-714d2504tw=0ts=42.jpg

どっせい!
これでマンガンが現実的にみえてきた。
ここで打2mと打8mという選択に迫られるわけだけど、こういう時の判断要素を強い順に並べると

・見た目枚数
・安全度
・捨て牌の強さ(8mを先に切るとシャボが残った時にちょっと強い)
・裏目フォロー


まぁ今回は微差。
どっちでもいいわ。


2016051014gm-00a9-0000-714d2504tw=0ts=43.jpg

さて、上家の3mどうしよう。
門前マンガンがみえるとはいえ、リャンシャンテン。

現実的にはここらで妥協するのが得策か。

しかし24499という部分を合わせると、リャンメンと受け入れ枚数は変わらない。
そのリャンメンの8枚のうち2枚目が出たというだけの話。
決してネックではない。

巡目的にはギリギリだけど、スルー優位とみる。

どうせ鳴くなら9mポンで2600にしたいし、結構いつでも鳴けそうではあるしね。


2016051014gm-00a9-0000-714d2504tw=0ts=44.jpg

キタ――(゚∀゚)――!!
さっきは2巡くらいの猶予しか感じないギリギリの鳴き判断だったけど
この完全シャンテンになったら話は別で、三段目くらいまではノールックスルーする。

それくらいの打点チャンス。

2016051014gm-00a9-0000-714d2504tw=0ts=45.jpg

あの手牌がハネマンになる事はレア現象だろう。

でも、なるべく「自分に有利な終局パターンが多くなる選択をしていく」という意識。
これが完全順位戦においては重要だと思う。

ちなみにこの半荘のオーラス。

2016051014gm-00a9-0000-714d2504tw=0ts=11.jpg

このダブリーを打たずに打4pとする。

マンツモで2着だけど、愚形&オプション(一発・裏・赤)はなかなか難しい。
二段階抽選になると、途端に確率が低下するからだ。

ツモ率を適当に2割、
オプション率を3割とすると
0.2×0.3で、わずか6%となってしまう。

どうしようもなかったら仕方ないけど、基本的には好形&オプション、もしくは愚形条件ナシを目指していきたい。

2016051014gm-00a9-0000-714d2504tw=0ts=111.jpg

奇跡のハネ直でトップ!


ミュー先生「…」

ちょくちょく天からため息もらすのやめてもらいます?

ミュー先生「失敗例もあげましょうよ」


う…うむ…

2016051708gm-00a9-0000-12d0aeaatw=2ts=0.jpg

まず放銃。
これは仕方ない。

ここから気持ちを切り替え…

2016051708gm-00a9-0000-12d0aeaatw=2ts=2.jpg

られず、供託に釣られてポン!

危険がいっぱいかつ、リャンシャンテン。

2016051708gm-00a9-0000-12d0aeaatw=2ts=21.jpg

最悪の手詰まり放銃。


同じ事を繰り返すけど天鳳では

「いかに鳴くか」
ではなく
「どこでスルーするか」



が他人と差を付けるポイントとなってくるように感じる。



十段坂1771戦 2305/4000pt
サウスコルから滑落した!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

 

今朝ゼロさんを観戦していたのですがラス残念でした
24466s→打4sリーチは何故カンチャン受けにしたのでしょうか?
一発で6sツモって裏目になりましたがそれはたまたまだとして
そのあとの局の345p→ツモ3p→打3pで何故?というのがあって、その2順後くらいだったかまたツモ3pを今度はツモ切らず3345pの形を残したのは何故なのでしょうか?
よろしければご教授願います
  • posted by  
  • URL 
  • 2016.05/18 15:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>24466s→打4sリーチは何故カンチャン受けにしたのでしょうか?

逆にあのような選択に迫られたら、どのような判断要素を重視して選択しますか?
シャボに受ける要素はほとんどなかったと思います。
(強いて言うなら仕掛けてる上家の安全度)

345pの3pは、タンヤオに渡る強い浮き牌ではありましたが、ドラ表示牌が4pという事もあり、微妙にくっつきにくい上、タンヤオになりにくい牌でもあったので、シャンテン数を重視して一度は切りました。

悩んだけどカン8mが良さそうでしたしね。

しかしすぐに上家の切った8mにラグがかかり、8mがない事がわかったので次の3pは置いておいて9mを選択しました。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.05/18 18:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

打4sのカン3待ちより、確か7sアンコだったので打3sの46sのシャボも悪くないかなと思ったのですが
確か5sが0枚見えだったかな?これも関係してるのでしょうか?人読み山読みというヤツでしょうか?
打3pはなんとなく判ったような気がします。あとラグって絶対なんですかね?
解説ありがとうございました
  • posted by  
  • URL 
  • 2016.05/18 19:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 



ああいうシャボカンチャンの選択の時の要素は大事な順番に

・見た目枚数
・外側
・出る牌の安全度
・他家の使いにくさ
・あと引っかけになりやすさ
・捨て牌の強さ
・山読み

などがあります
>確か7sアンコだったので打3sの46sのシャボも悪くないかな(打2sの間違いですね)
これは
・他家の使いにくさ
という要素をみてですね

自分は、
・外側

・あと引っかけになりやすさ(実際裏目の6sが筋になった)
を重視してカンチャンに受けましたが、仕掛けてる上家が早い段階で5sを一枚打ってるので
・出ていく牌の安全度

・山読み(早い段階の5は46受けがある→持ってない(とはいえ1人だけじゃ弱い))

・使いづらさ
を重視してシャボにする選択の方がよかったかもしれませんね。

>あとラグって絶対なんですかね?
上家の一瞬のラグは絶対ですね
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.05/19 00:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

そう考えると3sの方が有利な気がします
上家のラグは絶対なんですね
四枚目のツーパイがラグったりしてたのでフェイクもあるのかと勘違いしてました
回線悪いだけだったみたいです
解説ありがとうございました
  • posted by  
  • URL 
  • 2016.05/19 01:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>上家のラグは絶対なんですね
四枚目のツーパイがラグったりしてたのでフェイクもあるのかと勘違いしてました

いえ、偽ラグは存在します。
ただ偽ラグは1~2秒なので、あまりに早いのとあまりに長いのは本ラグ、という事です。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.05/19 02:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

そうなんですか
ありがとうございました
  • posted by  
  • URL 
  • 2016.05/19 03:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

どっせい!の上の画像が2択と言うのはかなり意外でした。

5pが選択肢に無いのは完全形になる率とトイツ系手役によるものでしょうか。
  • posted by 白ドン 
  • URL 
  • 2016.05/19 04:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>白ドンさん

>完全形になる率とトイツ系手役
まさに仰る通りです

最近では
24467(334)788中中中
こんな手でも
「リャンメン固定せずにリャンシャンテンの受け入れを減らしてでも2mを切った方が何を引いても完全シャンテンになるからいい」
とされ、愚形フォローを切るのは感覚的に気持ち悪いのですが、自分の打ち方もそういう「シャンテンピーク寄り」になってきた感があります
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.05/19 06:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

なるほど、それでラグるはず無い場所でラグるのですね。勉強になります。
こうなると動画配信のBGMにも、ミュー先生のあの声が欲しくなりますね。
  • posted by 手なり 
  • URL 
  • 2016.05/19 13:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>手なりさん

声はもう無理ですねー
あのさかりの声は、私が不眠症になりましたからシンドイ思い出ですw
今となっては懐かしい。。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.05/19 16:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
24位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向