MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

ダンラス戦記【麻雀】

ぐぬぬ…。

調子がよくない。
常にラス目な気がする。


ここんとこ

あなたは序盤の安全牌を残す派?

ただただ孤立牌を切り続ける女

と、立て続けに基本的な牌組みをお届けしてた。
しばらくはその基本でいいんだけど、順位がバラけていくにつれ「世界」が変わり、「世界」が変われば「常識」も変わる。

今回は、本日の牌譜からダンラス目の攻防を中心に、
応用編を書いていこうと思う。


ダンラスで迎えたラス前の親。

2016021515gm-00a9-0000-17db407atw=1ts=88.jpg

はポンしよう。
さて何切るか。

普通はいつものように
「無理染めとブラフはワンセット!」
とかなんとか言いながら染めていく。

しかしながら
「ラス目の親に他家は厳しい」
がダンラス界の「常識」

ちょっと捨て牌が目立つようになった頃には、字牌はピタッと止められ、上家からピンズが切られる事は二度となくなるだろう。

ブラフがハマって全員ノーテンになっても、困るのは自分だw
とにかく連チャンが最低目標。

というわけで、ここは打西
もう少し手が速そうならスルーもありそう。

2016021515gm-00a9-0000-17db407atw=1ts=81.jpg

お、重なった。
5m

2016021515gm-00a9-0000-17db407atw=1ts=82.jpg

も重なった。
これだけ材料が揃えば点棒状況的にもワンチャン狙うべきだろう。

で、問題は上家の仕掛け。

2016021515gm-00a9-0000-17db407atw=1ts=83.jpg

ぐるっと場を見渡すと、役はしかなさそう。
バックかどうかはわからないけど、相当な確率で当たりそうな雰囲気だ。

普通はタンキに持っていくしかないだろう。

しかし、このツモ7pでもう一つの策略が浮かぶ。

ここでいやらしく手のうちから打7pとして、余ったアピール。

よし、あとは上家がピンズを掴むだけ!
さすがにバックで親の染めに立ち向かえないだろう!

2016021515gm-00a9-0000-17db407atw=1ts=84.jpg

お、6sの対子落とし。
これは希望通り回ってくれたか。

2016021515gm-00a9-0000-17db407atw=1ts=85.jpg

そしてここ。
もうアガリは厳しい状況。

ここで今打たれた4sを合わせず、

2016021515gm-00a9-0000-17db407atw=1ts=86.jpg
  


上家をおろしたところで、ケーテン狙いにシフトチェンジだ。

2016021515gm-00a9-0000-17db407atw=1ts=87.jpg

最終的に、努力虚しくテンパイを果たせずラスった。

ただ、駆け引きの隙に乗じて、切れないドラを解き放ち、全力でケーテンに迎えたのは良かったと思う。
これも引き出しの1つ…として覚えておいてもらえれば。。

02/15 | 牌譜 | 鳳南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2016021515gm-00a9-0000-17db407a&tw=1
4位 B:zeRo(-37.0) C:Amethus(-18.0) D:トニー★彡(+51.0) A:main()(+4.0)



2016021516gm-00a9-0000-9734f2e0tw=3ts=8.jpg

はーまたダンラス。
今度はトビ寸。


しかも親のリーチで万事休す。
なんかテンパってるし、思い出作りで曲げておくか?



ZEROの選択は

2016021516gm-00a9-0000-9734f2e0tw=3ts=81.jpg

テンパイ取りダマ。

リーのみじゃいくらなんでも打点が足りない。
とはいえテンパイを外す余裕もない。
リー棒出すとトビ率が高まる。

親に7m打たれるのだけが痛いけど、とはいってもリーのみだ。

もちろん平場なら即撤収する。

しかし今回はダンラス目。
もう尻に火がついてる。
通常の押し引きとは違う感覚が求められる。

「常識」が変わったのだ。

この局面はベタオリするも座して死ぬのを待つだけの行為だし、
リーチにいくのもオリルよりは遥かにマシだけど、少し見合わないと思う。

2016021516gm-00a9-0000-9734f2e0tw=3ts=82.jpg

4m持ってきて1ハンアップ、まぁええわと渋で追っかける。

2016021516gm-00a9-0000-9734f2e0tw=3ts=83.jpg

お。ナイス結果論。



ミュー先生「意味が…」

今度はラス回避できるかな。

ラス前になって

2016021516gm-00a9-0000-9734f2e0tw=3ts=10.jpg

テンパイ。
ただ5mは2枚切られてる。

ラス目なんだから当然りっち!

2016021516gm-00a9-0000-9734f2e0tw=3ts=102.jpg

とはならず。

三者仕掛けが入り乱れてる。
ラス争いが三つ巴のこの状況。

放銃しなければ、ほとんどのケースで誰かと点差が縮まる
もしくは親の連荘だ。

こないだの「決着の全パターン」じゃないけど、自分が得するパターンが多い事がわかれば…
いくらラス目とは言えわざわざ

・危険な牌を切って
・ほとんど無いような待ち、かつ、ドラの見えてない状況で
・リー棒出して仕掛け三人とめくり合う


事が不利なのが明白になってくる。

まぁマンズも通るとは限らないけど、ソウズ待ちの変化に期待して46m落としていこうと判断した。

2016021516gm-00a9-0000-9734f2e0tw=3ts=101.jpg

ここでもうっひょいい待ち!とならずに2m切る。

結果的に親が連チャン。
次の局で奇跡のマンガン(↓の牌譜参照)をツモってラス回避に成功した。

02/15 | 牌譜 | 鳳南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2016021516gm-00a9-0000-9734f2e0&tw=3
2位 D:zeRo(+5.0) A:木原豪一(+53.0) B:斜め77度(-38.0) C:-灼熱ノ波動-(-20.0)




基本的にダンラス目はチャンスと見たらガンガン押していかないといけない。


例として、直近のこの半荘から。

2016021518gm-00a9-0000-11245804tw=2ts=101.jpg


親リーだろうが一発だろうがドラだろうが関係ない。
このライバルのリーチかつ良形シャンテンならかなり深いところまで押し切る。

2016021518gm-00a9-0000-11245804tw=2ts=10.jpg

終盤にようやく追いついて、アガれた。

02/15 | 牌譜 | 鳳南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2016021518gm-00a9-0000-11245804&tw=2
2位 C:zeRo(+11.0) D:うらしげる(+52.0) A:カリフォルニア風(-22.0) B:淡@水貨軍團(-41.0)



順位がバラけると、
これまでの「局収支」「押し引きバランス」という常識は捨てて、新たな「常識」「引き出し」が必要となってくる。


押すだけでなく、さきほどの例のように、グッと我慢しないといけない局面も存在する。
ラス目という、ただでさえ不利な状況で、その選択はいばらの道。

やはり、毎度のセリフになるけど、
「阿修羅のような押しと菩薩のような引き」
同じ人間がそれを両方こなすのが麻雀の難しいところだなぁ…と感じる次第。


ここんとこ結果がジリ貧だけど、よく打ててるなって思えるので多少は成長したと思いたい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

 

ほとんどリアルタイムで観てましたw
カン5mの聴牌はずしが一番謎でしたがブログ読んで少しw理解できました。
これリーチしない判断にしたのはライバルとの点差は関係ありますか?
  • posted by そっと。 
  • URL 
  • 2016.02/15 22:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>そっと。さん

いやー点差もありますけど、あまりにアガリに遠かったのでそう判断しました!
そっとさんも打ちましょう!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.02/15 22:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
24位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向