MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

一局の決着【麻雀】

昨日の記事

スルーの理由【麻雀】

に反対コメントがあったので、久しぶりに記事にて返信いたします。





いや、さすがにこの見逃しは無いと思います
終盤だったら分かりますけど
見逃さなきゃいけないなら最初から1000点の手作りを拒否するべきです。いくらでも立直に持っていける手恰好じゃないですか
デバサイしたところで結局オーラスでも上がりにいかないとどうしようもない点棒状況で、
下家がたまたまリーチ棒出してくれてたから他家に自模られても助かっただけですよね
こんなのは「ひどいミスばっかりだったけどオーラスで他家が
国士に振ってくれてラス回避できた」みたいなレベルの話ではないでしょうか




まず、お答えする前に一つ断っておきたいのが、
これは全記事に該当するのですが、あくまで「参考にしてください」というだけで
決して「見逃すのが正解!」と決めつけてるわけではありません。


>見逃さなきゃいけないなら最初から1000点の手作りを拒否するべきです
いくらでも立直に持っていける手恰好じゃないですか

これは違うと思いますね。
記事の通り、私も序盤は1000点の手を拒否して、ターツオーバーの状態からドラを引っ張ったり、1枚目のをスルーしたりしました。

2016021010gm-00a9-0000-1600cd6ctw=3ts=92.jpg



しかし、麻雀というのは刻々と状況が変化するもの。
受けや変化の狭く、面前による打点上昇も小さなこの手で、9巡目に2枚目のが打たれます。

2016021010gm-00a9-0000-1600cd6ctw=3ts=95.jpg

>こう打ったから、こう打つべきである。
>この点棒状況なら、はじめから1000点の手は拒否するべきである。
>見逃すくらいなら、はじめから仕掛けるな

こういった「決めつけ」は危険です。

手牌や盤面を含め、刻々と変化する状況の中、その瞬間瞬間に最善を目指すべきだと思ってます。

はじめはリーチ手順を追ってたけど、中盤に二枚目のが打たれたところで
「この手はここが妥協点」
そう判断しました。

テンパイをいれておき、直撃できれば4000点差のうち、3200点縮まります。
そして緊急事態(下家のリーチなど)にいつでもアガれる手にしておく事は全く無意味でしょうか?
また、流局時のテンパイ率も変わってきます。

あくまでリーチに拘るのも1つの選択。
打点上昇や変化が少ないと見込んで、鳴いておくのもまた1つの選択だと思います。

私はあの瞬間は後者の方が得、と判断したまでです。

大事なのは、(序盤の)思想や1つの考えに囚われず、その瞬間その場で最善を模索する事ではないでしょうか。


アガルかアガらないかはー
その時決めよう。

これまた判断をその瞬間に委ねます。


2016021010gm-00a9-0000-1600cd6ctw=3ts=96.jpg

その瞬間。

これは相当見逃し寄りだと感じてます。

親の河を強さを見て下さい。
そして下家は限りなく放銃を避けたい点棒状況。

結構な確率で直撃できそうじゃありませんか?

直撃できなくとも他から出れば1000点のトク。
オリル事や親のアガリになってもリセットでまぁよし。

瞬間の放銃リスクだけ負う事になりますが、その価値は十分にあるように感じます。



宣言牌が1mならアガる方がマシですかね。
親がアガってくれる分にはありがたいのですが、
安全牌がなくて放銃リスクが高いです。

宣言牌が1mでも、ヘッドが安全牌なら、
アガらずにチーしてケーテン目指すって選択もあります。

>デバサイしたところで結局オーラスでも上がりにいかないとどうしようもない点棒状況で、
下家がたまたまリーチ棒出してくれてたから他家に自模られても助かっただけですよね
こんなのは「ひどいミスばっかりだったけどオーラスで他家が
国士に振ってくれてラス回避できた」みたいなレベルの話ではないでしょうか


オーラスはラッキーでしたね。
結果論と思われたくないので、オーラスの出来事は敢えて記事には書きませんでした。

でも、単なる結果論ではありませんよね。


一局の決着には様々なパターンがあります。

下家のツモアガリ
対面のツモアガリ
上家のツモアガリ
自分のツモアガリ

下家→対面の横移動
下家→上家の横移動
下家→自分への放銃


対面→上家の横移動
対面→下家の横移動
対面→自分への放銃

上家→対面の横移動
上家→下家の横移動
上家→自分への放銃

自分がそれぞれの場所からアガリ

流局



石橋本にこのような図解がでてきました。
一局は、必ずこれのどれかで決着します。

各家の押し引きによって、どの決着で終わるかは常に変動し、
その中で、より自分に有利な決着になるように最善を尽くしましょう…
というような解説だったと思います。



さて、ちょっと見にくいかもしれませんが…
緑文字の決着は、もとから自分にとって喜ばしい決着です。

今回、瞬間的に点棒が上回った事により、さらに青字の決着でラス回避できるようになりました。

さらに当オーラスのように、下家からリーチ棒が出た事により「他家の安手ツモアガリ」という赤字の部分までラス回避のパターンは拡大しました。


オーラスに向けて
着順を1つでもあげておく意味。
点差を少しでも縮めておく意味。

これは、なるべく多くのパターンでラス回避できるように、条件を拡大しておきたいからです。

順位を上げたり点差を縮めたりする事の重要性は、
コメントをくれた方もわかってると思います。


結果は「たまたま」ですが、なるべく自分にとって都合のよい「たまたま」を増やしていく事が
打ち手にできる唯一の事じゃないのでしょうか?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

ZERO@MAXBET 

>通りすがりさん

通りすがりさんはリスクリスクと仰いますが、この河の無筋にどれくらいの放銃率があるんでしょう。
親がリャンメン待ちだったとしてこの一巡で当たり牌を持ってくる確率は約6%。
同巡に下家か対面が14mを打つ確率は50%…は高く見積もりすぎですかね。

仮に放銃しても、もとからラス目。
それこそオーラスの親に望みを託すしかありませんね。

安全牌が少し増えるまでの数巡プッシュ。
まだメリットとデメリットが釣り合ってないように感じますか?
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.02/11 11:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

コメントした人がどう思ってるか知らんけど
中ポンして千点の聴牌を取ったことと親リーの宣言牌を見逃すことは完全に別問題なんだよね。
たぶん一貫性云々言いたいんだろうけどさ。
別問題ってことが分からないうちは口出ししないほうが恥かかなくていいと思うよ。
zeroさんだって面倒だと思うし。
  • posted by  
  • URL 
  • 2016.02/11 11:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

メリットとデメリットの比較、押し引きの判断、難しいですよね。牌理を含めた麻雀の基礎部分で差が出づらい鳳凰卓だと、こういう所での判断が打ち手の意思を込められる数少ない部分かと思います。

このまま倒して3,000点差でオーラス迎えて
①他家より早く
②逆転の条件つけて
③あがれるテンパイを組める確率
を考えれば、リスクの先取りとして十分という判断かと思います。

別の方もおっしゃってましたが、この辺の判断は簡単に真似できる訳ではないと思いますが、選択肢として頭に浮かべるくらいは出来るようになりたいです!
  • posted by koboz 
  • URL 
  • 2016.02/11 11:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>ななしさん

お気遣いありがとうございます。

いえいえ、ブログやっててコメントがつくのは反対意見でもなんでも嬉しいものなんですよ。
こうしてネタにもなるし、ありがたいものです。

一日に10コメとかくるようになるまでは丁寧に返信していこうと決めてます。
このへんは一貫性を持ってますねw
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.02/11 11:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>kobozさん

文中にもありますが
見逃す、アガルだけでなく、時として
「チーして雀頭を切っていく」
なんて選択肢もあがってくることもあると思います。

もとよりラス目なので、そこまで放銃に大きなリスクがないのもポイントですね。
これがトップ争いで、見逃す事によってラスまでみえてくる…というものならポイント負荷は相当なものになると思いますが。

失うモノのない強みというかw
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.02/11 11:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

はじめまして。

記事の見逃しすごいですね。
分かってはいても、言うほど簡単にできる事じゃないと思います。
  • posted by haru 
  • URL 
  • 2016.02/11 11:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>haruさん

はじめまして!
あざまっす!

条件戦(ご存じないかもしれませんがブロマガ杯や今開催されてる發王戦)なんかを経験すると、こういう引き出しが増えますね。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.02/11 12:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

>まだメリットとデメリットが釣り合ってないように感じますか?

たぶんデバサイのメリットに対する評価にゼロさんと私とではかなり差があるんでしょうね

私はここでデバサイ上がってもオーラスがどれだけ楽になるかっていったら
ほとんどならない、と考えます
どちらにせよオーラスは全力で上がりにいかないといけませんから
他家による3本5本すら許されませんし
これが「親から上がってもラスのまま、下家から上がれば5000点差で3着に
なるマンガン手」とかであれば見逃しはかなり有力だと思います

また、ここで見逃しをしてしまうと、以降オリという選択がほとんどないのも
見逃せないと思う理由です
いざとなれば降りて流局、と出来るならデバサイ狙ったりノーテン罰符を狙うのは
ありだと思います
でもこの手牌では降りれない
私にはデバサイに固執するメリットがほとんど見いだせず、
デメリットしか目につかないんですけどねー・・・


  • posted by 通りすがり 
  • URL 
  • 2016.02/11 13:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZER@MAXBET 

>通りすがりさん

たしかに、実際あがった後に(こうなる可能性が高いとはいえ)あんま状況かわってねーな、と感じましたw

ただ記事のように横移動もあるし、今回みたいなプチレアケースもあるので、メリットの見積もりも難しいところですね。

>また、ここで見逃しをしてしまうと、以降オリという選択がほとんどないのも
見逃せないと思う理由です

これも数巡押していくうちに撤退ラインを探っていく事になります
通常のラインカウントと同様に10本切る頃には安全牌も増えてオリれるようになると思います

またこの待ちならそうなる前にすぐに決着がつきそうと推測するのもおかしくないですよね?

他の場所でも書きましたけど、反対意見は本当にありがたいです。
またドシドシ意見を交わしましょう!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.02/11 13:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

まあゼロさんの中では「打ってもラス前がもう一回出来るし
ラス親もあるし」ということなんでしょうね
残念ながら私にはそういう発想も打撃力もないので(笑)
より引き気味になるんだと思います
  • posted by 通りすがり 
  • URL 
  • 2016.02/11 13:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

>今回みたいなプチレアケースもあるので

そうですね、私もよくラス前に「オーラスをラス目で迎えたら8割方ラスで終わる」と考えてます
そうであれば私もデバサイ(着順アップ)のメリットを過小評価してたかもしれません
ただ今回はラス親で他家による3本5本も許されないという状況だったので
どちらにせよオーラス勝負じゃないかと思ったのですが。
結果的に下家もオリという選択が取れず立直を打たざるえなかったわけですから
これはデバサイ打ち取った成果ですね
私も勉強します
  • posted by 通りすがり 
  • URL 
  • 2016.02/11 13:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

これが2000点で次局が子なら相当スルー寄りになるんでしょうね
ゼロさんの技術はこういう南場の超細部の判断よりも平場での点数の取り合いにあるはずなのでその技術を盗みたいです!

関係ない話ですがオフ会参加したかったですねぇ...
  • posted by でんむし 
  • URL 
  • 2016.02/11 13:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

これが当たり前にできる技術・メンタル、そしてその思考をここまで読み手にわかりやすく伝えられる表現力。。。
ため息が出ます。。。
生で観たかったです!
  • posted by シータ 
  • URL 
  • 2016.02/11 18:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>通りすがりさん

>打ってもラス前がもう一回出来るし
ラス親もあるし

もしこれがトップ争いで、放銃すると着順落ちがチラリとみえる…というような状況ならあがります
「放銃」のリスクが普段よりも(pt的に)小さいって認識ですね!

自分も勉強になりました!
また意見お待ちしております。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.02/11 18:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>でんむしさん

ありがとうございます!
オフ会成功したらまたやるので機会が合えば是非ともご参加ください!

>シータさん

一生懸命それっぽく説明したけど、ほとんど感覚です!
時間は限られてるので、ある程度の指針を立てるとよい選択ができますね。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.02/11 18:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

プロの対局とかでありそうですね。
フリーでこんなことあってラスにまくられたら、逆に気持ちいいですw
  • posted by 雀ゴロのびた 
  • URL 
  • 2016.02/11 20:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>のびたさん

収支戦のフリーでは、あんまり見逃す機会がありませんよね。
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2016.02/12 01:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
9位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向