FC2ブログ

MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

山越本

私と同じ、アマチュアの山越貴広さんが竹書房より麻雀戦術本を出した。



明日(11/1)発売ということで、どういう本なのか紹介していこうと思う。


【山越さんとは】

まず、山越さんを知らない人も多いと思うので軽く紹介する。

山越さんと言えば、最強戦だろう。
2年連続で関東最強位になったほか、毎年、各地のアマチュア予選に参加(推定で50箇所前後)し、驚愕の突破率で本戦のチケットを奪取していくのだ。

D9qVzJqUEAAkvi7.jpg

今年は5枚、昨年は7枚だったかな。
私も名古屋の予選で同卓する機会が多いのだが、とにかく早くて強い。

最強戦は50分打ち切りなんだけど、山越さんと同卓したときは、全卓の中で我々の卓が必ず1番最初に終わるw

長身でマスク、という独特な風貌で威圧感をおぼえる人がいるかもしれない。
しかし、実際は気さくでとてもいい人。

人見知りするタイプだとは思うが、話しかければ必ず答えてくれるし、むしろ話したくてうずうずしてそう。

マスクに関してはおそらく健康上の理由だと思う。
もともと体が弱いそうで、1年前くらいにぶっ倒れてTwitterを騒然とさせたことがあったが、無事で良かった。

他にも、昨年行われた関西最大のプロ・アマ混合大会「ヴェストワンカップ」で優勝。
天鳳を打てば物凄い成績で十段に到達…と活躍の幅を広げている。


【どんな麻雀を打つの?】

山越さんの麻雀の特徴をズバリ言うと、「参加率が高い」だ。

「参加率」というのは山越さんが作り出した概念で、

「フーロ率」+「リーチ率」 

のことだ。

自分の成績を参考にしてみると…

zeRo
フーロ率 .334
リーチ率 .185

参加率 519 

一方で山越さんの参加率は…

山越
フーロ率 .364
リーチ率 .243

参加率 607

なんと1割近くの差がついている。
みなさん自分の成績と照らし合わせてみてほしい。
これを超える人はいないのではないだろうか。

そもそもフーロとリーチは二律背反…(言いたいだけ)
フーロ率を高めようとするとリーチが打てなくなるし、リーチを増やそうとすると当然フーロできなくなる。

どないせいっちゅーねん!と言いたくなるw

この数字をみると、山越さんは何でもかんでも押して、何でもかんでもリーチしているように思えてくる。

後者の「何でもかんでもリーチする」に関しては事実なのだがw 前者の「何でもかんでも押す」は違う。
実際打っていても山越さんの見切りは早く、先手を取れないと見たら躊躇なく中抜きして自分の手を崩す。

正確な手順と、先手判断、そしてリーチに踏み切る勇気…この3つを兼ね備えてはじめてあの高い参加率が維持できるのだ。

「キレイな打ち手ではなく、ウザい打ち手になれ!」
これは本の中にある山越さんの言葉である。


【麻雀勝ち確システム】

そんな山越さんの戦術本だが、やはり内容も尖っている。
「テンパったらリーチ」
というようなことは、大抵の戦術本に書かれていることだが、そのレベルとは全く違う。

山越さんは7枚見えているリャンメンでもリーチ打つし、本の中には

三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国

この形でリーチを打ってアガったことがある、とも書かれている。

先週一緒に解説したときに

三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国

打ち手がこの形になった。

ただでさえテンパイを外したくなる牌姿だが、さらに八索:麻雀王国が2枚切れ。

私はおそるおそる聞いてみた。

zeRo「山越さん、これはいくらなんでもさすがに六索:麻雀王国を切って…」

山越「リーチですね!」

zeRo「…ですよね」


この2つの牌姿なんかは、リーチしたほうが得とは、とてもじゃないけど考えられない。
でも山越さんはずっとこの打ち方で勝ってきているし、これくらいじゃないと参加率を高めることはできないのだ。

鵜呑みにしてなんでもリーチするのは危険だと思うが、それでもリーチの効用を再確認することは大切なことだろう。

EIG-m52UUAAQLdS.jpg

このように尖った内容があると思いきや、「2が4枚見えたときは1はタンキやシャボでしか当たらない!」というごくごく普通のものもある。
またメンタルや心構え的なものが書いてあったり、なかなかバリエーションに富んでいる。

共通して言えるのは、読みやすさだろう。

EIHhXIZUEAAaP4N.jpg

「1ページ1戦術」
がこの本のモットー。

1ページに1つのトピックがあり、それが122個ある。
文字数も決して多くはなく、データやグラフはおろか、細かい数字が出てくることは一切ない。
その分、説得力に欠ける部分はあるかもしれないが、読みやすさはダントツだ。


なんとなく…だが、Mリーグ見て麻雀を覚えた人がまず最初に読む戦術本としては、最適な気がする。
負担なく読めるのが一番だし、まずは小細工なしでまっすぐ打つことを最初に覚えてほしい、とは私も思う。

【まとめ】

強者のエッセンスがシンプルにまとまっており、気楽に読める本。
麻雀戦術本を読んだことない人にもオススメ。
逆にコア層には物足りないかもしれないが、その中でも目を引くトピックはいくつもある。


興味がありましたら是非!




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

NoTitle 

初めて聞く人だし、何でもリーチは正直笑ったけど、本当にこれで長期成績プラスなのか気になるわ
短期的な大会なら爆発力あるかもしれんが
  • posted by 名無し 
  • URL 
  • 2019.11/10 13:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こっしーの牌譜結構見てます
リーチも特徴的だけど序盤の切り順がかなり特殊

  • posted by 名無し 
  • URL 
  • 2019.11/12 16:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

この本、個人的に久々の傑作本でした

kindle unlimitedでも読めるので、食わず嫌いしてる人には是非読んでほしい
  • posted by ノッポ 
  • URL 
  • 2019.11/14 17:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

ZERO@MAXBET 

>名無しさん

>本当にこれで長期成績プラスなのか気になるわ

読みやすさを追求した本なので、数字を使っての解説やデータ的な裏付けがないので、そういうのがないと信頼できない人はたくさんいそう

>ノッポさん

結構評判いいみたいですね!
  • posted by ZERO 
  • URL 
  • 2019.11/16 19:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問
「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

麻雀家庭教師始めました
https://www.takumiru.com/

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
43位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

右サイドメニュー

保有銘柄動向

カウンタ

Twitter

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Amazon 商品検索