MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

鈴木優プロ【麻雀】

自分はあまり配信対局をみないし、プロの人達の事をあまり知らない。

あくまでもその狭い経験の話だけど、自分が何度か対局した中で一番強いと感じたのが最高位戦の鈴木優プロだ。






東海支部のプロ達からの人望も厚い。



どう強いかというと、文章にするのはなかなか難しいんだけど、打牌の緻密さに隠れて「間」の取り方が非常にうまい。
自分が「心理術」でいろいろ見えてしまうがゆえに、逆に自分が読まれないように防衛したり、有利にすすめるようにしてるんだと思う。

例えばこないだのプロアマで同卓した時にこんな事があった。

南二局
東家 28000
南家 37000(鈴木プロ)
西家 28000
北家 27000(zeRo)


鈴木pが頭1つ抜けてる状況。

裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国裏:麻雀王国 チー六萬横:麻雀王国五萬:麻雀王国七萬:麻雀王国 ポン八萬横:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国 ドラ中:麻雀王国
 


六筒:麻雀王国四筒:麻雀王国二索:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国西:麻雀王国
九萬:麻雀王国


この状況で鈴木プロは上図のようにピンズとソウズをバラ切りし、マンズを二つ晒していた。


zeRoもそこそこいけそうだったけど、この仕掛けにマンズと字牌が切れなくなってしまった。
しかしzeRoはブラフの可能性もある…と感じていた。
自分が逆の立場だったら、必ずこの状況を活かす…ブラフは絶対考える、と思ったからだ。

アガリ連荘&ノーテン罰符なしのこのルールなら効果は高いし、おあつらえ向きにドラがファン牌である。


それだけにブラフを見抜こうと鈴木プロの挙動を注視していた。
すると、鈴木プロは六索:麻雀王国五筒:麻雀王国と脂っこいところをスッとツモ切り。
これを見て本物だと判断してzeRoは撤退した。


これが先ほど言った、文章にしづらいところなんだけど、ツモ切りの「間」というか「威圧感」を感じるんだよね。

結果、西家からリーチが入り、鈴木プロの手からいろいろ出てきたw
多分あれはブラフだったんだと思う。

イーシャンテンの時はテンパイに見えるように、
テンパイの時はイーシャンテンに見えるように、
って言うじゃない?

特に前者は意識していると思う。

仕掛けた時や、少考した時、その「少考した事」自体を武器に「威圧感」を出して牽制する。
「威圧感」と言っても打牌を強くしたり相手を睨みつけたりするわけじゃないw
打牌の「間」を操ってイメージを膨らませる感じ。

で、リーチに対しても簡単におりないんだよね。
気のせいだろうけど、特にzeRoのリーチには被せてくるw
しかもこれが通ってしまう。

これだけ通されると、自分のモーションや理牌に何かキズがあるんじゃないか…?と疑心暗鬼になる。
大胆に攻めれるのも、要所をノータイムで選択できるのも、おそらく膨大な情報を処理する能力と、事前に多くのパターンを考えてる準備ができてるからなのだろう。

…いつの間にか鈴木ワールドで踊らされてる事に気付く。

こんな感じ。



それでいて手組は緻密でとても丁寧だ。

鈴木プロを観戦してる時にこんな手牌になっていた。

オーラス上がりトップの微差二着目
北家の配牌。

四萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国七萬:麻雀王国一筒:麻雀王国三筒:麻雀王国七筒:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国五索:麻雀王国白:麻雀王国發:麻雀王国中:麻雀王国

とにかくあがり欲しい局面。どれを切っても痛いロスがあるが何を切るか。




鈴木プロは静かに四萬:麻雀王国を置いた。
ファン牌とピンフを残した手順。

テンパイじゃダメ。
アガリ切るために手役を追求したのだろう。

最終的に

四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国 ロン三萬:麻雀王国

こうなってアガリ切っていた。




麻雀が強いだけじゃなくて、人格者というかめっちゃ感じイイんよね。

その、いくら感じよくても(この人無理してるな…)(外面だけいいけど裏がありそう)(感じよすぎてキモイ)って思っちゃう人いるじゃない?w
鈴木プロはそうじゃなくて、根っから人がいいんだろうなって思える爽やかさ。

麻雀では負けても、イケメン度では五分といったところだろうか。



おかしい…。
スロプの世界に身を置くと、必ず性格はねじ曲がってしまうものなのだが…w


それでいて卓に着くと真剣そのもの。
一打たりとも妥協を許さない姿勢。



当ブログは、同じスロ出身・東海イケメンプロとして、是非天下を獲ってほしいと半力で応援しています!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*CommentList

東海Classicプロアマリーグ【麻雀】

まずは何切るから。

2017091702gm-00a9-0000-d870ebabtw=2ts=1.jpg

ドラ3でアガリたい欲求の高まる手牌。どれが最速か。




私は被ると激痛な事を承知で、役牌の西:麻雀王国を切った。
連日同じ話題で申し訳ないが、やはり「他の部分が好形だから」という理由が大きい。

他の部分が好形ばかりだと、

2017091702gm-00a9-0000-d870ebabtw=2ts=11.jpg

面前リーチが現実的になる。
ただ、これは西重なりが痛すぎるので、端牌が三種あるうちの1つを見切るべきだったかな。

しかしやはりピンズのターツがカンチャンだったら…

三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国四萬:麻雀王国九萬:麻雀王国一筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国七筒:麻雀王国一索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国南:麻雀王国南:麻雀王国西:麻雀王国

端牌を切り、西:麻雀王国をしつこく残すので
「ターツ不足かつ、好形オンリーだったら端牌の価値は高まる」
という事は言えそう。


それでは本題↓

*CommentList

複数の読みを組み合わせて実戦に活かす【麻雀】

本日5回目の更新。
福地先生の領域?w

mqdefault.jpg

先ほどの半荘がかなり濃密だったので、その中の一局を紹介しようと思う。

鳳南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2017091518gm-00a9-0000-fe015a7a&tw=1
1位 B:zeRo(+50.0)

*CommentList

エトセトラのエトセトラ【麻雀】

受けのエトセトラ【麻雀】で書いた

「愚形ターツが(多く)残ってるところに、愚形ターツの種を残すのは速度感に乏しく、あまり意味がない」



に賛否両論あり、自分でもうまく消化できてないので整理してみようと思う。

8deb099afa908734012439dddda077ae.png





*CommentList

天鳳インビテーショントーナメント【麻雀】

早朝の小分け記事③!
9/18(月祝)19時より行われる、「天鳳インビテーショントーナメント」に参加することになりました!

詳細→天鳳インビテーショントーナメント


「各プレイヤーが1つのルールで優勝を目指す」
これは競技麻雀である。

こういう大会に参加するにあたり
「普段通り自分にできる事を」とか
「平常心で頑張る」などと言ってるのは
もうそれは「何も考えてない」のと同じである

私は必ず戦略を持って挑む。
ルール・システムに沿って、なるべく多くの展開を想定し、その中でどう打つかをあらかじめ考えておくのだ。
「ゼロ秒思考」の真骨頂をみせたい。

そんなわけでシステムに目を通す。
なるほど、ダブルイリミネーショントーナメントか。
わからん。

はじめて参加するけど、なにやらスポーツや格ゲーの世界では結構浸透してる方式らしい。

ざっと見てみよう。

31faca5946cefb6b097f5fc6257fff7d.jpg

19:00 ①・② ウィナーズ1回戦
20:00 ③・④ ウィナーズ2回戦・ルーザーズ1回戦
21:00 ⑤ ルーザーズ2回戦 22:00 ⑥ グランドファイナル
【ルール・システム】
・ダブルイリミネーショントーナメント
・上位2名が勝ち上がり
・決勝は6ポイント先取(1位+3P 2位+1P 3位0P 4位▲2P)
・決勝のアドバンテージ(ウィナーズ1位+3P 2位+2P ルーザーズ1位+1P 2位0P)
※ウィナーズ1位は1トップで優勝。ルーザーズ2位でも2連勝すれば優勝です。
※ファイナル同ポイントで優勝の場合は、先行有利(対戦前のポイントが多い方が優勝)とします。
※途中欠場は下位から繰り上がり



まとめると
・決勝までは上位2名が勝ち抜くトーナメント
・決勝にいくまでは2回負けるまで打てる
・1回も負けずに決勝までいったらアドバンテージが付与される

ということか。

なにこのルール、めっちゃおもしろそうやん。
決勝に関しては少し木原プロのブロマガ杯ルールのような要素もあるので、経験が活きそう。

あーなるほどなるほど。
予選は一位も二位も価値は同じ…というとこがミソだな。
大会前だからあまり言えないけど、だいぶ戦い方が見えてきたわ。

このメンバーでも自分の優勝確率が一番高いと言えるような戦略を持って挑むので、応援はしなくてもいいから見ててくれよな!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*CommentList

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
24位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向