FC2ブログ

MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

橋本杯ハイライト【麻雀】

十月だとは思えないほど、新宿は熱気に包まれていた。


前回同様100名を超える参加者。

開幕式の挨拶は時間が押しているということで一人。
最初の挨拶は福地先生で、私は閉幕の挨拶をするという段取りになった。

福地「私は今年で53になるんですけど、とうとう麻雀の必勝法をみつけちゃいました

もうオチは見えているw

54a85475.jpeg



福地「離婚すると麻雀勝てます

身を挺したネタにドッと沸く参加者。ツカミはOK。

ちなみに、私に挨拶を振られたら
「昨日ネカフェに泊まったんですけど、ほとんど寝れなかったのでフラフラです。ということで、本日は参加者のみなさんにも優勝への望みが少しはあると思います」
って言おうとしてた。

ろくなゲストがいないなw

一回戦、「歌舞伎町で俺は変わった」という広尾君にリーチ対決で二度負けて悔しいラス。
トップのゆうさくpは初めて打ったけど、なるほど大人しくてかわいらしい少年だと思った。

二回戦、下家の方にひたすらあがられて80000点オーバー。全員が箱割れに近い状態だったが、私も南場の親で倍満をあがるなどして30000点台の2着に。

さて4着⇒2着ときて、ここから優勝したわけだが、この三回戦がポイント倍になるというクレイジールールw
始まる前に準決勝(ウィナーズ)へのボーダー発表があったが

福地「これから100人以上がポイント倍で打つのに、今発表されたボーダーに何の意味があるのか。それでは三回戦開始!」
という音頭で始まった。ワロ
ここで大きなトップをとって、準決勝(ウィナーズ)に進出。

三回戦を終えて、1時間くらいのご飯休憩。
タケオしゃんとぴこりんさんとTwitterの闇について語りながらご飯を食べ、会場に戻る。

合間合間に、じゃんけん大会による景品争奪戦や、芸人のステージ、天鳳大会の表彰などを挟んで、運営は参加者を飽きさせないように工夫していた。

準決勝もほんとたまたま勝負手があがれて連勝。なんと決勝へトップ通過。
決勝はポイントクリアで完全なる順位戦。
大勢のギャラリーが見守る中、上家と下家の方は緊張している。
上家は私の家庭教師を受講してくれた方だ。







あまりに緊張しているので、かわいそうに思ってしまう。逆に緊張しているのをみて、自分は落ち着いて打てた。
対面の「はよおじさん」だけはマイペースだった。


親番スタート。
下家から先制リーチが入るも、まだはやくて愚形もある捨て牌。
私は3シャンテンだったけど安牌も少ない。ごり押してタンピンドラでリーチを打つ…も、めくり合いに負けて下家にハネ満をツモられてしまう。

続く東2局。
上家のリーチ一発にそこそこの手で一枚切れの東:麻雀王国を切ったらリーチ一発チートイ裏裏だって。しらんw

この時点で6000点残り。

東ラス。

二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国八萬:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国二索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国東:麻雀王国東:麻雀王国 ドラ東:麻雀王国

7巡目くらい。

ここから八萬:麻雀王国を切ってあ…微妙やな!と感じた。

というのも九筒:麻雀王国が2枚切れ。

東:麻雀王国を鳴いたら(もしくはバックで仕掛けたら)三色は不要。 それならば

二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国二索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国東:麻雀王国東:麻雀王国 ツモ七萬:麻雀王国 ドラ東:麻雀王国

このツモを強く活かせる打二索:麻雀王国の方がよかったかな…と。

んで親リーを受けて、一発でツモってきたのは

二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国二索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国東:麻雀王国東:麻雀王国 三索:麻雀王国 ドラ東:麻雀王国
 
テンパイ。
これどうするよ?

さきほど言った通り九筒:麻雀王国は二枚切れ。東:麻雀王国は生牌。

8巡目くらいで二索:麻雀王国は現物。ちなみに自分も二索:麻雀王国を切っているので、九筒:麻雀王国を対子落としして、裏目の東:麻雀王国をポンして…っていうのはやりにくい。

二索:麻雀王国or五索:麻雀王国切り。
リーチorダマ。

いずれもありそうだけど、たしか点棒が14000点くらいに回復していた。
ラス目はラス目だが、まだ親番もあるしハイリスクハイリターンの選択をとる場面ではないと感じた。

二索:麻雀王国が自分を含めてバラバラ切られていることもあり、ソウズにくっついたらかなり手ごたえは良さそう。

損得を考えたのち、打九筒:麻雀王国
勇気をもってテンパイを崩した。

ドラである東:麻雀王国を鳴くかは難しいところだが、一筒:麻雀王国をツモってきたところで、とりあえず一枚はスルーしようと決めた。(一筒:麻雀王国もフリテン)

ソウズがバラバラ切られていくのを指をくわえてみているだけ。
これは苦しいかな…と思ったら

二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国一筒:麻雀王国二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国東:麻雀王国東:麻雀王国 ツモ五筒赤:麻雀王国 ドラ東:麻雀王国

三筒:麻雀王国六筒:麻雀王国の場況はよくなかったが、まぁさすがにと国民の義務的な感じでリーチ⇒流局。


潮目が変わったのは南場の親番。

四萬:麻雀王国六萬:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国五索赤:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国二筒:麻雀王国五筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国白:麻雀王国

たしかこれくらいの手牌。

こりゃ間に合わなんな…と八筒:麻雀王国ポンのタンヤオドラ1での仕掛けが


五筒赤:麻雀王国六筒:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七萬:麻雀王国 ツモ七筒:麻雀王国 チー六索横:麻雀王国五索赤:麻雀王国七索:麻雀王国 ポン八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒横:麻雀王国

こんな4000オールに。

こんながっつり書く予定なかったのではしょってwオーラストップ目。

東家 26000
南家 42000←自分!
西家 27000
北家 5000

こんな状況。好配牌を活かし、なぜかトップ目に立っている。
しかしセーフティリードに見えるけど、これはかなり危険。
西家と北家が優勝にかけてきたら、局は長引き、実質的に親との一騎打ちになる。

「二着三着にも賞品あるから!落ち着いて!」
って言うも、ダメだ。二人ともトップしか見てない目をしている。

最後はよく覚えている。

二索:麻雀王国三索:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国四筒:麻雀王国六筒:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国

このイーシャンテン。八索:麻雀王国を残しているのはもちろん五筒:麻雀王国四索:麻雀王国はチーしてタンヤオに向かうためだ。

ただ五索:麻雀王国八索:麻雀王国六索:麻雀王国から仕掛けるのはネックが増えるのでよくない。(重要)

時間かかりそうだな…と思っていた6巡目。
右親指を駆け抜けるヌメっとした感触に
(これは優勝者のツモだ…)
と確信した。 


ツモ五筒:麻雀王国

すぐに下家から一索:麻雀王国がこぼれて決着した。





いや、嬉しかったからついついキーボードをたたく手が止まらなくなったけどw
こんな部分的な自戦記を書きたかったわけじゃない。


今回の参加者は104名である。

私が関西でお手伝いしているゼロワンリーグ。
2~30人を集めるだけでもかなり大変だ。

しかし橋本さんが「麻雀やろうぜ!」と言っただけで100人。
それだけ純朴、そして熱い男である橋本さんが好かれている証拠だろう。

100名を超える参加者をみて、私は感動を覚えてしまった。女性も多い。

世間はMリーグで盛り上がっているが、橋本杯のような土台を支えるファンへの直接的イベントも麻雀界の発展のためには大事だろう。
リアルな場で多くの人たちが出会い、Twitterなどでフォローし合い、そして以降も交流を重ねていく。
前回そのような景色をたくさんみた。
今回も同様の光景が広がっていくのは間違いないだろう。


そして、のっぴきならない事情で参加できないプロの人たちも何人か現場に駆けつけていた。
橋本さんが、去年までは参加していたその一人の新人プロに対し
「言葉はいらない、来てくれてありがとう」
と言って肩を叩いていた。

私はこみあげてくる感情を抑えるのに必死になった。


最後、一通り表彰が終わった後、運営隊長である藤原JETさんの言葉。
「昨年は終わった後、しばらく落ち込みました(卓割がうまく回らず、30分以上待たせたうえ、同じメンツで打たせるなど参加者に多大な迷惑をかけた)しかし、今回はリベンジということで事前に準備を怠らず、最低限の仕事をさせてもらったと思っています。本当によかった。ありがとうございます!」
恒例である参加者・運営の全員による一本締めが終わった後、藤原さんと橋本さんは笑顔で抱き合って仕事の終わりを称え合っていた。

普段ならもっさい男二人の抱擁はみていて暑苦しいだけだろう。
しかし、これまでの経緯を間近でみていた私は、やはり涙腺の崩壊を止めるのがやっとだった。

なお、全日の代表である土井さんは参加費を普通に払って麻雀を打ったうえ、運営を手伝っていた。

これだけをみても橋本杯の熱さが伝わってこないだろうか?

今度は関西でやるようなことを告知していた。
私も呼ばれる限りは全力で応援していきたい、と強く思った。



月並みな言葉ですが、橋本さんをはじめとする運営の方々、参加者のみなさん、お疲れさまでした!





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*CommentList

キンマweb【麻雀】

一昨日のことですが、キンマwebのMリーグコラムを書きあげました。

熱論!Mリーグ【Tue】
少牌、役満テンパイ…
滝沢和典は本当に復活したのか


066_03.jpg



近代麻雀の星野さんが
「Mリーグの観戦記を毎試合、辛口で書けるライターさんいないかなぁ(´Д` )」
というツイートをしたのが9/21のこと。

これを見て立候補しようとしたのですが、自分は観戦が苦手だし、イコール最近のプロに関してそれほど詳しくない。
ゆうせーさんが秒で返事をしているのを横目に一旦は諦めました。

でも、そんなの関係ないんですよね。
Mリーグは良くも悪くもこれまでの麻雀界の常識を覆すほどの一大ムーブメント。

当ブログのアクセスや、Twitterでの反応をみるだけでもその反響の大きさを感じます。

それならば、のっからない手はない、よね。


そういった算段とは別に
「面白そうだから、やる」
動機はそれだけで十分かと思います。

観戦が苦手なら一部分だけ集中するなど工夫すればいいし、詳しくないなら調べればいい。

あれこれ避ける理由を避ける前にまずは動くべき。

さっきこの本を読み終えました。



めちゃくちゃ面白かったし、今後の活動に関しても考えさせられる本でした。
おススメなんで、是非読んでみてください。

この本にも「面白そうだったら先のことなんぞ考えず動け!」的なことが書いてあります。
動いてみて、合わないなぁと思ったり、熱量が下がるようならば辞めちゃえばいいと思う。

動いてみることで、新しい何かが起こる。失敗しても経験になる。


これは今の若いプロにも言いたい。
いつ上がるかわからないリーグ戦を淡々と打っているだけでは、あっという間におっさんになってしまう。

これはまんま私の経験談で、最高位戦に所属していた5・6年間、ひたすらリーグ戦のたびに名古屋と東京を往復するだけの存在で、「自分を売り込む」ということを一切しなかった。
東京に住み飲み会にとにかく顔を出すとか、それこそ観戦記を率先して書くとか、漫画の原作や何切るを竹書房に勝手に送り付けるとか、いくらでもアピールの仕方はあったように思う。

麻雀の研鑽はもちろんのこと、プラスα自分に何ができるか考えて動かないと、よほど運がよくない限り業界で腐ってしまう。
逆に動いていけば仕事も増えるし、ひいてはMリーガーへの道も拓くかもしれない。

配信、文章、解説&実況…今の時代、麻雀以外にアピールできることはたくさんある。

今回でも
「なるべくプロ以外の方で、辛口で書ける人!」
って制約があったけど、そんなもの気にしてたらダメ。
「プロですがやらせて!」
くらいの熱量がほしい。

辛口だって書き方ひとつで、どうにでもなる。
私の少牌に対する痛烈批判も、その後のフォローで愛を感じるでしょう?

とりあえず動いて、処理はあとから考えればいい。




というわけでコラムに挑戦することにしました。

全部観るのは大変なので、まずは一人に注目しながらぼーっと観て、その人の麻雀人生と照らし合わせるような手法をとることに。
自分はあまり表に出さず(初回の記事だというのに自己紹介すらしてません)あくまでも主役は選手ということを意識。
なんとか書き上げましたが、後半のヒサトパートは長すぎに感じるし、いらなかったかな?

あんまり最初から力を入れて大作を書いてもあとが続かないからね。


どんな人が読んでいるのか、どんな記事がウケるのか。
それが全くわからないので自信はなかったのですが、反応を見る限りはおおむね好評で安堵。

一番うれしかったのは福地さんから連絡がきて褒められたことですね。

今後もしばらくは(Mリーグが始まったばかりということもあり)一人をクローズアップする手法で書くつもりですが、反応をみながら自分に求められているものを感じて、いろいろ試していきたいとも思っています。

是非これからも読んでください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*CommentList

Mリーグ開幕戦所感【麻雀】

タイムラインでは

「ぼくの思ってたMリーグ」

で溢れかえっていたので、私も感想を書こうと思う。

2018y10m02d_023103573.jpg



まず解説。

場代チャラのMリーグ裏観戦記

チャラさんのこの記事で

やっぱ出場選手であるMリーガーがメイン解説するのはかなり違和感があった。
要は、阪神の選手が巨人戦の解説するようなもんでしょ?



とあったけど、私も身内感を覚えたり、新鮮味に欠けるなと思った。
ただ、大注目の開幕戦で多井さん以外に面白くわかりやすく解説できる人がいなかったのかもしれない。

痛しかゆしといったところか。
今後は審判と同じように解説は解説専門の人を育成するなどを期待。

でも麻雀の話は難しいから、やはり「Mリーガーでないプロ」が落としどころとなるのか。


よかったのは自動配牌だ。
これまでの配信のほとんどは、手動配牌だったけど、やっぱり自動の方が圧倒的に配信に向いている。
配牌を取るときの「間」は、選手にとっては気持ちをリセットする貴重な時間と言えるが、観てる側からするとどうしてもダレてしまう。

あと、赤入りもぶつかりあう局面や戦えるチャンスが増え、興行向けだなと感じた。
ただ、赤にはポッチ(点)を付けてほしいかな。麻雀をしなかったら絶対気づけなかったけど、世の中に色盲・色弱の人は意外と多い。


次にタイムラインでよくみた意見。

>初心者をおきざりにしすぎ もっと役の解説とか、最初に30分の初心者講座の時間があってもよい



いらない。
例えば野球のルールって複雑だけど、いちいちルール解説はしないし、ましてや初心者講座なんてないでしょ?
とにかく面白そう、と思わせれば、今の時代は自分でルールを調べる。
そういう番組はあってもいいけど、本家の番組内でやる必要はない。

ただアガった時の役と点数の表示(待ちの表示や残り何巡なども?)はあった方がよいと感じた。

もっといえばインタビューの時間などの前置きも長すぎ。
開幕戦だからかもしれないが、今後は前置きは最小限に、闘いの内容で魅せてほしい。


>萩原さんの強打問題



あまりに批判してる人が多いので見てみたけど、個人的には許容範囲内。

これは今の若い人たちが現在のマナーの良いプロの配信を多く見てるからマナ悪に感じるのかな。
あとは2000人の中から選ばれたんだからしっかりやってよっていう思いが強い人ほどそう感じるのかもしれない。

昔は普通にたばこふかしてたし、強打は当たり前だったしね。
だからと言って今でもOKとはならないけど、観てて不快になるほどでもなかった。

まぁこれは個人差があるとこやね。

むしろ打牌の内容の方が現代麻雀と乖離していたように感じた。




番組全体としては、RTDを少し派手にした程度で、真新しい取り組みがなかったのはやや拍子抜け。
ただ始まったばかりでもあるので、批判ばかりせず、これから試行錯誤を経てよい番組になることを期待しましょう。



対局内容は…どしょっぱつ、こばごーの

2018y10m02d_030202853.jpg

こういう手。
ゼロ本には配牌の段階から「生牌のオタ風を真っ先に切れ!」って書いてあるんだけど、それはともかくとして、使用価値の低い二筒:麻雀王国を持ってきたところで(一筒:麻雀王国切っている上、タンヤオも遠い)1枚切れとなった西:麻雀王国を切るのは、明確な誤打だろう。

こばごーも人間。
緊張しているんだなって感じた。


個人的には魚谷プロが良かった。


こういう誤打っぽい誤打はほとんどなく、対局にかける思いは表情から伝わってきた。
しかしそんな中で箱を割り、それでも表情は崩さず牌と向き合い、押すべきところで押してこばごーからマンガンをアガった。

2018y10m02d_031051150.jpg

このときの彼女の気持ちを推し量るとグッときた。
最初はしんどかったパブリックビューイングの盛り上がりもwこういう時はいいなって思った。


さてさて、明日もMリーグは二日目として開催されるが、私はキンマwebにて観戦記を書くことになっている。
ウエブサイトは鮮度が命。
対局が21時すぎに終わって、次の日の朝が締め切りなのだ。
瞬発力が求められる場面だろう。

いいことしか書かないような提灯記事は書きたくないし、かといってミスを指摘するだけの記事も読んでいてつまらない。
どういう書き方をすれば面白く、そしてまた読みたい…と思ってもらえるか、今必死に思案しているところだが、これも試行錯誤でやっていこうと思う。


あ、文章と言えば、昨日(10/1)発売された近代麻雀にコラムを書かせてもらっています。



「役に立つ戦術」を、とにかく「面白く」、そして「むこうぶち」の要素を取り入れて!
という編集の無理難題 要望に応え、これまた試行錯誤しながら考え抜いた記事です。
これから数回連載される予定なので、是非読んでください!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*CommentList

今すぐ使える4つのゼロ秒戦術【麻雀】

まじめなツイートばかりでも居心地が悪いし、かといってしょうもないツイートばかりもできない。
そのバランスが大事である。

秋猫


バランスといえば思い出した。

「最近ZEROさんは、マネタイズに走り出したから絡みづらいよね~」
というような声を聞いたことがある。

儲けて何が悪いねん!って言い返したいところだが、そもそも全く儲かってないんですけど!

例えばゼロワンリーグのゲストが続々と決定しているが、プロたちのゲスト料は完全私の財布からだ。




こういうことは言わない方がカッコいいのだが、私はカッコよくないので言おう。

なにせ全く不満に思っていない。
社長をはじめとする雀サクッの方には運営に奔走してもらっているし、難波イーソーさんも全く利益にはなっていないかもしれないのに快く会場を提供してくれている。(フリードリンクかつ金券まで配ってくれる)

「ネット麻雀主流の人にもリアルのリーグ戦を開きたい」

私が思い付きで呟いたことが、ここまで素晴らしい形で実現するとは思ってもみなかった。

数々の競技大会に参加したからこそ、「最低限のマナー講座」が必要だと思った。(毎回開きます)
よく絡む最高位戦東海のプロ達には素晴らしい打ち手がいるのに知名度がイマイチだから、多くの人に紹介できるようゲストに呼ぶことにした。

これまでの活動が線になり、麻雀普及に貢献できているように感じる。
みなが成功に協力してくれる中、私も頑張りたいのだ。

感謝こそすれ不満に思うことなど一つもない。
一つもないけど一応書いておいたw(カッコよくない)




とはいえ、ブログを放置して家庭教師、ゲスト…と続くと、守銭奴!と言われる流れもおかしくはない。
今度最狂店でのことをnoteに有料記事としてアップしようと考えているし、ここらでバランスをとらねば…。


バランスといえば…からこの話がはじまったことを忘れてしまうくらい長くなってしまったが、以下すぐ使える麻雀ゼロ秒戦術を紹介しよう。


*CommentList

何切る回答【麻雀】

昼はまだ酷暑の余韻を感じさせるくらい暑いけど、朝晩はずいぶんと涼しくなり、過ごしやすくなってきた。

私は秋に入りかけの、この時期が好きだ。

この時期、冷たい風がほほを撫でた際にフッと不安な気持ちになるのは、
太古の時代に、人類が冬を越せるかどうか死活問題だったときの名残だという。

祖先が感じた不安を、時を経て同様に遺伝子が不安に感じていると思うと、少しロマンを感じないだろうか。

2868221020_4534b3b53e.jpg


私がロマンを語ることのほうがみなさんを不安にしてしまうので、さっさと麻雀のお話。


*CommentList

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀戦術書「ゼロ秒思考の麻雀」好評発売中!

加筆・修正トピック→加筆・修正
質問トピック→質問


「MAXBET」初めての方は、コチラからお読みください!


麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

麻雀家庭教師始めました
https://www.takumiru.com/

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
35位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向