MAXBET

元麻雀プロが、パチ&スロで生計を立て、投資で富裕層を目指すブログ…

Entries

宝塚記念2017予想【競馬】

さっそく予想していこう。

2017y06m25d_000856331.jpg

まずは恒例危険有力馬。

⑤ シュヴァルグラン
天春では対抗に挙げ、実際に激走した馬だけど、今回は切る。
やはり距離適性が大きく、この馬は長距離砲だ。

⑥ シャケトラ
実績不足は否めない。

⑦ レインボーライン
同上

⑪ サトノクラウン
暑いのが苦手だって調教師が言ってた。
もう今日のむっせむせを考えると馬のやる気はないと見る。

ただ、自分がサトノの付く馬にやられっぱなしなのが気になるw

オーナーがサミーの会長という事で、無意識下で嫌悪感を抱いてるのかも。



というわけで印の馬を発表。
今回は小頭数だし絞っていくよ!



*CommentList

第三の選択【麻雀】

ヘッドレス問題を取り上げる度に思ってる事がある。

例えば前回挙げたこの手牌。

2017062305gm-00a9-0000-f9eb4522tw=3ts=2.jpg


復習がてら解説すると

ヘッドレス(打8m)は、とにかく受け入れの多い一打。

28枚の受け入れを誇り、どうしてもテンパイが欲しい局面は迷わずこう打つ。

しかし良形受け入れならヘッド固定(打67m)に軍配が上がる。

ヘッドレスは28枚の受け入れがあるけど、良形受け入れは12枚。
一方でヘッド固定の受け入れは16枚だけどその全てが良形だ。

めくり合いに勝てるテンパイを作りたいなら、この4枚差は大きい。




しかし、この2つを越える可能性のある、第三の選択肢があるとしたら?


その注目の選択は3m

一見筋悪。
体が受け付けない。

しかし、よくよく考えると、驚くほどに優秀な面が多いのだ。


まず一番意外なのは、良形受け入れに関しては先の2つより多い事だろう。

これは、浮いてる2mが盲点的に機能してる事が大きい。

この2mが3枚受けてくれる事で、ヘッド固定よりも1枚だけだが、良形受け入れが多くなる。

ただし、亜リャンメンが残る受けも「良形受け入れ」とカウントしてるので、そこだけは割り引いて考えないといけない。

しかし第三の選択のメリットはここからだ。

3mとしておけば、次に69m7m69sあたりのツモでさらに受け入れを増やす事ができる。

これは先の2つにはない変化だ。
特に三色が絡む変化は嬉しいよね。


どうだろう。
抜けていい、とまでは言い切れない。
やはり亜リャンメンが残るのは少し気になる。

しかし、大事なのはその差を知る事。

これくらいメリットが多く、差はそれほどなさそう…という事を知っておけば、手牌によっては充分選択肢に入ってくるであろう。(今回みたいに三色が絡んだり234567などの連続形がある時、またはドラが活用できそうな時…とかね。今回のは活用しにくい。)



ヘッドレスでもなくヘッド固定でもない。
第三の選択刹那の亜リャンメン残しを今後活用していこうではないか。




ヘッドレス問題を取り上げるたびにコメントで教えてくれた方、ありがとう!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

*CommentList

6ブロック何切る回答【麻雀】

昨夜の何切るに、たくさんの回答ありがとうございました。

ここに自分の考えを書いておきたいと思います。

まずは問題の牌図から。

2017062305gm-00a9-0000-f9eb4522tw=3ts=1.jpg

まずこういうの、形的には対子を落とすのが最速なんよ。
4m

今回だと、ツモ47mからのタンヤオや、ツモ23mからのイーペーが見えるから打1mが一番優位っぽい。

成岡本のコラムにも似たような牌姿が出てくる。

2017y06m24d_100647959.jpg

ターツ落として5ブロックに構えるか、2m切って6ブロックに構えるか。

2m切るとリャンシャンテンとしては一番広い。
一見、柔軟に見える。

しかしこの時点でパンパンに構えると、後のタテツモは全部切るハメになるし、安牌も持てない。
そしてどこかのリャンメンが埋まって、ようやくターツを処理する事になる。

リャンシャンテンで余り牌なくパンパンに受け、イーシャンテンにむけてまた作り直す…ってのは、少し効率が悪い。
柔軟なようにみえて、窮屈なのだ。


そこへ浮かび上がってくるのが打9s

ターツの選択は保留し、一枚余裕が持てる。
他のターツを縦引いた際に、223という形が活きてくる。


と、いうわけで、ここは打9sが有利…って書いてあるけど、今読み返すと、ジュンチャンが見えるから打2mや打56sも全然あるな…

ま、ジュンチャンは見なかった事にしてw、形の基本ではトイツ落としが有効だよ…って事。

純粋に考えてさ、6ブロックの中で一番弱いところはどこだって見た時に、やっぱ単独対子の部分になっちゃうからね。




それをふまえて問題に戻ると、1mなり4mなり切っておけば、ソウズとピンズのターツの部分をタテに引いた時に、やはり799mの部分が活きてくる。


というわけで、手牌的の正解は打1m

ただ、それはあくまでも「1人麻雀」の回答で、実際の麻雀では「守備力」や、「4mを切る事による河の弱さ」も考慮に入れないといけない。

というわけで自分が切ったのは

2017062305gm-00a9-0000-f9eb4522tw=3ts=11.jpg

形的には違和感が強いけど、打7m

9巡目でピンフのみのリャンシャンテンとあらば、両脇の現物である9mの対子を残しておきたい。
そしてここを後から切って安全にケーテンを含むテンパイにこぎ着ければ御の字だ。

567の三色がなくはないし、ダイレクトなツモ8mも惜しいので打9mでもいいと思う。

私は、巡目的にもコストに見合わないかなーと思って7mを先に切ったまでだ。


結果的に…

2017062305gm-00a9-0000-f9eb4522tw=3ts=12.jpg

上家からリーチが入ったものの、9mで一巡凌ぎ、1枚勝負でテンパイに漕ぎ着けた。
追っかけだからあんまり関係ないけど、河もめちゃめちゃ強いね。

あそこで打1mなり打4mなりしていると、通さないといけない牌が複数になり、オリていただろう。


多少受け入れを狭めて、後に安全牌を切っていくような手組は、一見守備的に見えるけど、今回のように一枚勝負で舞台に躍り出る事ができる…という攻撃的な面も持つ。


3巡目だったら打1m
6巡目だったら打9m
9巡目だったら打7m

と、するのがバランスいいと思うけど、みなさんはいかがお考えだろうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

炎上案件と何切る【麻雀】

自分も、なんらかの形で麻雀に関わりたい、いずれは収益を上げたい、と考えていたので、今回の情報商材「賢者の麻雀」事件は非常に勉強になった。

【麻雀】「賢者の麻雀」事件

【麻雀】「賢者の麻雀」事件その後
(福地ブログより)

法律の事はおいといて、麻雀を普及すべきプロが、詐欺(のように見えてしまう)サイトでファンを騙そうとし、さらに名前を出さずに逃げようとした…という点が、ファンの心理を逆なでしたんだろう。

内容は悪いものではなかったろうに、ねぇ。。



image1.jpg




ここんとこ、やたら炎上案件が多いけど、その案件に関してアレコレ言うのはわかる。

ただ
「あの人はいい人だから許してあげて」
とわけのわからん擁護したり、逆に
「あんな事言ってるけど、以前あいつは…」
と過去に遡って関係ないところを叩いてるのをみると、正直ウンザリする。

その言動の是非を語る時に、過去の事とか、アスペかどうとか、40近くになってとか、ニートとか…特に年齢の事を言うのはやめてくれ…って感じw


そうそう、例えば毎度お騒がせの高田君が以前書いた

従業員の引き抜きについて

この記事。
個人的には名古屋の悪しき風習に立ち向かってるみたいで、めっちゃ感動した。

だけど、やっぱTwitter上では
「あんないい事言ってるけど、あいつは過去には…」
と関係ないところで叩かれw、さらに言うと、この記事のせいで名古屋雀荘のオーナーから「はば」にされた。

「はば」とは名古屋の方言で仲間はずれの意味である。

内容見ての通り、間違った事は書いてない。

記事を消すか、「はば」になるかの選択を迫られた時に、彼は悠然とつっぱねて孤独になったのだ。


自分を曲げないというか、信念があるというか、凄いよね。

ただ、その一方でそりゃアカンわ…と常識に欠ける行動も、枚挙に暇がないほど多いw
それはそれで叩かれてしかるべし、と思う。


ただ、麻雀の選択にメリットデメリットがあるように、どんな人間にもいいところ悪いところある。
自分も悪いところまみれだ。

それがわかってるから、あんまり自分は1つの物事をみて人を嫌いにならないし、逆に好きになったり信者になったりする事もない。
その都度の言動に賛成反対する事はあっても。

ただ、真剣の時に使った「どうでもいい」という言葉はよくないな…と反省。
それなら何も言わない方がマシだ。


というわけで、無理やり麻雀につなげたところで、何切るを少々ペタペタ貼って終わりにしよう


*CommentList

ラス前の押し引きを計算する【麻雀】

さて、前回の記事で

終盤の押し引きだって、期待ポイントを適当にあてはめて考えればおぼろげながら答えは見えてくる。



と書いたので、これはどういう事か、少し掘り下げて考えてみよう。

yjimagemae.jpg


*CommentList

ご案内

プロフィール

ZERO

Author:ZERO
麻雀⇒天鳳十段復帰しました!(2017/4/10)
投資⇒割安成長株を長期保有
スロパチ⇒引退
競馬⇒回収率100%を目指して奮闘中
為替⇒季節要因に合わせてスイング


ご意見・ご要望・ラブレターなどがあれば
maxbetzero@@@gmail.com まで!
(@を二つ消してください)

初めての方は、まずはコチラからお読みください。

ツイッターやってます!

ZERO@MAXBET
@zero_0801

リンク先更新情報

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
53位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
32位
アクセスランキングを見る>>

人気記事!

資産推移

証券会社に入ってる現金や株、為替の時価総額の合計です。

約230万からスタート!

2013年
2,897,091円 +597,091円
2014年
6,618,656円 +3,721,565円
(入金117500円)
2015年
10,923,893円 +4,305,237円
(出金750,000円)

2016年
1月
10,644,504円 -279,389円
(出金200,000円)

最新トラックバック

右サイドメニュー

ブログ内の記事から探す

入力した語句が含まれる記事を探せます!

Twitter

カウンタ

保有銘柄動向